動作確認済みソフトフォン・IP電話機メーカー

『Zoiper』

『AGEphone』

『3CX』

『GRANDSTREAM』

 

Zoiperアプリのインストール手順

弊社で推奨するソフトフォンアプリ『Zoiper』の設定手順の説明になります。

※業務をする上での最低限の説明となります。

※設定後、必ず着信テストを行って下さい。

【Zoiperのアプリ】 ▶ダウンロード

  

ダウンロードすると画面下に表示されます。(ダウンロードフォルダにexeファイルが入ります。)

ダウンロード後、exeファイルを開きます。

【画面1】 Next をクリック

【画面2】 I accept the agreement を選択 → Next をクリック

【画面3~5】 何もせず、Next をクリック

【画面6】 All Usersを選択 → Next をクリック

【画面7】 Next をクリック

【画面8】 Finish をクリック

Zoiperアプリのダウンロード完了です。

2つともチェックを入れて、アクセスを許可する

・・・ショートカット

  ・・・最小化時アイコン

※Zoiperのアプリを閉じても最小化されるので、閉じた状態で着信があってもアプリは起動されます。

※パソコン起動時は自動的にZoiperも起動します。

 

Zoiperアプリの設定手順

インストール完了後の設定手順の説明になります。

  

国旗のマーク:表示言語の変更ができます  設定:設定画面を開きます

  

アカウントを作成する > SIPを選択 > NEXT

  

【user/user@host】 ●●●@153.127.202.191(@前の数字は内線番号)

【パスワード】 ●●●●●●●●●

【ドメイン/Outbound proxy】 153.127.202.191:5210

●●●の部分を発行致します。

必要事項を入力 > NEXT

  

【アカウント名】 着信時に表示させる表示名

※デフォルトのまま設定を完了しても後ほど変更可能です。

アカウント名を入力 > NEXT > 閉じる

Zoiperアプリの設定完了です。

登録したアカウント名が一覧表示され、設定するアカウント数に上限はありません。

2個目からの設定は「アカウントを作成する」から行います。

・・・登録正常  ・・・未接続  ・・・設定情報相違

 

オーディオ・デバイス設定

Zoiper利用時にヘッドセットのマイクとスピーカーが利用できない場合(パソコンから音が出る場合など)、利用しているヘッドセットをプルダウンで選択して下さい。

 

着信を一時的に鳴らしたくない場合

画面左下のプルダウンで「オフライン」に変更して下さい。

デフォルトは「オンライン」になっています。

 

Zoiperアプリの操作説明

無料アプリになるので最低限の機能のみとなります。

【入電時の画面】

【通話中の画面】

【保留中の画面】

【着信履歴の画面】

アカウント名、着信電話番号、通話時間、着信日、着信時間の確認ができます。

・・・他のパソコンで着信対応  ・・・自分のパソコンで着信対応  ・・・自分のパソコンで発信対応

 

付帯機能

別のパソコンで登録しているアカウント(内線番号)同士で使える機能です。

モニタリング

会話の内容を聞く事ができます。

【手順】 回線Aが通話中に回線Bが『*222 + 内線番号(回線A)』

ウィスパリング

通話中にオペレータの会話内容を聞きながら、アドバイスをつぶやく事ができます。その際、通話先にアドバイスの声は聞こえません。

【手順】 回線Aが通話中に回線Bが『*223 + 内線番号(回線A)』

ピックアップ

通話中の回線を内線転送して別のオペレータに飛ばす事ができます。

【手順1】 回線Aが通話中にダイヤルパッド『 *2 』
※この時点で通話相手は保留音が流れます。

【手順2】 「転送します」ガイダンスが流れた後、転送先の『内線番号』ダイヤルパッドで押します。
※「内線番号が無効です・・・」と流れたら失敗、保留は解除されますので、再度、手順1を試して下さい。

【手順3】 成功したら、AB間が接続され通話ができます。

【手順4】 回線Aが切電すると回線Bがピックアップ開始となります。

手動外線接続

通話中の回線(A)と通話中の回線(B)を繋げてAB間で通話を外線接続できます。

【手順1】 回線Aが通話中にダイヤルパッド『 ## 』を押します。
※この時点で回線Aは保留音が流れます。

【手順2】 「転送します」とガイダンスが流れた後、指定した『会議室番号』ダイヤルパッドで押します。
※「内線番号が無効です・・・」と流れたら失敗、保留は解除されますので、再度、手順1を試して下さい。

【手順3】 成功したら、自動的に回線Aとの通話は切電されます。
※回線Aは変わらず、保留音が流れ続けます。

【手順4】 回線Bに電話を発信し、通話状態にします。

【手順5】 回線Bが通話中に手順1~2を行います。

【手順6】 成功したら自動的に回線Bとの通話は切電され、回線Aと回線Bが外線接続され、AB間の通話が開始されます。

会議室通話

手動外線接続後、オペレーターがその通話に割り込みできます。

【手順】 動外線接続の手順6の後、『会議室番号』のみ入力>CALLボタン

 

Macをお使いの場合

「Telephone」というアプリになります。

iMacの場合は既にOSにプリインストールされており、コマンド+スペースを押して、「telephone」を検索。

プリインストールされていない場合はApple Storeでダウンロードする事ができます。

telephoneを開いたら、設定(Preferenses)を開きます。

Accounts > 新規アカウントを作成「+」

必要情報を入力します。

設定画面の「Account Information」の「Use this account」にチェックすると自動的にアカウント画面が出ます。

緑色のマーク(Available)が付いていれば設定完了になります。

※インストール後、以下の画面でも設定は可能