架電禁止管理

架電禁止の登録をした顧客データが一覧で表示され、登録・解除などができます。

また、CSVで一括登録・解除も可能です。

【案件一覧】 ブロックしている案件が一覧で確認ができます。

【確認】 選択した顧客情報ページの確認・編集や音声ログの確認ができます。

※確認ボタンがないデータは架電禁止管理フォームで登録、CSVで登録となるので、顧客データはありません。

【編集】 「ブロックする案件」「登録電話番号」の編集やクレーム設定の解除ができます。

【CSV出力】 表示されている架電禁止データをCSVデータで出力します。

【すべての架電禁止を表示】 絞り込みしている一覧情報をリセットして、すべての情報を表示します。

【選択した架電禁止を解除】 チェックボックスを選択した顧客データの架電禁止を解除します。

【すべての架電禁止を解除】 表示されている顧客データの架電禁止を解除します。(複数ページある場合はすべてのページになります。)

 

フォームで登録

手動で1件ずつ登録ができます。

どの案件でブロックするかも選択が可能です。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI

 

CSVファイルで登録

CSVファイル内にある電話番号を一括でクレーム登録できます。

フォーム登録と同様、どの案件でブロックするかも選択が可能です。

コールツリークラウドテレアポシステムCTI

 

CSVファイルで解除

CSVファイル内にある電話番号を一括でクレーム解除できます。

仕様はCSVファイルで登録と同じとなります。

 

架電禁止検索

ブロックされた顧客情報を電話番号で検索し、絞り込み表示する事ができます。

案件毎に絞り込む事も可能です。

絞り込み表示後、指定選択・全て選択で架電禁止を一括で解除する事が可能です。

 

架電禁止登録と解除の仕様について

・架電禁止登録をした顧客データは解除しない限り、オペレータ画面の顧客データ検索一覧で表示しません。また、コール画面へのアクセスができません。

※対応履歴や顧客検索には検索ヒットされ表示もされます。

・架電禁止登録をしている顧客データに新規履歴作成は可能ですが、架電禁止の登録が解除される訳ではありません。結果ステータスの編集で架電禁止から違うステータスに変更しても同様です。

・同じ案件のAリスト、Bリストに同じ電話番号の顧客がある場合、どれか1つでも架電禁止登録をすればその電話番号に該当する全ての顧客が架電禁止登録されます。

※その際、該当する他の顧客の結果ステータスが変更される事はなく、メモ履歴に操作をした日時とユーザー名と共に「架電禁止登録した」と表記されます。

・違う案件に該当する顧客がある場合、該当する案件の顧客のみ架電禁止登録がされます。該当する顧客を全ての案件(もしくは、特定の案件)で架電禁止登録をしたい場合は、架電禁止管理内の機能で任意で架電禁止の登録を行って下さい。

・架電禁止登録の解除をした場合、結果ステータスが変更される事はなく、メモ履歴に操作をした日時とユーザー名と共に「架電禁止解除した」と表記されます。

※架電禁止管理内の機能で登録の解除をしない限り、架電禁止の登録は解除されません。