報告履歴

報告した対応履歴のみ一覧で表示され、顧客データの詳細が閲覧ができます。

表示や操作方法は対応履歴と同じになります。

【オペレータ画面】

オペレータ権限では対応履歴から特定の顧客のコール画面にページ移動ができます。(管理権限では不可)

コールボタンの有無の仕様に関してはこちら ▶操作禁止顧客について

【管理画面】

【案件選択・リスト選択】 案件とリストを選択して検索を絞り込みます。

※表示条件は報告機能の送信ユーザー、リスト操作権限と機能が関連しています。

【検索】 「案件」「リスト」を選択した顧客データの対応履歴が全て表示されます。

【さらに条件を絞る】 通常の検索よりも「ステータス」「最終架電者」「見込レベル」等で条件を絞り込みして、顧客データの対応履歴が表示されます。

※「新規履歴作成」機能で作った履歴を含まない検索も可能です。

【CSV出力】 一覧表示されている顧客データをCSVファイルでダウンロードします。(管理画面のみ)

【詳細】 選択した顧客データの詳細が閲覧、追加履歴作成、編集などができます。

【コール】 特定の顧客のコール画面にページ移動します。(オペレータ画面のみ)

 

報告履歴の表示条件

管理画面の報告機能設定にて設定をします。

送信先ユーザー指定 + 実行有無: 有効or有効(報告送信のみ)

※報告機能設定で送信先ユーザーを選択したユーザーは、リストの操作権限の有無関係なく、その案件の全てのリストがプルダウンに表示されます。

※操作権限が付与されたリストとそのリストに関連した案件はプルダウンに表示されます。

 

管理者権限とオペレータ権限の違い

管理権限とオペレータ権限では「報告履歴」の機能と画面は同じとなり、表示や検索範囲、機能の操作権限が異なります。

【管理者権限】

報告送信した全ての顧客データの対応履歴が表示されます。

検索表示された顧客データをCSVファイルでダウンロードする事もできます。

【オペレータ権限】

報告送信された顧客データ(コール対応、追加履歴作成)のみ報告履歴が表示・検索でき、権限付与がない案件の報告履歴の閲覧は不可となります。