対応タスク

見込・再コールのステータスをつけた顧客データが「過去」「未来」「フリー」で一覧表示されます。

また、矢印カーソルを合わせとリスト簡易メモが自動的にポップアップされます。

【詳細・コール】 選択した顧客のコール画面にピンポイントに移動します。

コール終了後の有無が判別し易いように完了した顧客データは表示が「グレー(灰色)」になります。

・・・過去に入っているコールリスト数がアラートバッチで表示されます。

 

見込・再コールの仕様

・「見込」、「再コール」を選択

・再コール日時を選択(結果ステータスはどれでも可)

上記のどちらかが選択されれば、「対応タスク」のフォルダに入ります。

※対応依頼・見込レベルの設定をしても、上記2つどちらも選択が無い場合は「対応タスク」の画面には反映されません。

※「対応タスク」に入っている顧客データを管理画面で削除、もしくは、その顧客データに関連するリストを削除・リスト付与権限を無効化すると表示からも無くなります。

【過去】 指定した日時を過ぎた時点で反映されます。

【未来】 指定した日時が過ぎるまでは残ります。

【フリー】 日時の指定がない場合に振分けされます。