対応履歴

条件を絞り込み、条件一致で検索され、対応した顧客データが一覧で表示されます。

※コールをした顧客データ以外にも「追加対応履歴を入力した顧客データ」も対応回数としてカウント、対応履歴としても保存され、検索もされます。

【オペレータ画面】

【管理画面】

【案件選択・リスト選択】 案件とリストを選択して検索を絞り込みます。

管理画面:案件管理で運営にした案件とリスト有効化選択と機能が関連しています。

オペレータ画面:表示条件は報告機能の送信ユーザー、リスト操作権限と機能が関連しています。

【検索(24時間以内)】 「案件」「リスト」を選択した顧客データの24時間以内に結果保存した対応履歴が全て表示されます。

【さらに条件を絞る】 通常の検索よりも「ステータス」「最終架電者」「見込レベル」等で条件を絞り込みして、顧客データの対応履歴が表示されます。

※「新規履歴作成」機能で作った履歴を含まない検索も可能です。

【CSV出力】 一覧表示されている顧客データをCSVファイルでダウンロードします。(管理画面のみ)

【詳細】 選択した顧客データの詳細が閲覧、追加履歴作成、編集などができます。

※対応履歴で検索をしても表示さない場合、こちちらを参照。 ▶トラブルシューティング

 

3種類の条件付き検索の違い

条件付き検索で「案件未選択」「案件のみ選択」「案件とリストどちらも選択」とでは検索範囲が違います。

※対応履歴以外でも検索条件の仕様は同じとなります。

【案件未選択時の条件付き検索】

検索範囲:電話番号のみ+基本検索

【案件のみ選択した条件付き検索】

検索範囲:電話番号+顧客属性+基本検索

【案件とリストどちらも選択した条件付き検索】

検索範囲:電話番号+顧客属性+基本顧客情報+基本検索

 

リスト管理と対応履歴のCSV出力の違い

【リスト管理のCSV出力】 顧客データにフォーカスされた顧客データ毎のCSVファイルです。

基本的な顧客情報と追記した顧客属性、最終結果ステータス、最終対応者、対応回数、メモ履歴などがセルに入力されています。

【対応履歴のCSV出力】 対応履歴にフォーカスされた対応履歴毎のCSVファイルです。

コール日時、顧客データの電話電話、対応ユーザー、結果ステータス、結果属性などがセルに入力されています。

それぞれ、出力される情報が違うので使い分けて利用して下さい。

 

管理者権限とオペレータ権限の違い

管理権限とオペレータ権限では「対応履歴」の機能と画面は同じとなり、検索範囲や機能の操作権限が異なります。

【管理者権限】

登録されているの全ての顧客データの対応履歴が検索できます。

検索表示された顧客データをCSVファイルでダウンロードする事もできます。

【オペレータ権限】

自分が対応した顧客データ(コール対応、追加履歴作成)のみ対応履歴の検索でき、他ユーザーのものは不可となります。

 

顧客リスト一覧 > 操作:詳細・編集 > 顧客リスト画面

顧客データの詳細を閲覧、結果詳細の編集をする事ができます。

【オペレータ画面】

【管理画面】

【新規履歴作成】 コールをしないでも対応履歴を追記で残す事ができます。

【マイクのマーク】 対応履歴毎の音声通話データをリアルタイムで聴く事ができ、ダウンロードも可能です。

※結果ステータスを不通で登録(録音保存なし)、新規履歴作成で対応履歴を登録(通話なし)した場合はマイクのマークの表示はありません。

【詳細・編集】 対応履歴の結果詳細が表示され、編集ができます。(自分が作成した対応履歴のみ)

※MGRのみ全てのユーザーが作成した全ての対応履歴の結果詳細の編集が可能です。

背景なし:コールにて作成された対応履歴

背景あり:追記履歴にて作成された対応履歴

 

報告履歴

報告した対応履歴のみ一覧で表示され、顧客データの詳細が閲覧ができます。

【案件選択・リスト選択】 案件とリストを選択して検索を絞り込みます。

※表示条件は報告機能の送信ユーザー、リスト操作権限と機能が関連しています。

【検索】 「案件」「リスト」を選択した顧客データの対応履歴が全て表示されます。

【さらに条件を絞る】 通常の検索よりも「ステータス」「最終架電者」「見込レベル」等で条件を絞り込みして、顧客データの対応履歴が表示されます。

※「新規履歴作成」機能で作った履歴を含まない検索も可能です。

【CSV出力】 一覧表示されている顧客データをCSVファイルでダウンロードします。(管理画面のみ)

【詳細】 選択した顧客データの詳細が閲覧、追加履歴作成、編集などができます。

 

報告履歴の表示条件

管理画面の報告機能設定にて設定をします。

・案件管理 > 報告機能設定の基本的な設定 > 実行をさせる

・報告機能設定 > 送信先ユーザーの選択

※報告機能設定で送信先ユーザーを選択したユーザーは、リストの操作権限の有無関係なく、その案件の全てのリストがプルダウンに表示されます。

※操作権限が付与されたリストとそのリストに関連した案件はプルダウンに表示されます。

 

調査結果集計

集計したいコール数値を条件に合わせて自動集計し、表示されます。

※「新規履歴作成」機能で作った履歴を含まない集計も可能です。

【オペレータ画面】

【管理画面】

【案件選択・リスト選択】 案件とリストを選択して集計結果を絞り込みます。

リストは複数選択も可能です。(Shift or Ctrl + クリック選択)

管理画面:案件管理で運営にした案件とリスト有効化選択と機能が関連しています。

オペレータ画面:表示条件は報告機能の送信ユーザー、リスト操作権限と機能が関連しています。

【集計データをCSV出力】 集計データをCSVファイルで抽出する事ができます。(管理画面のみ)

【詳細】 集計結果を時間帯別で表示されます。

 

操作:詳細 > 時間帯別結果集計

 

管理者権限とオペレータ権限の違い

管理権限とオペレータ権限では「調査結果集計」の基本的な機能と画面操作は同じとなり、集計範囲のみ異なります。

【管理者権限】

全てのユーザーが稼働した分のレポートが集計・確認できます。

【オペレータ権限】

自分が稼働した分のレポートが集計・確認でき、他ユーザーのものは不可となります。

 

新規履歴作成

新規顧客の追加、電話番号の検索、対応履歴の追記ができます。

管理権限画面とOP権限画面関係なく、全ての画面の右端に表示され、操作ができます。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI     

 

管理者権限とオペレータ権限の違い

管理権限とオペレータ権限では「新規履歴作成」の基本的な機能と画面操作は同じとなり、検索範囲や機能の操作権限が異なります。

【管理者権限】 登録している全ての顧客データの検索・新規リスト登録・顧客データ対応履歴追加が可能です。

【オペレータ権限】 権限付与されているリストの顧客データのみ検索・新規リスト登録・顧客リスト対応履歴追加が可能、それ以外は不可となります。

 

新規顧客追加

新規の顧客データを手動で追加できます。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI

顧客データを登録したい案件とリストを選択 > 新規顧客追加 > 項目に情報を入力 > 新規顧客追加 >顧客データとして追加されます。

※最低1つの項目を入力すれば追加されます。

※電話番号を登録しないでも追加されます。

 

電話番号検索

登録されている全ての電話番号の検索ができます。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI

電話番号を入力 > 検索 > 顧客データが一覧表示されます。

複数のリストに登録、同じリストに複数登録がある場合、それぞれ分かれて表示されます。

【案件選択・リスト選択】 案件とリストを選択して新規顧客追加先を絞り込みます。

※プルダウン表示はリスト有効化や報告機能の送信ユーザー、リスト操作権限などの機能と関連しています。

【詳細】 顧客データの詳細が表示されます。

 

検索種類の違い

【対応履歴>検索】 対応した事のある顧客データ(コールor追加履歴)が検索できます。

※対応した事がない(コールをしていない・追記履歴をつけていない)顧客データは検索がされません。

オペレータ画面:自分が対応した顧客データのみ検索が可能。

管理画面:全ユーザーが対応した顧客データの検索が可能。

【新規履歴作成>電話番号>検索】 未対応でも、登録がされている顧客データであれば全て検索ができます。

※電話番号のみでの検索になり、詳細条件での検索はできません。

電話番号検索の表示後に詳細ボタンにて顧客リストの閲覧までは可能ですが、ユーザー権限により顧客データの編集・追加などができません。

MGR・SV権限:全ての顧客データの編集・追加が可能です。

OP・BY権限:リスト権限の付与がされているリスト内の顧客データのみ編集・追加が可能です。

BIZ権限:新規履歴作成(電話番号検索・新規顧客追加)の機能の操作が不可です。

【リスト管理>リスト一覧>詳細>検索】 選択したリスト内に登録されている顧客データが検索できます。(管理画面)

【コール>リスト選択>コールデータ検索>検索】 選択したリスト内に登録されている顧客データが検索できます。(オペレータ画面)

※リスト内の検索は詳細条件での検索ができます。

 

【電話番号検索後、編集不可時の画面】

リスト操作権限の付与がされていない電話番号をOP・BY権限のユーザーが検索した場合、検索後の一表示・詳細で顧客データの詳細閲覧まではできますが、顧客データの編集・追加などができません。

MGR・SV権限のユーザーはリスト操作権限の付与がされていない場合でも、顧客データの編集・追加は可能です。

【架電禁止の顧客データ検索時の画面】

 

顧客データに対応履歴の追記

コールをしないでも対応履歴を追記で残す事ができ、主に入電対応やメール対応などで活用が可能です。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI

新規顧客を登録後もしくは、電話電話の検索後の詳細 > 結果ステータス、結果属性、メモなどを入力 > 新規履歴作成 > コールをしないでも対応履歴を追加する事ができます。

【新規履歴作成(報告送信)】 対応履歴を保存と同時に案件管理の報告機能で設定したメールアドレスに対応内容が自動送信されます。

【新規履歴作成】 報告送信なし、通常の対応履歴保存になります。

※コールをした顧客データ以外にも「追加対応履歴を入力した顧客データ」も対応回数としてカウント、対応履歴としても保存され、検索もされます。

【詳細・編集】 対応履歴の結果詳細が表示され、編集ができます。(自分が作成した対応履歴のみ)

※MGRのみ全てのユーザーが作成した全ての対応履歴の結果詳細の編集が可能です。

背景なし:コールにて作成された対応履歴

背景あり:追記履歴にて作成された対応履歴

 

休憩・離席

休憩時間と離席時間は集計され、管理画面のオペレータ状況の一覧でモニタリングができます。

管理権限画面とOP権限画面関係なく、全ての画面の左上隅に表示され、操作ができます。

機能が作動中は他の操作ができず、解除時にパスワードに入力が必要です。