MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

Home ノウハウ集 システム活用テクニック MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う
MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

 

優良顧客になってもらうまでには

 

MAツールCTIシステムと連携させた上で、優良顧客ナーチャリングを狙うという事を考える必要性があるのかもしれません。

 

全ての企業が優良顧客の獲得を考える時代になったのですが、顧客はいきなり優良顧客になるというわけでは無く、様々なサービスを利用していく段階で徐々に成長していくものだという事が分かってきた事が背景にあるのです。

 

いきなり、ある企業の商品やサービスが気に入って、そこのファンになるという人もいるかもしれませんが、何度も利用しているうちに、これは良いモノだという実感をするなどして、だんだんとその商品なりサービスなりが気に入り、それを提供している企業をすきになってくれるというのが一般的なところなのです。

 

 

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

 

 

ということは、優良顧客になってもらうまでには、段階を得る必要があって、その時に対応したサービスを提供することが必要になる事も分かるはず。

 

そして、それがどういうモノなのかを、MAツールなどを利用して分析をしてCTIシステムに反映させるなどの事を考える必要があるわけです。

 

 

 

顧客に特典を付ける意図とは?

基本的に今の企業のほとんどのサービスをお客を囲い込んでから行っていると考えていいでしょう。

 

最近は何処でもポイントサービスは当たり前のように行われていますが、このポイントサービスは企業の顧客囲い込みの方法の最たるものです。

 

場合によっては、これがスタンプになっていたり、おまけになっていたりする事もありますが、自社のサービスを利用した人だけに、特典としてもらう事が出来るモノをつける事によって、お客が他のお店に行かないようにしているというわけです。

 

他のお店に行けば、そのお店のポイントはつかないわけですから、ポイントを集めている人はこれを目当てにサービスを利用してくれる事になります。

 

 

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

 

 

どこでもいいというような場合では、最も大きくのポイントを獲得することが出来るところで利用するという事も今は当たり前になっていると考えていいでしょう。

 

つまり、これも一つの顧客ナーチャリングの一つの方法と考えてもよいはずです。

 

ポイントサービスを始める前は、普通のお客さんだったものが、そのサービスが始まってからはほとんどの買い物を自社でしてくれるようになったという事になれば、これは大きな収益が会社にもたらされるということになり、上手く優良顧客を獲得することが出来たという事になります。

 

 

利用者とwinwinの関係性になる為には

このシステムの凄いところは、利用者とサービスを提供しているところが双方ともに得をするというwinwinの関係性にあるというところにあります。

 

その為、これほど一気に日本中に浸透したという事が言えるのかもしれません。

 

さらに言えば、カード会社も関係してきて、カード会社も利益が出るという事で、三方全てが得をすることが出来るという事になっています。

 

利用者はポイントをもらう事で、ポイントがたまれば、後でこれを商品やサービスに変える事が出来ますし、場合によっては現金に換えるような事が出来る場合もあったりします。

 

サービスを提供している会社は収益が上がりますし、カード会社は利用者が多くなり、利益が上がるという事になっていきます。

 

 

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

 

 

このような形で上手く、システムが出来上がるという事も極めて稀という事はありますが、それでもこれで企業は優良顧客を獲得することが出来るようになるわけですから、このポイントサービスというのは極めて重要な戦略となると考えなければなりません。

 

別にどのようなシステムで顧客の需要に応えるのかはその企業が考えて答えを出していくしかありませんが、少なくとも魅力的な方法という事にはなるでしょう。

 

新しいサービスを作り出すという事になれば、これはとてつもないリスクを伴うことになりますが、このポイントサービスは新しいサービスでも何でもないので、特に難しい事を考えるモノでもありません。

 

 

 

優良顧客からの宣伝効果とは?

顧客の囲い込みが出来ると、利益が安定するということの他にも、更に顧客が増えやすくなるという事もあります。

 

人は気に入ったサービスがあれば、それを黙っているという事も少ないものです。

 

それを他人に話して、自慢したり、すすめたりするというような事もするのです。

 

ですから、ある程度の優良顧客を獲得することが出来るようになると、その人達が勝手に企業やサービスの宣伝をしてくれて、会員の獲得や商品やサービスの売り上げアップに協力をするというよ事にもなります。

 

特に今はSNSが当たり前のように使用されている時代なので、こうしたものを活用して、この会社のこのサービスは凄いよというように言わせることが出来ると、圧倒的な宣伝力を持つようになります。

 

 

MAツールはCTIシステムと連携させて顧客ナーチャリングを狙う

 

 

何故なら、このような優良顧客は会社と利害関係がありませんから、その言葉には真実味があるのです。

 

テレビなどの広告では、誇張表現が当たり前になっているので、何を褒めても広告だからで終わってしまいますが、広告塔でも何でもない第三者が、これは凄いというように説明してくれると、成程というように信じやすくなるわけです。

 

このような優良顧客が出てくれば、これは当然大きな力になります。

 

Share: