Home ノウハウ集 システム活用テクニック マーケティングスキルとして必要なコールシステムの勉強や知るべき実態
CTIシステムの活用方法の一つがテレマーケティングのマネージャーによるCRM顧客管理

マーケティングスキルとして必要なコールシステムの勉強や知るべき実態

マーケティングスキルにも色々なものがあり、コールシステムも勉強するべきもの

マーケティングスキルには色々なものがありますがコールシステムも勉強するべき方法です

これは顧客へ一方的に電話を行うものでマーケティングの自働化で新規の開拓の営業も行いやすくなります

ただ、仕組みや知るべき実態を知らないとこれを行うのは難しく、しっかりとした仕組みなどを作ることも重要

テレマーケティングにおけるテレアポシステムのCRM顧客管理の活用方法やスパーバイザーの役割

このシステムを導入しても使い方が間違っていると意味がなくなります

上手に使いこなすことが必要で、顧客管理が重要で既に顧客になっている人は、徹底した管理をすることでリピート率も高めることが出来ます

 

顧客から忘れられないようにするために

基本的にマーケティングに詳しいとわかりやすいですが、顧客に対して定期的な情報を送ることは大切で、一斉にただメールを送信しただけだと気持ちも籠ってないので、顧客ごとに個別にメールを送るなどの工夫も欠かせません。

これはお客が会社のことを忘れないようにするためで、人は20日以上経過すると会社の存在自体も忘れてしまう可能性も高いです。

テレアポで新規顧客の獲得のために営業ツールを用いる場合のコスト

これは普段の生活が忙しくて会社のことを頭に残していく余裕がないためで、例外を除けば大体の人は存在すら忘れがちです。

忘れられないようにするためには、顧客へ2週間から20日に一度は連絡を入れることが必要で、ただし、あまり頻繁に入れていても嫌がられるので適度に距離を置きながら、約2週間から20日ほどで取ります。

 

大切なのはコールシステムそのものではなくて、顧客に対していかに満足をしてもらえるか

これは、特定の人だけが情報を保有していても意味がありません

いつ誰がどのタイミングで連絡をしたか、または、メールを送ったかなど情報を全てパソコンなどに入れておきます

例えば、常連のお客に対してメールを送ったのが3週間以上前だと、対応が既に遅くなっているので迅速に連絡を入れる必要があります。

これを行っていくことで常連の人には常に業者のことが頭の中にあることになります。

これもメールを送信するだけでなく、しっかりした商品やサービスの提供を行うことが大前提です。

コールセンターから始まるCTIシステムがこれからのECサイトを運営していく基本知識について

優良なシステムがあることは大変便利ですし、効率性も上がりますがそれだけに頼っていると本当に大切なことを見失います

大切なのはコールシステムそのものではなくて、顧客に対していかに満足をしてもらえるかの気持ちです。

その気持ちを続けて持つことが定期的な連絡にも繋がります。

 

見込み客の場合はどのようにアプローチすればよいか

一方で見込み客の場合はどのようにアプローチを行っていくかが問題です。

これは過去に連絡をとったことがあっても実際の商品の購入やサービスの契約にまでは至ってない人です。

契約に至ってない場合でも大きく分けると主に2種類あって、これから可能性がある人と全く可能性が無い人です。

全く可能性が無い人に頻繁に連絡をとっても意味がないので、その場合は諦めるしかありません。

ただ、可能性がないと考えていた場合でも後から契約を申し込んでくることも稀にあります。

これもかなり稀な例で、やはり可能性がある人だけに絞り込んでから定期的な連絡を取っていくのが率も良いです

飛び込み営業で売れる営業マンの心得とは何か

まだ、顧客になっていない人に対しては、どのようなメリットがあるかを明確にしておくことが大切です。

例えばビタミンなどのサプリメントを販売していて、お客さんがサプリメントを飲むことでどのような効果を得られるかを丁寧に説明する必要があります。

単に栄養があるからと言うだけでなく、お客がどのような効果を実感出来て何を手放すことになるかなどをイメージさせます

例えば、今まで以上に健康になれるなども重要で、そこから更に踏み込んで健康になったら何が出来るかなども想像できるように説明を行っていきます

お客が抱いているイメージを明確にすることはポイント、健康になることによって出来る事は数多くあって、これまでに旅などへ出かけることが難しかった場合でも、飲み続けることで希望している所へ旅行などにも行けるようになるとなれば大変すばらしいことです。

お客のイメージを明らかにすることを徹底させることも欠かせませんが、この情報も適度に管理しなければいけません。

 

コールシステムは色々な顧客の特性を理解することが大切

其の時にシステムを利用することで情報も明らかにしていくことが可能です。

数が少ないときにはこのようなシステム自体不要ですが、何百人もいるときや見込客だとさらにもっと人数がいるときには、一体誰へ連絡を取ったかさえ把握が難しいです

最近は365日営業をしている店なども多く、頻繁に連絡を取る人も入れ替わってしまい、この時に前の人がどのタイミングで連絡をしたかは、マーケティングの自働化の情報を見ることで判断出来ます

コールセンター業務を円滑にするCTIシステムによる、データ分析・データ結合・一元管理機能

使い方次第で顧客を多く導いてから売り上げを伸ばすかも決まってきます

コールシステムは色々な顧客の特性を理解してから最適な情報を与えることが大切な要素です。

それにはニーズを色々な情報の中から的確に引き出していきこれを定量的にまとめて、自社の商品やサービスと関連づけることが欠かせず、そのためのマーケティングスキルも磨くことが欠かせません。

積極的勉強をしていくことで新たな客層や利益アップにもつながっていきます

Share: