チャンネル定義

3ライセンス・1番号 発信の場合

同時に3回線の発信まで可能、4回線目の発信は不可となります。

ppt01

※1 ライセンス数=同時通話数(回線数・チャネル数)になります。

5ライセンス・2番号 3番号 発信の場合

同時に5回線の発信まで可能、6回線目の発信は不可となります。
番号が複数ある場合、組み合わせはリアルタイムで自由、6回線目の発信が同様に不可となります。

ppt03

※2 ID数(オペレータ名の数)、ログイン中のID数はライセンス数(同時発信数)とは関係ありません。

2ライセンス・1番号 受電の場合

同時に2回線の受電まで可能、3回線目の受電は不可となります。

ppt02

4ライセンス・2番号 3番号 受電の場合

同時に4回線の受電まで可能、5回線目の受電は不可となります。
番号が複数ある場合、リアルタイムに組み合わせは自由、5回線目の受電が同様に不可となります。

ppt04

※3 ソフトフォン導入数(呼子させたいPC数)はライセンス数(同時受信数)より増やすことが可能です。(CALLTREEのオペレータID数に順ずる)
※4 呼子させる為には、呼子させるPCが全て起動している事が条件となります。(インターネット接続、ソフトフォン起動も含む)
※5 着信数に関係なく(※2)のパソコンは全て呼子はされます。
※6 ライセンス数から溢れた着信に関しては通話中、ガイダンスが流れます。(要設定)
※7 全てのライセンスが通話中の場合は、溢れた着信の呼子はされません。