Home ノウハウ集 センター運用 クラウド型のオートコールシステムはコスパのよいシステムによる電話代行のテレアポ営業
CTIシステムのデータ分析に営業手法のノウハウを生かす方法

クラウド型のオートコールシステムはコスパのよいシステムによる電話代行のテレアポ営業

オートコールシステム

テレアポを営業において、昨今注目されている方法の一つがクラウド型のオートコールシステムです。

このシステムは合成音声によってメッセージを伝える電話業務や自動化サービスで、電話番号とテキスト通知文をシステム登録し、テキスト を音声変換して、自動で電話をかけたい相手にメッセージ伝えるという電話通知や督促業務システムです。

その際、システムによる発信状況や発信結果がリアルタイムで取得できたり確認できたりするという特徴もあります。

オートコールシステムは、メンバーの電話番号にたいして多回線で自動発信を行い、音声によるメッセージ再生を行うシステムで、人によるテレアポ営業ではないため、圧倒的にリーズナブルな価格で販促活動を行うことができて、情報を伝えることが可能というメリットがあります。

営業やテレアポでのCTIシステム活用事例とそのノウハウ

オートコールシステムは声のダイレクトメールともいえ、一斉に同じ情報内容を伝達できますし、登録された電話番号ごとに同内容で発信時刻を指定して伝達することもできます。

伝達に使われる音声も、音声合成と連携させて、電話をかける相手に合わせて音声メッセージを変えることもできます。

このシステムの大きな特徴は、多回線利用によって一斉に多くの人々に対して発信することができ、短時間での大量発信が可能という点です。

このシステムは1回線の小規模なものから100回線という大規模なシステムまで、クライアントの要望に合せて改選数を選択できたり、インターネットによる接続で利用可能な回線を用いることで安く利用することができます。

そのため、務に関するコストを抑えられるのです。

さらに、アウトバウンドだけではなく、コールした相手側にプシュボタンによる操作を行ってもらえるので、双方向によるコミュニケーションも可能です。

 

オートコールシステム導入までの流れ

このようなオートコールシステムはベースとなる基幹システムとデータを連携させることで音声合成するなどの柔軟なカスタマイズを行うことができるといったメリットの他、電話業務を自動化して希望に沿った発信ボリュームや条件で発信できます。

したがって、既存の電話代行などによる販促活動やオペレーターによるテレアポ営業電話業務と比較すると、大幅にコスト削減を行うことができるのです。

このシステムはクラウド型のサービスであるため、導入も簡単に行うことができ、インターネットに接続されたパソコンがあれば可能で、ソフトウエアのインストールも不要という手軽さがあります。

では、この様に便利なシステムをどのように導入することができるのでしょうか?そこで、オートコールシステム導入までの流れについてご紹介してみたいと思います。

個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ

このシステムを導入するという場合、契約から納品まで概ね4ヶ月くらいから半年くらいの期間が必要で、まずはシステム導入に関するサービス紹介やニーズを伝えるヒアリングというプロセスがあります。

ヒアリングではどのような目的でどのような相手にコールをしたいのかということや、どのような仕様で用いたいのかと言った点等、システムに関するニーズや予算などを伝えます。

その後、そうしたニーズに基づき、システムに関する提案を受けることができます。

そうした提案を検討し、導入の意向を伝えると、システム設計というプロセスに移行します。

このプロセスでは具体的な提案に基づいて、クライアント側のニーズに沿ったシステムが設計されていきます。

システム設計のためのプログラミングが行われ、その検証などもおこなわれ、クライアントのニーズが反映されたシステムとなっていることが確認されます。

そうしたら、いよいよシステムの導入というプロセスになります。

 

テレアポ営業のオートコール化

システム導入を経て、顧客側が実際にオートコールシステムを活用することが可能になり、販促のためのテレアポ営業などでシステムが利用可能になります。

その後は、運用とサポートサービスを受けながらシステムを使用し、定期的なヒアリングを受け、その時に示された意見やニーズなどを基にシステムの改善などが行われ、具体的なスステムの中に取り入れられていくという流れになります。

このようなサイクルでシステムの導入やその後の運用が行われます。

アウトバウンド型CTIシステムのテレマーケティングや営業マネージャーでの活用事例

このシステムを取り入れると、テレアポ営業をオートコール化することができ、低価格でテレアポ営業を行うことが可能になります。

また、コールは多回線で掛けることも可能なため、一度に多くの相手に対してコールをすることができますので効率も良いというメリットもあります。

さらに、電話を受けた側が興味を持った場合に、プシュボタンによる操作が可能になり、双方向でコミュニケーションをすることが可能です。

このように、このシステムはクラウド上で提供され、インターネットに接続されたパソコンがあれば導入できるという方法で、ソフトのインストールの手間もありません。

顧客側のニーズに応じた音声が選択できるという点などの、メリットもある販促方法です。

Share: