テレアポの営業で用いるシステムの比較

Home ノウハウ集 現場育成 テレアポの営業で用いるシステムの比較
テレアポの営業で用いるシステムの比較

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

どうすれば相手に話を聞いてもらえるか?

 

ビジネスの世界では、待っているだけでお客さんが増えていくことはほとんどありません。

 

知名度の高い企業でもない限り、積極的にアプローチをかけていくことが求められるのです。

 

そのため、顧客を獲得するための努力を重ねていくことになります。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

どのような方法を用いるかは企業によって異なるわけですが、多くの企業で用いられているのが電話によるアプローチです。

 

しかし、電話を受ける側から見ると、いきなり余計な電話がかかってくることで自分の仕事を邪魔されることになるため、このような電話は歓迎されないことが少なくありません。

 

電話による営業活動、すなわちテレアポを成功させるためには、どうすれば相手に話を聞いてもらえるかを考える必要があるのです。

 

やみくもに電話をかけ続けているのでは、いつまで経っても切られてしまうだけで、顧客獲得につながりません。

 

 

 

使いやすいシステムを導入しましょう!

 

電話をすること自体は簡単ですが、相手にきちんと話を聞いてもらうことは難しいです。

 

たいていの人は、営業の電話だと分かった時点で話を切り上げようとします。

 

しかし、しっかりと工夫をしていれば話を聞いてもらえるチャンスが生まれるのです。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

そのためには、使いやすいシステムを導入することが欠かせません。

 

 

手当たり次第に電話をかけ続けるよりも、良質なシステムを使って効率的に電話をする方が顧客獲得につながる可能性は高いです。

 

 

ただし、さまざまなシステムが存在していることに注意しなければなりません。

 

他の企業にとっては使いやすいと感じていても、自分の企業には向いていないというケースも意外とあるのです。

 

最初から1つに決めてしまうのではなく、複数を比較することから始めると失敗しにくくなります。

 

 

 

導入前に機能や設定を確認しましょう!

 

明確な用件があって電話をする場合は、特に効率性のことを意識する必要がありません。

 

しかし営業の一環でかける電話の場合、相手がどのような人なのかさえ分からない状態で電話をすることになるため、効率性を重視することが大切です。

 

たとえば、電話番号の数字を1つずつ押さなければならないのは非常に効率が悪いですが、よくかける相手の番号を登録しておいてワンプッシュでかけられる設定になっていればスムーズになります。

 

また、かけ間違えてしまうリスクもなくなるため、トラブルが起こらないメリットも生まれるのです。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

このようなことは当然だと思われがちですが、あらゆるシステムに組み込まれている設定ではありません。

 

導入する前に、しっかりと確認することが大切です。

 

 

 

気持ちの切り替えをしやすくする事も可能!

 

テレアポの業務に携わるときは、そもそも失敗してしまうことが大半で、成功する可能性の方が低いという認識を持っている必要があります。

 

このような認識がないまま電話をかけ続けていくと、いつまで経っても成功しないことがストレスになってしまいます。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

自分が電話を受ける側になったことを考えてみれば、すぐに切りたくなる気持ちも理解できるはずです。

 

あっさり切られてしまっても、すぐに気持ちを切り替えて次の相手に電話をすることが求められます。

 

 

テレアポの業務を行うのに適したシステムがあれば、このような気持ちの切り替えもしやすくなってよいです。

 

 

複数をきちんと比較してみると、なんとなく使いやすそうなだけなのか、本当に使いやすいのかが見えてきます。

 

 

 

録音機能で結果に繋がる改善が可能です

 

テレアポに限ったことではないのですが、ビジネスの世界で電話をするときは、会話の内容を録音しておくことが極めて重要な意味を持ちます。

 

 

どのような話をしたのか、相手の返事がどうだったのか、どのような流れで提案をしたのか、といった点を後から確認できる状況を作っておくことが大切です。

 

 

初回の電話では短い時間で切られてしまったとしても、録音していた内容を聞いて反省することで、次はきちんと話を聞いてもらえるように準備することができます。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

同じ失敗を何度も繰り返しているのでは、せっかく時間をかけて電話をしている意味がありません。

 

営業というのは失敗が続くものなので、すぐに成果が出ないからといって簡単に諦めてしまう必要はないといえます。

 

しかし、少しずつ話の内容に変化を加え最終的には成果が出るように工夫しなければなりません。

 

 

 

それまでの経験が意味のあるものと気づく時とは?

 

テレアポの業務で電話を繰り返しかけていると、次第にマンネリ化してしまい、同じような話し方になっていくことが多いです。

 

このような状況は電話を受けた相手も容易に気づくため、また同じことを話している、というように思われ、いつまでも話を聞いてもらえないままになります。

 

 

テレアポの営業で用いるシステムの比較

 

 

きちんと録音しておけば、同じような話を繰り返すことがなくなり、徐々に相手に興味を持ってもらえる可能性が出てくるのです。

 

最初のうちは大変なことばかりだと思えますが、しっかり話を聞いてもらえる相手に出会えたとき、それまでの経験が意味のあるものだったと気づき、モチベーションが高まります。

 

テレアポの業務で役立つシステムを正しく選ぶようにすることが、営業活動の成功に大きく貢献します。

 

 

Share: