• クラウド型CTIコールセンターシステム コールツリー

 

動作確認済みソフトフォン・IP電話機メーカー

Zoiper AGEphone 3CX GRANDSTREAM

が動作確認しております。

Zoiperアプリのインストール手順

弊社で推奨するソフトフォンアプリ『Zoiper』の設定手順の説明になります。

※業務をする上での最低限の説明となります。

※設定後、必ず着信テストを行って下さい。

【Zoiperのアプリ】 ▶ダウンロード

  

ダウンロードすると画面下に表示されます。(ダウンロードフォルダにexeファイルが入ります。)

ダウンロード後、exeファイルを開きます。

【画面1】 Next をクリック

【画面2】 I accept the agreement を選択 → Next をクリック

【画面3~5】 何もせず、Next をクリック

【画面6】 All Usersを選択 → Next をクリック

【画面7】 Next をクリック

【画面8】 Finish をクリック

Zoiperアプリのダウンロード完了です。

2つともチェックを入れて、アクセスを許可する

・・・ショートカット

  ・・・最小化時アイコン

※Zoiperのアプリを閉じても最小化されるので、閉じた状態で着信があってもアプリは起動されます。

※パソコン起動時は自動的にZoiperも起動します。

 

Zoiperアプリの設定手順

インストール完了後の設定手順の説明になります。

  

国旗のマーク:表示言語の変更ができます  設定:設定画面を開きます

  

アカウントを作成する > SIPを選択 > NEXT

  

【user/user@host】 ●●●@153.127.202.191(@前の数字は内線番号)

【パスワード】 ●●●●●●●●●

【ドメイン/Outbound proxy】 153.127.202.191:5210

●●●の部分を発行致します。

必要事項を入力 > NEXT

  

【アカウント名】 着信時に表示させる表示名

※デフォルトのまま設定を完了しても後ほど変更可能です。

アカウント名を入力 > NEXT > 閉じる

Zoiperアプリの設定完了です。

登録したアカウント名が一覧表示され、設定するアカウント数に上限はありません。

2個目からの設定は「アカウントを作成する」から行います。

・・・登録正常  ・・・未接続  ・・・設定情報相違

 

オーディオ・デバイス設定

Zoiper利用時にヘッドセットのマイクとスピーカーが利用できない場合(パソコンから音が出る場合など)、利用しているヘッドセットをプルダウンで選択して下さい。

 

着信を一時的に鳴らしたくない場合

画面左下のプルダウンで「オフライン」に変更して下さい。

デフォルトは「オンライン」になっています。

 

Zoiperアプリの操作説明

無料アプリになるので最低限の機能のみとなります。

【入電時の画面】

【通話中の画面】

【保留中の画面】

【着信履歴の画面】

アカウント名、着信電話番号、通話時間、着信日、着信時間の確認ができます。

・・・他のパソコンで着信対応  ・・・自分のパソコンで着信対応  ・・・自分のパソコンで発信対応

 

付帯機能

別のパソコンで登録しているアカウント(内線番号)同士で使える機能です。

モニタリング

会話の内容を聞く事ができます。

【手順】 回線Aが通話中に回線Bが『*222 + 内線番号(回線A)』

ウィスパリング

通話中にオペレータの会話内容を聞きながら、アドバイスをつぶやく事ができます。その際、通話先にアドバイスの声は聞こえません。

【手順】 回線Aが通話中に回線Bが『*223 + 内線番号(回線A)』

内線接続

通話中回線Aと内部回線Bを繋げてAB間で内線接続の通話ができます。

【手順1】 回線Aと通話中にダイヤルパッド『##』を押します。

【手順2】 「転送します」ガイダンスが流れた後、接続先の『内線番号』ダイヤルパッドで押します。

【手順3】 成功したら回線Aとの通話は切電され、自動的にAB間の通話が開始されます。

外線接続

通話中回線Aと外部回線Bを繋げてAB間で外線接続の通話ができます。

【手順1】 回線Aと通話中にダイヤルパッド『##』を押します。

【手順2】 「転送します」とガイダンスが流れた後、指定した『会議室番号』ダイヤルパッドで押します。

【手順3】 成功したら、自動的に回線Aとの通話は切電されます。
※回線Aは変わらず、保留音が流れ続けます。
※回線Aと通話を再開したい場合、会議室通話を実行します。

【手順4】 回線Bに電話を発信し、通話状態にします。

【手順5】 回線Bが通話中に手順1~2を行います。

【手順6】 成功したら回線Bとの通話は切電され、自動的にAB間の通話が開始されます。

***注意事項***

●『##』を押した場合、通話先には保留音が流れます。

●「転送します」ガイダンスが流れた後、ダイヤル番号を間違えると「内線番号が無効です・・・」と流れ、失敗となります。
時間が経つと保留は解除されますので、再度、『##』の手順を実行してください。

●これらの機能を実行する場合、KPML送信のプルダウンは「DTMF RFC-2833を使用」を選択ください。
プルダウン設定>各設定画面の「Advanced」で表示

会議室通話

手動外線接続後、オペレーターがその通話に割り込みできます。

【手順】 動外線接続の手順6の後、『会議室番号』のみ入力>CALLボタン

※手動外線接続時で接続待ちをさせている回線との通話に戻る時も使用します。

 

Macをお使いの場合

「Telephone」というアプリになります。

iMacの場合は既にOSにプリインストールされており、コマンド+スペースを押して、「telephone」を検索。

プリインストールされていない場合はApple Storeでダウンロードする事ができます。

telephoneを開いたら、設定(Preferenses)を開きます。

Accounts > 新規アカウントを作成「+」

必要情報を入力します。

設定画面の「Account Information」の「Use this account」にチェックすると自動的にアカウント画面が出ます。

緑色のマーク(Available)が付いていれば設定完了になります。

※インストール後、以下の画面でも設定は可能

 

スマートフォンでご利用を希望する場合

こちらを参照