Home ノウハウ集 選び方・ポイント テレアポシステムサービスの費用とECサイトからの受注を受けるコールセンター運営会社
楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する

テレアポシステムサービスの費用とECサイトからの受注を受けるコールセンター運営会社

テレアポシステムサービスとは

新規のお客様を獲得したいが営業のマンパワーが足りないので新規顧客のテレアポに対して充分に時間を確保することが出来なかったり、展示会などで収集した見込み顧客のリストや情報はあるが、アポイントを獲得したり売上を上げることに結び付かないということは、少なくありません。

そのような問題を抱えている会社を支援するのが、テレアポシステムサービスです。

テレアポの営業で用いるシステムの比較

このサービスでは原則として依頼した会社が所持しているリストを使って、非常に適しているトークスクリプトを考案してテレアポ業務を代行してくれます。

 

サービスにより異なる料金

料金体系は完全成果報酬型一部成果報酬型コール課金型などテレアポシステムサービスにより異なる訳です。

テレアポシステムサービスの内容によっては、依頼した会社が提供したリストを最適化してくれる場合もあります。

依頼した会社や取り扱っている商品、サービスに関してテレアポを代行する会社がヒアリングをした上でトークスクリプトを考案してくれるのです。

コールセンターやECサイトの運営・オムニチャネルで威力を発揮するプレディレクティブコール

このトークスクリプトに基づいて、テレアポを代行する会社がアポイントを獲得するために営業電話をかけてくれます

定期的にテレアポを代行する会社から、依頼した会社にコール件数や獲得したアポイントが報告される訳です。

 

サービス内容を比べる

テレアポシステムサービスの中には、訪問営業も代行してくれる場合もあります。

サービス内容を比べる上でポイントとなるのは、誰がテレアポを代行するかということです。

コールセンターを運営している会社や実績が豊富なアポインターが担当するときには通話の品質が高いことが期待出来ます

アウトバウンドでのテレアポ営業で架電システムを効率良く使うには

トークスクリプトが、どのようなプロセスを経て考案されるかもポイントです。

丁寧にヒアリングを行ってくれたり専門テンプレートが用意されている場合は、トークスクリプトが効果的な内容になっていることが期待出来ます。

こまめにコール件数や獲得したアポイントの報告をしてくれる会社だと、安心して依頼することが可能です。

通話内容を録音して、音声データを提供してくれる場合があります。

 

一般的な料金体系

料金体系は完全成果報酬型一部成果報酬型コール課金型などがあるので獲得してもらいたいアポイントの内容や、1件の成約で予想される収益などに合わせて、

妥当な料金になるサービスを比較検討することが必要です

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

依頼する会社の営業スタッフの人数が大幅に足りないときには、訪問営業も代行している会社もあるため、テレアポシステムサービスと一緒に検討するのが良い方法になります。

テレアポシステムサービスのイニシャルコストの相場はおよそ2万円から5万円ぐらいでコール件数に応じた費用は1件あたり、およそ100円ぐらいです

 

一部成果報酬型のサービスとは

テレアポを代行するサービスは、イニシャルコストコール件数に応じた料金が生じる料金体系が一般的となります。

最初に電話をかけたときに不在だったところに再び電話を入れるかどうかによっても料金が異なるのです。

イニシャルコストとコール件数に応じた料金だけではなく、獲得したアポイントの件数に応じた費用が生じる一部成果報酬型のサービスも少なくありません。

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

中にはイニシャルコストやコール件数に関係なく完全成果報酬型の料金体系もあるのですが、あまり一般的ではないです。

訪問営業を行うことが出来る営業スタッフの人数がそれなりに確保されていて、効率的に営業を行いたいときにはイニシャルコストとコール件数に応じた料金が発生する料金体系が適しています。

訪問営業がきっかけで成約に繋がる可能性が高く、1件成約するとそれなりの金額の売上が上がるときには、一部成果報酬型の料金体系を選ぶのが良い方法です。

 

インバウンドサービスを運営しているコールセンター

その一方でインバウンドサービスを運営しているコールセンター通信販売番組やネット通販ECサイトなどからの問い合わせや注文の電話に応対しますが、他にも色々な業務を行っています。

インバウンドサービスを運営しているコールセンターは通信販売番組やネット通販ECサイトなどからの受注予約、問い合わせに対応するだけではなく事務所などに入った電話を受け折り返したり、リコール処理クレーム対応などを行う訳です。

CTIシステムでならコールセンターやECサイトの運営を効率化できる

他にも不具合が発生したときや突発的なトラブルが起こったときに緊急窓口として対応してくれたり、テクニカルサポートとして技術的な専門性が高い問い合わせに対応してくれたりします。

主に規模小さな会社や個人事業主に対して電話秘書として対応してくれたり、電話を受けた内容や在庫データなどを入力する作業を代行してくれたりする場合もあるのです。

 

電話以外の対応や対応時間

電話以外の電子メールやチャットでの問い合わせに対応してくれる場合もあります。

どの業務を依頼するのかによりスタッフの人数は違ってくる上に、内容によっては専門知識を持ったスタッフが在籍していない場合もあります

MAツールの一つで電話と連携する「CTIシステム」の管理や分析機能について

そして、平日だけ対応する場合と土日祝日も対応する場合や営業時間にだけ受け付けているのか24時間365日受け付けているのかどうかによっても総合的な費用は大幅に異なるのです。

Share: