目次

トラブルシューティング

■発信・受電ができない

  1. パソコンは起動していますか?インターネットは接続されていますか?
    パソコンは電話機の役割を果たします。
    “起動していない=電話機の電源が入ってない“
    “ネットが接続されていない=電話線がささってない”という事になります。
    パソコンを起動させ、インターネットが正常に接続されているかを確認して下さい。
  2. 有線LANでインターネットは接続していますか?
    Wi-Fi接続ですとインターネットが不安定での利用になりますので、有線LANでご利用下さい。
  3. 契約ライセンス数以上のご利用(発信・受電)をされようとしていませんか?
    契約数以上のご利用ですとコール画面は入れますが、コールボタンは押せません。
    ソフトフォンでの受電も同様で通話ができません。
    発信・受電も同じく、同時通話数=ライセンス数(回線数)となりますので、ご契約内容をご確認下さい。
    ※契約数のMAX値とオーバー値の境目は特になく、早い者順で通話(発信・受電)ができます。
    ※発信の場合、管理画面の「オペレータ状況」にて利用中の回線数が確認でき、数がオーバーした際は警告アラートが表示されます。
  4. ソフトフォンの設定はしていますか?(受電の時)
    弊社で設定させて頂きますので、お問い合わせ下さい。
  5. ヘッドセットは接続されていますか?設定は正しくされていますか?
    ヘッドセットを接続した際に設定が反映されていない可能性や何かしらの操作で設定が変更されてしまった可能性があります。
    詳しくはこちらの『事前にご確認いただく事』を参照。 ▶必要機材・推奨環境
    また、配線の断線やUSB(ピンジャック等)がパソコン本体から抜けている恐れもありますので、合わせてご確認下さい。
  6. コール状況の項目に英語文(もしくは、赤い警告アラート)が表示されていませんか?
    接続エラーの可能性、パソコン内のキャッシュが溜まり過ぎている可能性があるので、キャッシュ処理を行って下さい。
    詳しくは同ページの【※キャッシュ処理方法※】を参照。
    【※緊急対応の方法※】
    ・オペレータ画面の「CALL」ボタンのとこに表示される『リロード』ボタンをクリック
    ・キーボード上部にある「F5(更新)」を押す
    ・マウス右クリック>再読み込み(Ctrl+R)をクリック
    のいずれかを試みて下さい。

■リストが登録できない

  1. エクセルはCSV化されていますか?
    エクセルは通常「.xlsx」、「.xls」となっています。「.csv」にファイルを変換して、リストの登録をして下さい。
  2. 横最上行のタイトルは重複になっていませんか?
    例)「住所」「住所」「住所」→「住所1」「住所2」「住所3」のように完全重複を避けてネームを付けて下さい。
  3. 電話番号の縦最上列のセル名は「電話番号」というネームになっていますか?
    『電話番号』というネームでプログラム上認識していますので、完全一致のネームを付けて下さい。
  4. 「横最上行」もしくは「”電話番号”の縦列」のセルに余分な空白はありませんか?
    空白があるとリスト登録をする際にエラーになってしまいます。
    空白がある場合は削除をして頂き、再度、リストの登録を行って下さい。
  5. 各種設定で設定した「結果ステータスの項目名」と「横最上行のセルのネーム」で同じネームはありますか?
    完全一致のネームだとリスト登録をする際にエラーになってしまいます。
    リスト登録をしようとしている、エクセルの横最上行のネームをステータス結果のネームと被らないように変更を行い、再度、リストの登録を行って下さい。
  6. 案件設定をしていますか?
    管理者権限画面>各種設定で「結果パターン」、「属性項目」を設定の後、案件編集にて必要項目の設定を行った上、リスト登録をして下さい。

■各ユーザー権限の操作範囲を教えて下さい

『MGR(マネージャー)』
編集削除含め全ての機能が使用できる最上位管理権限アカウント
『SV(スーパーバイザー)』
編集削除が不可のOP権限を管理する管理権限アカウント
『OP(オペレータ)』
管理権限から振られた顧客リストの操作が可能な発信業務専用のオペレータ権限アカウント
「MGR」と「SV」権限は管理画面とオペレータ画面の切替が可能、「OP」はオペレータ画面のみ操作が可能です。

■ログインID、パスワードを忘れてしまった

管理者権限で自分含む全ユーザーのID閲覧、パスワードの変更が可能です。
※オペレータ権限ではユーザー管理機能じたいの操作ができません。
全ての管理者権限のログインID、パスワードを忘れてしまった場合は再発行をさせて頂きますので、お問い合わせ下さい。

■デフォルトの結果ステータスは変更できますか?

『不通・FAX・現アナ・見込・再コール・クレーム』これら全てそれぞれの機能と連動している為、項目名の変更・削除はできません。
お客様ご自身でオリジナル項目を追加する事は可能です。(無制限)
不通:履歴 録音 コール数 コネクト数
FAX・現アナ:履歴 録音 コール数 コネクト数
それ以外:履歴 録音 コール数 コネクト数

■受電時のガイダンス、営業時間、曜日、転送先番号などの設定を変更したい

こちらのフォームにて、依頼が可能です。 ▶追加・削除・変更・廃止 依頼フォーム
また、営業時間外や定休日は転送をするという複合設定も可能です。
祝日に関してはカレンダー通りになりますが、『GW・お盆・年末年始』などは個別の対応になりますので、お問い合わせ下さい。
※お客様側で設定変更は不可となりますので、ご了承下さい。
※ライセンス数、回線数、電話番号の追加・削減・変更・廃止の依頼もこちらのフォームにて可能です。

■リスト一覧の作業数と進捗の定義を教えて下さい

「不通」「FAX」「現アナ」この3つも含み”一度以上、架電をしたコール回数”が作業数となります。
※この3種はコール回数には含まれますが、コネクト回数には含まれません。
作業数/登録数(リスト数)=進捗
という計算となります。

■コネクト率・数値の定義を教えて下さい

「不通」「FAX」「現アナ」この3つはコネクトの数値には含まれません。
※この3つはコール回数に含まれます。
この3つ以外のステータス(コネクト数)/コール数=コネクト率
という計算となります。
コネクトの数値はデイリー計算となりますので、日付が変わるとリセットされます。
同日であれば、他のリストフォルダに移動しても数値は変わらず、引き継がれます。

■録音が残ってない(未表示)、コネクト率・数値がおかしい?

結果ステータスの自由項目で「担当者不在」「決済者不在」などを作成してませんか?
オペレータ画面で結果ステータスを保存する際、デフォルトで存在する「不通」と、作成した「担当者不在」「決済者不在」を混乱して保存している可能性があります。
「不通」はコネクトの数値としてはカウントされず、録音を残さないという仕様にしております。
「不通」はコール回数に含まれます。
”留守番電話””呼子のみ”の場合は「不通」
通話はしたが、”担当者や決済者が不在”の場合は「担当者不在」「決済者不在」
と結果ステータスには保存して下さい。
※事前に「担当者不在」「決済者不在」などの結果ステータスを各種設定にて作成をして下さい。

■コール履歴に出てくる結果ステータスが「空白」になっている

結果ステータスを保存せずに①「同じリストに連続で架電をした」「他のページに移動をした」「ページを閉じてしまった」これらが考えられます。
結果ステータスを選ばずに上記を行うと項目が「空白」になってしまうので、結果ステータスを必ず選んで保存をして下さい。
②と③を行う際、誤操作防止として警告画面が表示されます。
空白の履歴を編集したい場合、結果ステータスを空白で検索して頂き、管理権限にて既存編集が可能です。
また、過去履歴の削除じたいも可能です。
※過去履歴の編集・削除は管理者権限の「MGR」である最上位権限のみ操作が可能です。

■コール履歴で検索をかけても表示されません

検索をかけたいリストに「不通」含め、一度でも架電をしましたか?
コール履歴での検索は「履歴」での検索になるので、「不通」含め最低でも一度は架電をしないと履歴として保存されない為、表示はされません。
架電をしていないリストを検索したい場合は、管理権限のリスト管理>リスト一覧>一覧表示された画面の操作欄の詳細>操作欄の検索にて行って下さい。
※オペレータ権限でのコールデータ検索でも操作は可能です。
※リストフォルダ単位での検索しかできません。

■自分の見込に入れた場合、他ユーザーで検索はされてしまいますか?

コールデータ検索で見込で検索すれば表示はされてしまいます。

■ユーザー名を変更した場合、コール履歴に表示される過去のユーザー名はどうなりますか?

過去のユーザー名、検索で選択するユーザー名など、「ユーザーIDに紐付くユーザー名」は全て新しいユーザー名となります。
コールメモに保存されたユーザー名はテキストで保存される為、変更されずにそのまま残り続けます。
ユーザーIDを削除した場合、削除前のユーザー名のまま残り続けますが、一度削除したユーザーIDは復活させる事はできません。
※削除した分、作成できるIDの上限数が増えます。

■オペレータのコール画面の各種ボタンが押せない、発信ができない

CALLTREEを開いているインターネットのブラウザーは「Internet Explorer」「Google Chrome」どちらをお使いですか?
CALLTREEは「Google Chrome」のみ対応しております。
詳しくはこちらの『推奨環境』を参照。 ▶必要機材・推奨環境
また、こちらで動作チェックを自動判定ができます。 ▶ご利用環境チェックツール

■プレディコール(プレディクティブコール)時に顧客情報が表示されない

プレディコールは通常コールと違い、2倍速・3倍速で同時に複数のリストにプログラム上発信をしています。
顧客と電話が接続された段階で接続された顧客情報が表示されます。
接続されるまでは顧客情報は表示されません

■回線は繋がっているが「お客様からの声が聞こえない」「こちらの声が届かない」

ヘッドセットの設定は正しくされていますか?
CALLTREE画面での「マイク使用の許可」、パソコン内の設定で「音声テスト」「マイクテスト」をご確認下さい。
詳しくはこちらの『事前にご確認いただく事』を参照。 ▶必要機材・推奨環境
また、配線の断線やUSB(ピンジャック等)がパソコン本体から抜けている恐れもありますので、合わせてご確認下さい。

■リスト登録の際、上限数はありますか?

CSVインポートは一度の登録に対して上限は5万件となり、一度で5万件を超える場合はデータを複数に分けて登録をして下さい。(クレーム登録でも制限は同じです。)
※一度の登録数が多過ぎると登録スピードが遅くなり、止まってしまう可能性があります。
同じリストフォルダに追加で登録したい場合は、「既存リストに追加する」からお願いします。
また、1つのリストフォルダにつき上限は20万件となり、20万件を超える場合はフォルダを複数に分けて別フォルダにて登録をして下さい。

■電話番号を追加したい、回線数を増やしたい・減らしたい

こちらのフォームにて、依頼が可能です。 ▶追加・削除・変更・廃止 依頼フォーム
変更内容は土日含め随時お受けする事ができ、営業3日で設定の変更となります。
費用は15日サイクルで請求します。 ▶追加・削減時の請求例

■録音の保存期間はいつまでですか?

期間は設けておらず、他社と違い弊社はデータ容量になります。(他社は平均1年)
容量を超えた場合は、古い順で削除されていきます。
50GBまで無料で、約7,000時間ぶんの容量となります。(約120KB/1分通話の計算)
※容量追加は+10GB/1,000円/月額
録音データをパソコンのローカルメモリに一括でダウンロードする事ができる為、その機能を使えば特に容量を追加契約する必要はありません。

■手動発信した履歴は検索できますか?

手動発信の機能は簡易的な発信機能の為、履歴検索をしても表示される事はありません。
手動発信のページにて一覧履歴の表示がされるのみとなります。
※通話日時、発信先電話番号、対応ユーザー名、録音、メモデータは保存・閲覧が可能

■受電対応した際の録音は保存されますか?いつでも聴く事はできますか?

発信に関してはCALLTREE内で自動保存され、録音をいつでも自由に聴く事が可能です。
受電に関しては、サーバーに自動録音されていますが、現状、CALLTREEとソフトフォン(Zoiper)が連携されていない為、録音をいつでも自由に聴く事ができません。
録音を聴きたい場合は、「発信元番号」「電話先番号」「通話日時」を弊社にお伝え頂ければ提出させて頂きますので、お問い合わせ下さい。

■「結果ステータス」、「属性項目」が設定できない

結果ステータスの項目と属性の項目は完全一致したネームでは登録ができません
違うネームに変えて登録をして下さい。
詳しくは同ページの『■リストが登録できない>2』を参照。

■固定番号と携帯番号(CSVファイル内の一つの顧客リスト)を同時に「CSVでリスト登録」したい

エクセルの中の横一行のセルに「固定電話の番号」「携帯電話の番号」など複数の電話番号が入っている場合は、一括で複数の電話番号を同時に『CSVでリスト登録』不可となり、どちらか片方しか登録はされません。
『CSVでリスト登録』をする際、電話番号として認識するのは『電話番号』完全一致でネームが付けられている縦列の一列だけとなります。
電話番号以外のセル全てはテキストとしてデータベースに登録されるので、「電話番号1」「電話番号2」とネームを付けても電話番号として認識されません
オペレータ画面(管理画面でのPOPアップ顧客ページ)の顧客情報>電話番号の隣にある「追加・編集」にて登録作業を手動で行って下さい。
詳しくは同ページの『■リスト登録ができない>2と3』を参照。

■リスト選択>コールデータ検索画面の「2回目」「3回目」でリストを出すと不通のみが出てくるが、他も出てくるようにしたい

「2回目」「3回目」は不通のみを出すためのショートカットとなります。
それ以外も出したい場合は、検索条件指定>指定項目にチェックを入れて検索をして下さい。

■手動発信の画面で発信番号の選択表示を電話番号→案件名に変更できないのか?

手動発信は簡易的に発信する機能になります。
同じ番号を複数の案件で使う場合がありますので、案件名での表示はさせない仕様になっております。
顧客リストに登録して頂いてコールして頂いた方がお客様との対応履歴も蓄積できるので、登録をしてからコールをした方がよろしいかと思います。
CSVでインポート登録しないでも、1個1個手動で登録も可能です。
管理権限の画面>リスト管理>手動でリスト登録>案件とリストを選んで頂き、表示項目に情報を入れて頂き登録してからコールをして下さい。(電話番号は必須)

■架電後、次のリストに移動するとすぐに自動架電されるので、自動架電せずに次の画面へ移動したい

コール画面で架電終了後、結果ステータスを選択>「保存して次へ」(もしくは「保存のみ>次へ」)>次のリストへ移動して自動コールされます。
次のリストへ移動後、自動コールをせずに次のリストへ移動したい場合は、『保存のみ>SKIP』で次のリストへ移動して下さい。
少しでもコール効率を上げる為に、このような仕様になっております。

■コール結果の保存をしたのにも関わらず、コール履歴の項目に表示されていない

パソコンは「ノートPC」「デスクトップPC」どちらをお使いですか?
推奨サイズ以下の画面をお使いの場合、CALLTREEの画面が対応しておらず、最適のサイズで表示されていません。
画面サイズ変更で100%→90%→80%と表示させるサイズの変更を試みて下さい。
画面サイズの影響でコール履歴の項目が隠れているだけの可能性があります。
詳しくはこちらの『推奨環境』を参照。 ▶必要機材・推奨環境

■CSV抽出してもリスト毎での最終履歴しか残っていない、コール毎での履歴を抽出したい

顧客データの抽出(エクスポート機能)は大きく分けて2種類ございます。
リスト毎の抽出:結果には最終ステータスのみ、メモには蓄積された履歴の全テキストが一つのセル毎に横一行にまとまります。
履歴毎の抽出:コール毎の結果ステータス、コール毎のメモが一つのセル毎に横一行にまとまります。
※次のコールをする前に複数回に分けて履歴を保存した場合、コール毎の履歴は最終履歴に書き換わり、メモは複数回分の一つのセルにまとまります。

■オペレータ画面のコール履歴に蓄積する個数の定義を教えて下さい

コールをした回数=コール履歴に蓄積した履歴の個数
になるので、保存で履歴を残した回数ではありません。
※次のコールをする前に
・結果ステータスを別の結果ステータスに変更して保存をした
・複数に分けて結果ステータスの保存をした
・連続で保存ボタンを押してしまった
などの場合、履歴は最終的に保存をした履歴に書き換わり、コール履歴に追加される履歴は一つだけになります。

■CALLボタンが押せない、発信ができない、画面表示や動作が重い

  1. キャッシュが溜まり過ぎている可能性があります。
    【※キャッシュ処理方法※】
    キャッシュ処理のアプリケーションを起動して頂くか、Google Chrome側でキャッシュ処理(閲覧履歴を削除)をして下さい。
    詳しくはこちらの『Google Chromeキャッシュ処理方法』を参照。 ▶操作解説動画
    ブラウザーで操作するCTIシステムになりますので、キャッシュ処理は定期的に行って下さい。
    お勧め無料キャッシュ処理アプリケーション ▶『CCleaner』
  2. 不要なページ(タブ)や重いファイル・ツールを起動していませんか?
    推奨しているスペックのパソコンを使用していても、CALLTREEの利用時に他のパソコン作業を同時にするとCALLTREEの起動が遅くなる原因になります。
    CALLTREE利用時はパソコン作業を最低限に抑えて頂くか、他のパソコン作業を同時にしなければいけない場合は、推奨スペック以上のパソコンのご利用をお勧めします。
    詳しくはこちらの『推奨環境』を参照。 ▶必要機材・推奨環境

■コール履歴やその他項目の日時が00(ゼロゼロ)、エラーと思われる英文が表示される

誠に申し訳ございませんが不具合の可能性がありますが、緊急対応の方法をまずはお試し下さい。
詳しくは同ページの【※緊急対応の方法※】を参照。
また、他にも不具合と思われる表示や動作が確認できた場合は、お手数かとは存じますがお問い合わせ頂き、ご指摘して頂ければ幸いでございます。
050-5578-8864 10:30~20:00(土日も対応しております)
早急に対処と修復をさせて頂きます。
今後も現場主義で使い易いシステムに進化していく為、精進させて頂きます。