Home ノウハウ集 アウトバウンド パソコンで活用できる営業支援ツールはテレアポを効果的に行えクラウド型の顧客管理が可能です
テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

パソコンで活用できる営業支援ツールはテレアポを効果的に行えクラウド型の顧客管理が可能です

テレアポを活用するには

アウトバウンドとも呼ばれるテレアポを活用するには、待ちの営業スタイルではなく積極的に売り込みをすることが重要です。

営業職として活躍をしている方の事例では、主に顧客に対して直接に足を運んで販売をするというスタンスが一般的ですが、テレアポの場合は電話にて販売に持ち込んだり、営業スタッフをサポートするように、顧客に対して商談のきかっけ作りを行う仕事に分類できます。

どちらのケースでも、直接に営業に出掛けることに対して効率的ではないという営業内容の場合は、会社にとって重要なポジションを占めていることになります。

オートコールシステムとテレアポ營業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

普通の会社は営業努力によって初めて利益を生む出すことになり、それが無ければ会社運営を継続することができないので重要です。

売上げを高めることにより、社内で仕事をしている全ての方の給料を賄っていることになることから、少しでも数字をアップさせることは急務です。

テレアポでアウトバウンド型の場合は営業支援ツールを使う方法も現在では注目されるようになりました。

手書きなどアナログの方法ではなく、パソコンソフトによるクラウド型として提供をしていることが基本前提でもあり、今では欠かせないツールとして扱われるようになりました。

 

顧客管理を徹底して行える

どの部分が優れているかと言えば、各クラウド型の営業支援ツールによって多少の違いはあるものの、まずは顧客管理を徹底して行えるという基本性能が魅力的です。

右も左も分からない状態、相手先の情報を知らないままで無暗に電話を掛けていても意味を成さないものにしてしまいます。

販売する商品にマッチしていない方には何度電話をしても契約に結び付けることができないばかりか、時間だけが経過してしまい結果的に1日で無駄な時間が増えてしまうということも決して珍しいことではありません。

そこでクラウド型の営業支援ツールを用いてみると、徹底した顧客管理を行うことができ、名簿の登録作業から過去の動向、顧客の過去歴や以前に電話掛けをした際の会話内容までパソコン画面から瞬時に情報を見つけることができるので、非常に効率的で生産的な仕事を行うことができるという内容です。

マーケティングオートメーションの見込み顧客の獲得は営業部門との連携が重要!CTIシステムの活用も一つ

例えばある方は以前に腹筋用のマシンを購入したとします。

この情報もツール内に登録することができ、購入された日時や住所、電話番号など細かな個人情報も合わせて登録できます。

その後2年程度の期間を経て、最新の健康機器を販売するような際には、この方の場合は購入してもらえる可能性が非常に高いとも判断できるので、このタイミングで再度テレアポによって営業をかけてみることで成果を上げることができるという使い方も可能です。

いかに効率良く、漏れが生じないように時間を効果的に使いながら営業利益をアップさせるということが営業支援ツールの持つ魅力になるので、売上高をアップさせることには今では必須ツールといっても過言ではありません。

以前の古い時代ではいわゆるミスマッチのテレアポも存在していたことも事実です。

例えば大学生に向けて保険商品の電話案内をしていたり、既に結婚をしている方に結婚情報や結婚指輪などの案内電話が掛かってきたりと、以前は情報管理が上手くできていなかったという時代的背景がありました。

このような場合、双方にとって時間的にもデメリットしか感じることができずに、更に同じ人物に対して2回、3回と同じ趣旨の電話をしてしまうということもあったので、手先に対して嫌悪感を抱かれても仕方の無い状態です。

 

営業支援ツールを用いる

新しいクラウド型の営業支援ツールを用いると、顧客管理を徹底するだけではなく、過去歴も当然ながら登録でき、尚且つ電話中の会話内容次第では、今後はあるジャンルの商品では電話を掛けることを止めなければならないという方の特異な情報でも登録できます。

労働時間やテレアポを行える時間帯というのはある程度決まっています。

例えばサラリーマンの方には午前中から夕方の時間帯に掛けては、電話をすることには不向きです。

主婦をメインにする際には名簿を見ながら日中でも発信できますが、基本はどのような方でも夜間遅くから早朝に掛けては活動をすることができません。

これがインバウンドではなくアウトバウンドの特徴でもあるので、アウトバウンドで攻めの営業をする際には、限られた時間内で効率的に契約に結び付けるアポを取ることが必要になることから、貴重な時間を有効活用するということには重要性が出てくるものです。

CTIシステムが導入されたコールセンターの営業!?個人への新規開拓にも繋がる?

既に導入をしている会社や、これから新規に部門を開設するような会社でも、営業支援ツールは数多くの会社から提供されています。

機能性によって料金は異なることになり、自社にとって必要不可欠な機能が備わっているものを探すことは大切です。

もしも判断に迷ってしまった際には、ネット上で情報を集めたり、ランキングをチェックする方法もありますが、料金面も含めて気になった会社のツールを見つけることができた際には、問い合わせをしてみると、営業スタッフの方が直接に会社まで来てくれて、機能性や操作性を具体的に案内してもらえるので安心できるのではないでしょうか。

Share: