※※※緊急対応をお願い致します※※※

 

お世話になっております。
CALLTREEカスタマ―センターです。
日々、CALLTREEをお使い頂き誠にありがとうござます。
誠に申し訳ございません。
11月19日にGoogleChromeが最新版にアップデートが行われ、CALLTREEが「Declinedと表示されてコールできない」状況が報告されております。

最新版に対応する為に急ピッチで作業をさせて頂いております。
こちらのブラウザーでは動作確認が取れておりますので、こちらのブラウザーエンジンをお使い下さい。

▼新Microsoft Edgeでは、Google Chromeと同じ「Chromium(クロミウム)」ベースのエンジンを採用。

https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

※通常であれば、既にパソコンMicrosoft Edgeはインストールされております。
ただ、Microsoft EdgeもGoogleChrome同様、最新版にアップグレードされたら同じ現象になってしまう可能性があるので、アップグレードされないように操作が必要です。

※再起動、シャットダウン後に起動をしてしまうとリネームしても最新版になってしまうので、再起動・シャットダウンをせずにCALLTREEのアップグレードをお待ち下さい。

■Microsoft Edgeの自動更新を止める

以下、「Microsoft Edge」ではなく「GoogleChrome」で使いたい場合の内容となります。
対象になるのはアップデートしたパソコンとなり、アップデートしていないパソコンは通常通りご利用頂けます。
アップデートされてしまうタイミングが以下となります。

1、手動でアップデートを行う
2、パソコンの再起動を行う
3、パソコンをシャットダウン後、起動させる

誠に申し訳ございませんが、本日の夜に改善をさせて頂きますので、1~3を行わないようお願い申し上げます。
また、Googleの仕様上、1~3以外にアップデートされてしまう恐れもありますので、以下の対処をして頂けると自動アップデートを停止する事ができます。
作業自体の所要時間は10分弱で完了します。
お電話頂ければリモートでサポートさせて頂きます。

03-6774-0118

 

GoogleChromeのバージョンをダウングレードする方法

他のブラウザーエンジンでCALLTREEを使う方法もございます。 ▶詳しくはこちら

最初にやることは、GoogleChromeのアンインストール作業です。アンインストールしないで旧バージョンを入れようとすると干渉したり、適切にインストールできなかったりする可能性が高くなりますので、まずは必ずアンインストールを行って下さい。
また、アンインストールするとこの画面も閉じてしまうので、「Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefox」などのブラウザーで確認しながら作業するとやりやすいです。
※アンインストールする前に、念の為ブックマークやパスワードなどのバックアップの為、エクスポートをして下さい。
ブックマークを復元させる為にはインポートをして下さい。

【手順1】Chromeをアンインストールする
1、PCのスタート画面から「コントロールパネル」を起動 >2、「コントロールパネル」のメニュー内に「プログラムのアンインストール」をクリック >3、インストールされているソフト一覧が表示 >4、GoogleChromeを探し右クリックでメニューを表示 >5、「アンインストール」をクリックすれば完了です。

【手順2】旧バージョンのChromeをダウンロード&インストール
アンインストールができれば、次は旧バージョンのGoogleChromeを入手し、インストールしましょう。

64-bit はこちら

32-bit はこちら

【※注意点※】
インストール後、GoogleChromeのブラウザー画面が開きますが、すぐ閉じて下さい。長く開くと最新のバージョンになってしまいます。20~30秒くらいは開いても大丈夫です。

■Windows10 – 32ビット版か64ビット版かを確認
1、スタートボタンをクリック >2、表示されたスタートメニューの「歯車」アイコンをクリック >3、Windows の設定の「システム」をクリック >4、左メニューの下の方にある「バージョン情報」をクリック >5、Windows に関するバージョンなどが表示。その中の「システムの種類」から32/64ビットの確認ができます。

 

ブラウザーエンジンの自動更新を止める

ダウングレード後にGoogleChromeの自動更新を止めます。自動更新をストップしないと、勝手にGoogleChromeが最新のものに自動更新されてしまい、旧バージョンに戻す意味がなくなってしまいます。
※再起動、シャットダウン後に起動をしてしまうとリネームしても最新版になってしまうので、再起動・シャットダウンをせずにCALLTREEのアップグレードをお待ち下さい。
※Microsoft Edgeの場合も操作手順はほぼ同じとなります。

【手順1】GoogleUpdate ファイルのリネーム
「C:\Program Files (x86)>Google>Update」の中にある、「GoogleUpdate.exe」の名称を「GoogleUpdateStop.exe」に変更します。
※設定により「.exe」は表示されていない場合があります。

※Microsoft Edgeの場合は以下になります。

【手順2】バージョンの確認
1、「メニューアイコン」 >2、「ヘルプ」 >3、「Google Chrome について」の順に選択 >4、「バージョン確認」できます。
※「更新の確認中にエラーが発生しました」としばらく経つと表示されます。表示されれば、アップデートが停止された状態になっています。

※Microsoft Edgeの場合は以下になります。

【Chrome日本語化の方法】
英語版になるので、日本語化を行って下さい。
1、「メニューアイコン」 >2、「Settings」 >3、検索窓でLanguagesと入力 >4、「language」項目内にある右端「∨」をクリック >5、「add languages」をクリック >6、Japanese(日本語)を選択 >7、Japanese項目横「・・・」をクリック >8、「Display Google Chrome in this Language」にチェック >9、「Relaunch」をクリック >10、Chromeを閉じて再度画面を開くと日本語化されます。
※自動更新を止めた後に行って下さい。