Home ノウハウ集 テレワーク 人手不足に対応する在宅コールセンターとクラウドシステム
在宅コールセンターシステムでのテレワークのメリットを知ろう

人手不足に対応する在宅コールセンターとクラウドシステム

どの企業も人員の確保に苦労しています

顧客対応を担うコールセンターは、従来は企業が設備や人材を用意して、自社で提供する形だったのが一般的ですしかし近年は人手不足が表面化しており、どの企業も人員の確保に苦労しているのが実情だといえます。

原因の1つは全体的な労働力の不足で、単純に労働人口が減少して人手が足りなくなっているというものです。

また、長時間クレーム対応などに追われることから、ストレスが大きく離職率が高いデータがあります。

他にも、働きやすさや待遇の改善のように、見直すべきポイントはいくつもあると考えられます。

このような状況に対応するべく、企業は在宅コールセンターやクラウドシステムを利用して、人手不足の影響を最小限に抑えています。

在宅コールセンターは名前の通り、オペレーターが自宅を拠点に業務に従事する働き方のことです。

テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは

企業はコールセンターを用意する必要がなく、オペレーターは出社が不要ですから、双方にとって大きなメリットがあります。

通勤自体が不要になるので、例えば子育て中で働きに出るのが難しかったり、すきま時間で稼ぎたい人に朗報です。

コールセンター業務はそれなりに専門的ですが、在宅といってもマニュアルが用意されたり、研修の機会も設けられているので安心です。

逆にいえば、このシステムの利用を検討する企業にとっては、信頼したり安心して任せられることを意味します。

オペレーターはクレーム対応の印象が強いですが、実は通販の電話注文受け付けや、機械の操作を案内する仕事が少なくないです。

 

 

在宅ではたくさんのメリットがある

電話の相手に分かりやすく伝える、それが在宅コールセンターに求められている仕事で、やりがいが感じられる業務となります。

この仕事は、数ある在宅ワークと比較しても、給与条件が良かったり満足感が優れています。

理由はやはり、在宅でコールセンター業務にあたるシステムなので、企業がコストを削減できたり、自分のペースで働けるからでしょう。

浮いたコストは給与に充てられますから、働く人は通勤が不要な上に自宅で働けるにも関わらず、収入が増える結果に至ります。

すきま時間を活かしたいのであれば、働きやすく給与が良くてやりがいも感じられる、人に役立つ在宅コールセンターが狙い目です。

企業には、人手不足対策が必要不可欠で、時代に合わせた顧客対応が欠かせませんから、クラウドを活用したシステムの構築や利用に検討の余地があります。

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

クラウドは雲のように内部が見えませんが、しかし、確かにサービスが機能するのが特徴で、コールセンターなら顧客対応業務が実現します。

メリットは自社でシステムを用意する必要がなく、また、人材を直接雇用する必要もないことです。

多くの場合は外部に委託する形で、クラウド活用のコールセンターを用意することが可能です。

料金体系は提供サービスによりますが、初期費用や基本料金は無料で、使った分だけ支払う従量課金制を採用しているケースが多いです。

1件あたりいくらと単価が決められていますから、利用を始める前にコストを算出したり、検討材料として活かすことができます。

クラウドの採用を検討する企業の担当者にとっては、予算を出してもらう説得材料になるので、この点もまた魅力的だといえるでしょう。

 

人手不足時代を乗り越える為の一手

内部が見えないと、どういった人が働いていてどのような顧客対応が行われるか不安、そういう声が出てくるのも事実です。

目に見えないといっても、クラウド型コールセンターを提供する企業は、研修を通じて人材教育を行い、個人情報の保護やセキュリティ意識を高めています。

顧客の希望を汲み取って適切に対応する、そういった教育を受けたオペレーターばかりなので、サービスの利用を検討する企業は安心です。

働きやすい在宅コールセンターの形で人材を確保していますし、好待遇で求人を出すことによって、人手不足を解消します。

コストはサービス利用の企業が負担する形ですが、コールセンターの規模拡大や縮小が無理なく行えたり、直接雇用の負担とリスクを負わなくても良いのは魅力です。

人手不足が叫ばれている業界では、人材確保の競争激化により、人材1人あたりの雇用コストが増加しています。

コスト削減には通信費の見直しから

 

その為、オペレーターをまとめて雇用するのは何処も難しくなっていて、維持コストも馬鹿にならないのが事実です。

在宅コールセンターの登場はまさに、この人手不足時代を乗り越える為の一手で、顧客対応の質を下げずに維持できる決め手となり得ます。

大手企業と取引実績のあるサービスや、充実した手厚い内容で様々なニーズに応える、そんな魅力的なサービスもあります。

コストは料金体系の違いもあって様々ですが、従量課金制はコスト面の不安がなく、低いハードルで導入しやすいのが魅力です。

何よりも、システム構築のコストと期間が不要で、契約を結べば直ぐにでも利用を始められます。

中には24時間対応のサービスまでありますから、自社でコールセンターを運用する場合と比べて、更に顧客対応の質を高めることもできるわけです。

Share: