IT社会でもなぜ新規開拓にテレアポが重宝されるのか

営業のきっかけを作れる

日本では2000年頃から企業や家庭でパソコン・インターネットが導入されるようになり、爆発的な普及を経て現在ではほとんどの企業と家庭でこれらが利用されています。

ビジネスマンにも個人にもインターネットが浸透しており、日常シーンの様々な場面でIT技術を活用している人が多いです。

企業でもIT化が推進されており、取引や商談をオンラインで済ませるようなケースも増えています。

デジタル・ディバイドの解消に 株式会社Fine6

しかしながら、IT社会でも顧客の新規開拓にはテレアポを活用する企業が多いです。

わざわざ直接電話で話して交渉する必要があるのだろうかと思う人もいるかもしれませんが、便利なシステムやツールが増えた時代でもテレアポが行われ続けていることには明確な理由があります。

テレアポを新規開拓に利用することには、営業のきっかけを効率的につくれるというメリットがあることを知っておくと良いです。

インターネットからの情報

現代社会では情報の収集にインターネットが活用されることが多いと言えます。

サービスを理由したいときや商品を購入したいときには、そのサービスや商品を取り扱っている会社の公式ホームページから情報を得たり、比較サイトを見ながら購入するかどうか検討したりするはずです。

実際に利用したことがある人のSNS投稿やブログ投稿を参考にする人もいれば、お気に入りの会社の製品であれば定期的に送られてくるメルマガなどで情報を収集する人もいるでしょう。

ですが、こういった方法で調べてもらうことができるのは、有名な商品や顧客の目に入った商品だけです。

ホームページを立ち上げたり、利用者に口コミ投稿やSNS投稿を行ってもらったりしても、そもそも知名度が低い、あまり見かけることがないようなサービスであれば新たな顧客に自社の製品やサービスを知ってもらえる可能性が低いと言えます。

顧客には顕在顧客に分類される人たちがいますが、これは商品やサービスを認知していて、興味関心が顕在化している人々です。

公式ホームページに辿り着くような人は、この顕在顧客に分類されると言えます。

比較検討段階ではあるものの、特定のサービスや製品を既にチェックしていることが特徴的です。

つまり、知名度や認知度が低い会社がホームページをつくったとしても、十分な来訪者を期待することができません。

有名な企業や大きな企業であれば、既に商品やサービスについて知られているので、顕在顧客があらわれる可能性が高いと言えます。

残念ながら、小さな知名度が低い企業には顕在顧客があらわれにくく、購入や利用に至る顧客化する人を増やすことは難しいです。

テレアポの強みは、そういった場合でも幅広い人にアプローチできることだと言えます。

積極的に働きかけることができるため、自社の商品を認識してもらうことと顧客化の両方を目指すことが可能です。

成果に至るまでの期間

営業を始めてから成果に至るまでの期間が短いことも、IT社会でテレアポが行われ続ける理由の1つだと言えます。

web広告を活用して自社の製品やサービスを知ってもらうこともできますが、この方法では結果に結びつくまでに長い時間がかかることが多いです。

これまで広告運用を行ったことがなかった場合は、安定した運用を実現するまでに時間がかかることになります。

webマーケティングや広告運用に詳しい人材がいなければ効率的に実施することができませんし、出稿しても結果が出るまでにある程度の時間が必要です。

資金も人材も十分にある企業であれば、コンサルタント会社に依頼したり、自社の人材を育成したりすれば、webマーケティングで成功することができるかもしれません。

現実的に考えると、この方法を実施することができる企業は少ないです。

小さな会社やスタートアップ企業は新規顧客獲得までに十分な時間と費用がかけられないケースが多く、即効性の高いテレアポが選ばれることが多いと言えます。

テレアポによって顧客の新規開拓を行う場合、早ければ1日以内で成果に結びつくでしょう。

もちろん、必ずしも1日以内で成果が出るわけではありませんが、テレアポで商品に興味を持ってもらうことができ、その日のうちに説明や訪問を希望されるようなことがあれば、とんとん拍子で当日中に成約となる可能性もあります。

広告運用などでは、ここまで早い成果を期待することが難しいです。

テレアポはもとからある電話を使う場合は長い時間をかけて導入のための準備をする必要がないですし、テレアポのためのシステムや回線を用意する場合でも数日から1週間ほどで用意できることが多いと言えます。

広告運用の場合は出稿するための審査にもある程度の期間が必要となり、審査を通過してから実際にインターネット上で表示されるようになるまで、表示され始めてから多くの人の目に触れるようになるまでにも時間がかかるでしょう。

テレアポのほうが圧倒的なスピーディーさで導入できるので、早く結果を出したいと考えている企業から特に重宝されています。

テレアポで確実なアプローチ

他にも、テレアポであればインターネットをあまり使用しない人にも確実にアプローチできることがメリットだと言えるでしょう。

近頃は高齢者でもスマートフォンやパソコンを使いこなす人が増えつつありますが、年齢が上がるほど使用率が低いこと、使用頻度が低いことは事実です。

たとえば、高齢者をターゲットにした宅配食、手押し車や杖などを販売している場合、インターネット上に広告を掲載しても成果に結びつく可能性が低いと言えます。

それよりも、電話で直接サービスや商品を勧めたほうが、興味を持ってもらうことができたり、購入してもらえたりする可能性が高いです。

また、直接取引することを大事にしている顧客がいることもテレアポが使用され続けることに関係しています。

ECサイトを利用してインターネット上で商品を購入したり、オンラインシステムを使用して商談を済ませられたりするようになっていますが、これを好まない人も少なくありません。

全ての企業や人がIT化に対応できているわけではないですし、パソコンやインターネットを使用していても商品やサービスの購入は直接行うことを流儀としており、そのような人たちまで顧客化させるためにはテレアポが欠かせないと言えます。

このように、たくさんの理由からIT社会でもテレアポが使われ続けていることを知っておくと良いでしょう。

テレアポをするときに営業マンがやりがちな間違い例

テレアポで成功するコツ

テレアポで成功できるようになりたいと思うのであれば、自分のやり方に間違いがないかどうか確認しておくことが大事です。

マニュアルの流れに従っているから正しいやり方でテレアポを行うことができていると思っている人の中には、実はやり方を間違えているという人も多いと言えます。

やりがちな間違いがいくつかあるので、詳細や具体的な例を知ることによって、自分に当てはまっていないかどうか確認してみると良いでしょう。

まず、テレアポの目的が売り込みを行うことだと誤って認識している人が多いです。

確かに、テレアポでは製品やサービスの魅力を伝え、相手に興味を持ってもらう必要があります。

ですが、実際のところ売り込みはテレアポの最終的な目標ではありません。

先に結論を言っておきますと、テレアポのゴールは製品に興味を持ってもらいアポイントに繋げることです。

ここを勘違いしているとテレアポで力を入れる部分を間違えてしまい、結果に結びつけることができなくなります。

CTIシステムでマーケティングオートメーション!受注率の向上を約束します

売り込みたいという気持ちを前面に出してしまうと、顧客が求める以上の無駄な話をしてしまう可能性が高いです。

「当社は顧客満足度ナンバーワンを獲得していまして」と話したり、「当社の製品は有名な医師と共同開発しており、実験データの数値からも効果が証明されていまして」などと、ひたすら魅力を話そうとしたりする営業マンもいます。

製品やサービスの魅力をアピールすることは大事ですが、テレアポでこうした内容を話しても顧客の心を動かすことが難しいです。

主観的な魅力や数値を含む説明をテレアポで行っても、興味を持ってもらえない、十分に内容を理解してもらえない可能性が高いと言えます。

製品の機能や特徴に関する詳細情報であったとしても、テレアポの段階でたくさん話してしまうと電話だけで「いる」「いらない」を決められてしまう可能性が高いです。

テレアポはあくまでも興味を持ってもらうための場なので、アポイントに繋がるようなアプローチをすることが大切だと言えます。

この失敗を防ぐためには、正しくゴールを認識して、アポイントに繋げられるような会話を意識しつつテレアポを行うと良いでしょう。

要点をまとめておくことで無駄なことを話してしまうことを避けたり、相手から聞かれた場合のみ詳しい情報を伝えたりするなどの対策を講じておくことがおすすめです。

下手に出過ぎない

次に、下手に出過ぎているという失敗をしている人も多いと言えます。

特にテレアポの経験が少ない人や自分に自信がない人、気が弱い人などに起こりやすい失敗です。

テレアポは約束をしている相手にかける電話ではありません。

自分から一方的に電話をかけ、話を聞いてもらうことになるものです。

そういった性質があることから、「突然電話すると迷惑に思われそう」と感じてしまう人が多いと言えます。

迷惑に思われる可能性があること自体は間違いではありませんが、その心配がテレアポ中の言動に出てしまうことは好ましくありません。

下手に出てしまうと、相手が精神的に優位な立場になってしまう可能性が高いです。

「お忙しいところ申し訳ありません、少々お時間よろしいでしょうか」と、下手に出るような言い方をしたとしましょう。
すると、相手は精神的に優位な立場になり、「忙しいので無理です」とアッサリ断る可能性があります。

本題に入る前に断られたり拒否されたりする可能性があるので、下手に出過ぎることはNGです。

CTIシステムでマーケティングオートメーション!受注率の向上を約束します

下手に出てしまうと自信がなさそうだと思わせることにもなります。

商品やサービスの説明に入る前であったとしても、ネガティブな印象がついてしまうと本題にも影響を及ぼすことになるでしょう。

話を聞いてもらうことができても、「自信がなさそうな人の説明だから不安」と思われるかもしれません。

丁寧であることは大事だと言えますが、必要以上に下手に出る必要がないことを理解しておくべきです。

失敗を避けるためには、割り切ってテレアポを行うことも大切だと言えます。

迷惑かもしれないと心配してしまう気持ちを捨てて、「お忙しいところ失礼します、新製品のことでお電話させていただきました」などと、下手に出過ぎない言い方をすると良いでしょう。

必要以上に下手に出ていると感じられるトークスクリプトの内容を変更しておくことも大切ですし、自信がなさそうだと思われない言動を意識しておくことも大事です。

自信のなさを感じさせないためには、トークスクリプトのつくり込みだけでなく、商品に対する知識を深めておくことも効果的だと言えます。

コール数を気にしすぎない

コール数を気にしてたくさん電話をかけるようにしていることも、テレアポにおける間違った行動です。

もしかすると、上司や先輩から「もっと電話をかけなさい」と言われているかもしれません。
しかしながら、質より量になってしまっては意味がないと言えます。

コール数を増やすことができれば自然と成約数も多くなると勘違いする人がいますが、これらはイコールで考えられるものではありません。

コール数が少なかったとしても、質が良いトークや対応を実現することができている場合は、たくさん電話をかけている人よりも成約数が多くなるはずです。

テレアポの営業で用いるシステムの比較

自分でテレアポの相手を決めることができる場合は、コール数を増やすためにあらゆる相手にかけるようにするのではなく、自社の商品やサービスに対して興味を持ってくれそう、必要としていそうな相手を優先して連絡すると良いでしょう。

パソコンを持っていない人にセキュリティソフトを勧めても買ってもらえる可能性は低いですし、男性に女性向けフィットネスクラブを勧めても意味がないです。

極端な例だと思われるかもしれませんが、手当たり次第にテレアポを行うときには同じような現象が起こっている可能性が高いと言えます。

あらかじめ自社の製品やサービスを求めてくれそうな相手をピックアップしておくことによって、ミスマッチという問題が起こりにくくなるでしょう。

テレアポを行うときにはゴールを間違えないこと、下手に出過ぎないこと、コール数ではなく質を重視することが重要です。

これらをできていない人が非常に多いと言えるので、テレアポで成功したいのであればやりがちな間違いをすることがないようにしておきましょう。

成果を高めるテレアポの事前準備

ペルソナを設定する

テレアポの成果を高めるためには、事前準備が重要だと言えます。

準備をしていたとしても内容が十分ではなければ、効果的なテレアポに繋げることができません。

社内ではマニュアルが用意されていることもあるかもしれませんが、マニュアルを使うだけでは不十分です。

テレアポを成功させたい場合は、具体的にどういった事前準備を行っておくことが効果的なのかチェックしておきましょう。

事前準備ではトークスクリプトの作成が大事ですが、ペルソナの課題を意識した内容にしておく必要があります。

ペルソナを明確に設定しておけば、ペルソナの持つ本質的な課題や要求が分析できるようになるはずです。

成約のためには相手の課題を解決できるような提案、要求に応えられるような提案が必要となってくるため、これを踏まえてトークスクリプトを作成すると良いでしょう。

たとえば、掃除ロボットの購入を検討する人の中には、これを購入することによって家事の負担を減らしたい、家事の時間を減らして自由時間を多く確保したいなどと考えている人が多いです。

食洗機や全自動洗濯機でも同じようなことが言えますが、本体を手に入れることを目的としているのではなく、家事に関する不満や問題を解消できることを目的としています。

こういった場合にトークスクリプトを作成するのであれば、「どれだけ家事が楽になるか」「どのくらい家事にかかる時間を減らすことができるか」を伝えることで、相手に興味を持ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

他の製品やサービスを販売する場合でも同じことが言えます。

誰かが何かを買うときは、その製品やサービスで得られる様々な恩恵を求めていることが多いです。

ダイエット商品であれば痩せて水着が着られること、英会話教材であれば英語をマスターしてガイドなしで海外旅行に行くこと、寝具であれば寝つきの悪さの改善などを望んでいる可能性があります。

ペルソナの課題を意識すると、ダイエット商品を売るときには体重が減ることだけではなくしっかりと身体が引き締まることをアピールすれば効果的だと気づけるはずです。
英会話教材の場合は、学校の教科書のような内容ではなく実際に現地で使われるフレーズが収録されていることをアピールすると良いでしょう。
寝具の場合は、腰や首に負担がかからずスムーズに入眠できることをアピールできます。

販売したい商品やサービスによって設定するペルソナ、設定したペルソナが持つ課題は違っているはずですが、この考え方によってより効果的な提案ができるはずです。

課題へダイレクトに訴求できることが重要なので、こうしたポイントを意識してトークスクリプトを作成しておきましょう。

アタックリストの作成

ターゲットを絞ってアタックリストを作成することも大事です。

自社の製品やサービスを買ってくれる可能性が高い見込み顧客をリストにしたアタックリストを用意しておけば、効率的にテレアポを行えるようになります。

ニーズに合わない商品やサービスを提案したとしても、成約に結びつく可能性は極めて低いです。

購入の可能性が低い相手に電話をかけ続けても、成果に繋げることが難しいと言えます。

あらかじめアタックリストを作成しておけば、購入してもらえる可能性が高い相手を優先してアプローチできるようになるでしょう。

時間や労力は無限ではないので、限られた中で効率的にテレアポを行うためには、アタックリストの作成という事前準備が重要です。

今までアタックリストをつくらずにテレアポを行っていた場合は、どのようにつくるべきか迷ってしまうかもしれません。

基本的には社名や担当者名、連絡先と住所だけではなく、業種や資本金、社員数や売上などの項目をまとめておくと良いです。

必要な情報や比較すべき情報は、取り扱い製品などによって異なります。

初めから完璧にリストを完成させようとせずに、ある程度つくった時点でテレアポに取り組むことが大切だと言えます。

実際にテレアポを行った結果を踏まえて、必要な項目や比較するポイントを決めていくと、効果的なアタックリストを作成することができます。

改善点の洗い出し

ロールプレイとフィードバックによる改善点の洗い出しを行っておくことも大事です。

テレアポを行っているときには、想定していなかった質問や返答を受けてしまうこともあります。

知識不足や予期せぬ事態への混乱が原因であることが多いですが、事前にロールプレイを行っておけば対策を講じることが可能です。

テレアポ現場を想定して営業マンと顧客に分かれてやり取りを行い、円滑に進めることができなかった点を確認したり、相手から不十分だった点を指摘してもらったりします。

理想的なテレアポはスムーズかつアポイントに結びつくものですが、ロールプレイでは理想的ではないテレアポを想定して実施することがおすすめです。

回答が難しいと感じられるような質問、対応に困ってしまうような返答を顧客になりきる側が行うことによって、臨機応変に対応できる力を養うことができます。

トラブルのないシーンを想定していても問題点の改善や能力の向上に繋げることができないので、難しいシーンであることを仮定して実施すると良いです。

テレアポを行う前には、このような事前準備を行っておくことが重要だと言えます。

何の準備もなく、いきなりテレアポを行ったとしても満足度が高い内容にすることができませんし、約束を取りつけられない可能性が高いです。

マニュアルが事前準備の代わりになると思っている人もいますが、マニュアルでは不十分であることも知っておきましょう。

ポイントを押さえてスクリプトをつくり込むこと、アタックリストを用意しておくこと、トークの改善点を見つけておくことはとても重要だと言えます。

既にテレアポを何度も行っている人であったとしても、これらを取り入れるようにすることで成約数を増やせる可能性が高くなるでしょう。

とにかくたくさんテレアポをこなそうと考えた結果、十分な準備をすることなく電話をかけ始めてしまう人が多いです。

テレアポはコール数が多ければ良いというわけではないことを理解し、質が高められるように準備しておく必要があります。

事前準備を疎かにしてしまうと後悔をすることになる可能性が高いので、気をつけておきましょう。

必ずおさらいしておくべき成功するテレアポの3つのコツ

基本的なコツを取り入れておく

やりがちな失敗が起こらないようにしておく、事前準備をきちんと行っておくことで、テレアポの成功率を高めることができます。

ただし、基本的なコツを取り入れることができていなければ効果は半減することになるので注意が必要です。

テレアポを成功させるためには、絶対にチェックしておくべきコツが3つあるので、自分のテレアポに取り入れることができるようにしておきましょう。

 

まずは、業種別のアイドルタイムに連絡することがポイントだと言えます。

アイドルタイムとは、比較的余裕のある時間帯のことです。

たとえば、企業を相手にテレアポを行うときには始業直後やランチタイム前後、就業前は避けたほうが良いと言えます。

忙しい時間帯に連絡してしまうと、見込みが高い客でも「今は忙しいので」と断られてしまう可能性が高いです。
それだけではなく、「忙しい時間にかけてくる迷惑な会社だ」と思われる可能性もあります。

印象を悪くしてしまえば、再度アプローチしようとしてもネガティブな印象を持たれており、なかなか心を開いてもらえない、言葉に耳を傾けてもらえないという問題が発生する可能性が高いです。

CRMとCTIの連携をセールスフォースを利用して行う効果とは何か

それぞれのアイドルタイムが明確に分かっていれば便利ですが、正確に調べることは難しいと言えます。

そこで、業種ごとにアイドルタイムの目安を知っておくことが大事です。

飲食店を営む人に連絡するのであれば、ランチタイムの前やランチタイム後からディナー開始までの時間がアイドルタイムであることが多いと言えます。

不動産業であればお客さんと一緒に内見に行っている可能性があるので、社員は店舗にいるけれどお客さんが来ていないお店の開店前の時間がアイドルタイムになりやすいです。

個人の場合、働く人であれば終業後の時間を狙うことができますし、小学生の子供を持つ専業主婦であれば子供を送り出してから帰ってくるまでの時間を狙うと効果的だと言えます。

相手の立場になって考えれば、どのタイミングで電話がかかってくると迷惑か分かるはずです。

意識的にアイドルタイムを狙うようにすれば、時間があるときで対応してもらえる可能性が高いですし、悪い印象を与えにくいと言えます。

雰囲気を明るくする

トーンを上げて良い雰囲気で挨拶することも大事です。

電話を通すと普段よりも低い声に感じられることが多いと言えます。

友達と電話をしているときに声を聞いて機嫌が悪いのだろうかと思ったり、反対に自分では普通のつもりなのに体調が悪いのかと聞かれたりした経験がある人は多いはずです。

日常シーンだけではなく、テレアポの際にも同じことが起こるので注意が必要だと言えます。

いつもより明るくハッキリとしたトーンを心がけておくと、相手にはちょうど良く聞こえている可能性が高いです。

メラビアンの法則からも、意識的に雰囲気を明るくしておくことが重要であると分かります。

この法則は、コミュニケーションの際に相手の印象が決定される要素の割合を示したものです。

メラビアンの法則によると、その人の印象は55%の視覚情報、38%の聴覚情報、7%の言語情報で決定されます。

視覚情報は見た目などの見て分かる情報、聴覚情報は声の大きさやトーン、言語情報は会話の内容だと言えるでしょう。

テレアポの場合はお互いを見ることができないので、印象のほとんどが聴覚情報によって決定されることになります。

対面で交渉するときには、身だしなみを整えておく、笑顔で接するなどの工夫を取り入れることができますが、電話を使うテレアポの場合は話し方や雰囲気を意識しておくことが重要であると覚えておきましょう。

もともと明るく元気な人が必要以上に明るく振る舞う必要はありませんが、落ち着いているタイプの人は少しトーンをアップさせるように意識しておくと良いです。

自分で加減が分からない場合は、誰かに頼んで電話での自分の声や雰囲気の印象を教えてもらったり、好印象に聞こえるトーンを見つけてもらったりすることをおすすめします。

相手に寄り添う

テレアポを成功させたいと思うのであれば、売り込み意識を消して相手に寄り添うことが重要です。

ゴールは商品に興味を持ってもらいアポイントに結びつけることなので、過度な売り込みは必要ありません。

売り込むことよりも親身になっていることが分かるような提案を行うことが大事です。

商品やサービスの魅力を語りたくなるかもしれませんが、テレアポでは話し過ぎと説明し過ぎが逆効果になることが多いと言えます。

一般的な対人関係でもそうですが、自分語りが激しい人に頼ってほしいと言われても頼りたい気持ちになりにくいはずです。

一方で、自分語りばかりせずにしっかりと寄り添ってくれる人であれば、自然と頼りたいという気持ちがわいてくるでしょう。

テレアポは自社やサービスに興味関心を持ってもらうことが大切なので、寄り添った提案によって顧客に自然と利用したい、話を詳しく聞いてみたいと思わせることが重要です。

寄り添った提案を行うためには、説明は簡潔で分かりやすいものにすることが大事だと言えます。

長々とした説明には主観的な感想が多く入り込んでしまう可能性が高いですし、分かりづらい説明は不親切だと思われるはずです。

不要な言葉を削ぎ落して本当に伝えたいことだけを自分から伝え、相手の希望があれば詳しい話をすると良いでしょう。

相手が納得できるような提案をするためには、商品やサービスへの理解を深めておくこと、顧客が抱えている潜在的な課題の解決方法を事前に調査しておくことが重要です。

こういったポイントを意識してテレアポを行えば、押し売り感がなくなって魅力的な担当者やサービスだと思われるようになるでしょう。

業種別のアイドルタイムを理解してタイミングよく電話すること、好印象を与えられる声のトーンや大きさに調整しておくこと、売り込みではなく相手に寄り添うことを重視することがテレアポを成功させるために重要です。

どれか1つだけを実施すれば良いというわけではなく、全てきちんと取り入れられることで強力な効果が発揮されます。

基本的ですがとても重要なポイントなので、内容を理解して自分のテレアポに反映させるようにしてください。

テレアポ営業をアウトソーシングする4つメリット

アポイント獲得に特化している

自社の社員だけでテレアポを行うこともできますが、効率化したい場合や成約数を増やしたい場合、人材が足りない場合はアウトソーシングを活用することも検討してみると良いでしょう。

テレアポをアウトソーシングすることには、4つのメリットがあります。

アウトソーシングを利用するかどうか迷っている人もいるかもしれませんが、まずは利用することのメリットから知ることがおすすめです。

アポイント獲得に特化したサービスが利用できるというメリットがあります。

自社でテレアポを行う場合は、成約率が数%になってしまうケースが多いです。

未経験者が行う場合は初めのうちは全くアポイントに繋がらない可能性が高いですし、経験者であったとしても著しく成功率がアップする可能性は低いと言えるでしょう。

また、準備をしてから電話をかけたとしても、アポイントやアポイント後の成約に結びつくパーセンテージは非常に低いと言えます。

専門的に行っているアウトソーシングを利用する場合は、的にアポイント獲得率や成約率が向上する可能性が高いです。

利用するサービスによって取り入れている工夫は違いますが、入念な事前調査による最適なアプローチが実施されているケースもあります。

自社でテレアポを行うときには、相手の業種やニーズ、課題などを踏まえてアプローチすることが多いですが、アウトソーシングの場合はもっと深い部分まで調査を行っていることが特徴的です。

様々な相手にテレアポを行っているノウハウを活かし、ターゲットを細かく調査してからテレアポが行われることがあります。

コール先に合わせた最適なトークが展開されるため、アポイントに繋がりやすいだけでなく、電話の段階で顧客が具体的にイメージできることから高い成約率にも繋がるでしょう。

コミット達成率とコストの違い

自社で行うよりも、コミット達成率が高いこともアウトソーシングを利用するメリットだと言えます。

テレアポを行うときには目標となる数値を設定するケースが多いです。

自社で実施する場合は高い目標を掲げていたとしても、達成できる確率が低くなりやすいと言えます。

コミット達成率の低さは業績の悪くするだけでなく、社員のモチベーションの低下や社内の雰囲気悪化に繋がることもあるでしょう。

アウトソーシングでテレアポを行っているサービスでは営業商談経験のある人材、アウトバウンド事業への従事経験がある人材が採用されていることが多いです。

採用基準が厳しいサービスの場合は、経験者であったとしても実力がなければ採用していないケースもあります。

未経験ではなく厳しい採用試験を通過することができた経験豊富なスタッフがテレアポを代行するので、成果に繋がりやすいです。

サービス選びの際に厳しい基準でスタッフを採用しているか、経験者が担当を行ってくれるか、コミット達成率はどのくらいか調べておくと安心して任せることができるでしょう。

コールセンター説明図

テレアポを専門的なサービスに委託する場合、成果報酬型のサービスを利用することができるのでコストの試算が容易だと言えます。

成果報酬型のサービスを選ぶ場合は、アポイントに繋がった場合だけ費用を支払えば良いです。
アポイントメントの獲得ごとに料金が発生するわけですから、成果に繋がらなかった電話に対してお金を支払う必要がありません。

自社で完結させようとすると、成約に繋がったかどうかに関係なくコストが発生するので、試算が難しくなることも理解しておく必要があります。

初期費用や固定費が必要となるかどうかは利用するサービスで異なりますが、高い月額利用料が発生するのに成果が出ないというような問題が起きないです。

新たなサービスを導入するかどうか決めるときは、発生するコストだけではなく、それによって得られるものが重要だと言えます。

アウトソーシングを利用する場合は費用対効果を確認してから導入することが大事ですが、成果報酬型のサービスが多いテレアポの委託であれば試算が行いやすいので、利用を開始してから期待していた費用対効果にならなかったという問題が起こらないでしょう。

実績が豊富なサービスを確実に受けられる

営業支援実績が豊富なサービスから確実な支援が受けられることも大きなメリットです。

実績が豊富なサービスを選んで利用するのであれば、色々な会社のテレアポ代行を経験しています。

上場企業や中小企業、スタートアップ企業など様々な規模での経験があったり、取り扱ったことがある商品やサービスの種類が豊富であったりするでしょう。

これまでに連絡してきた相手についても、多彩な企業や個人がいるはずです。

経験が多ければ多いほど、ノウハウの蓄積を期待することができます。

高い実績のアウトソーシングを探すようにすれば、それまでの経験を活かした高品質なテレアポを行ってもらえるはずです。

たくさんの経験があるからこそ効果的な対応の仕方、トークの展開方法を熟知しており、成約に結び付けてくれるでしょう。

このように、テレアポ業務をアウトソーシングすることにはたくさんのメリットがあります。

テレアポは社内の人材で行うものだと思っている人も少なくありません。

自社で実施したほうがお金の流れが分かりやすいと考えるかもしれませんが、成果型報酬を選べば正確にコストを試算することができますし、アポイント成立率がアップするので成約数や収益のアップも期待することが可能です。

社内でテレアポ業務の担当者を確保する場合は、必ずしも豊富な経験がある人を配置できるとは言えません。

自社に経験者がいない、募集をかけても経験者からの応募がない場合は未経験の人が対応することになります。

アウトソーシングを利用すれば、確実に経験のある担当者にテレアポを行ってもらえるので、安心して任せることができるはずです。
営業支援実績が豊富であることから、高品質なテレアポを実現してもらいやすい、納得できる結果を出してもらいやすいという魅力もあります。

テレアポは自社でも実施することができますが、アウトソーシングを利用することには数多くの魅力があることを知っておきましょう。

利用することのメリットまで詳しく知った上で、実際に依頼するかどうか検討してみてください。