テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能


p80RF3-6MY

 

新規の顧客を獲得するには電話が重要!

 

 

新たな顧客を獲得する方法というのは、たいていの企業にとって頭を悩ませる問題の1つです。

 

魅力的な製品を販売していたとしても、そう簡単に顧客は増えていきません

 

長年にわたる地道な努力の結果として、少しずつリピーターができていくものです。

 

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

 

 

そのような状態になるまでの間は、さまざまな方法を用いて積極的に顧客を獲得する工夫をしなければなりません。

 

取りうる方法は1つに限られていないため、企業ごとに適したものを選ぶことになります。

 

ただ、多くの企業が採用している方法として挙げられるのは電話をかけることなので、一般的には電話を重視して顧客獲得を目指すことになるのです。

 

 

 

テレアポは単純作業じゃない

 

電話業務にはインバウンドアウトバウンドの2種類があり、それぞれ電話を受ける業務・電話をかける業務が中心となります。

 

新たな顧客を獲得するために重視するべきなのは、言うまでもなくアウトバウンドの業務です。

 

お客さんの側から電話がかかってくるのを待っていても、新規の顧客は増えません。

 

アウトバウンドの業務と一口に言っても、さまざまな方法があるものです。

 

一般的には、電話をかけてアポイントを取るのを目指すテレアポの業務が思い浮かびます。

 

 

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

 

 

テレアポというと、とにかく手当たり次第に電話をかけ、話を聞いてくれる相手を見つけるイメージが強いですが、それほど単純な業務ではありません。

 

ある程度は手当たり次第に電話することも必要ですが、それで話を聞いてくれる相手が見つかることは少ないです。

 

たいていの人は、営業に関する電話がかかってくることを嫌がるため、営業目的だと伝わった時点で電話を切られてしまいます。

 

同じ相手に何度も電話をすると、ますます嫌がられるだけになるので注意が必要です。

 

1回で諦めてしまう必要はないものの、最高でも3回くらいまでにとどめるべきだといえます。

 

電話をかける側としても、話を全く聞いてもらえない状況が続くとストレスにつながり、次の電話をかけることも嫌になってしまうものです。

 

そのため、少しでもテレアポの業務を円滑に進めることができるシステム・ツールを導入することを考えなければなりません。

 

 

 

円滑に進められるシステムとツールは?

 

さまざまなシステム・ツールが開発されているため、使いやすいと感じるものを選ぶことが大切です。

 

システム・ツールの助けを借りずに顧客獲得ができれば誰も苦労しません。

 

たいていの場合、システム・ツールを積極的に活用しています。

 

 

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

 

 

ただし、やみくもにシステム・ツールを導入するのでは意味がありません。

 

使いにくいものを選んでしまうと、使い方に慣れるまでに時間がかかり、いつまでも本格的な営業活動に専念することができなくなるのです。

 

また、必死に使えるようにしたのに顧客獲得に結び付かなかったというのでは、モチベーションの低下につながるのが分かり切っています。

 

 

クラウドは使いやすさ・コストの点で優れている!

 

使いやすさを重視して選ぶ場合、クラウドで使える営業支援ツールを取り入れるのがよいです。

 

クラウドで使うようにすれば、使用する端末が変わったときでも同じシステム・ツールを使い続けることができます。

 

また、コストの観点から見ても、クラウドというのは優れているのです。

 

 

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

 

 

テレアポに限らず、どのような業務を行う場合でもコストを度外視することはできません。

 

可能な限りコストダウンを図ることで、必要な部分にしっかりとお金をかけられるようにする必要があります。

 

 

基本的な機能を理解したら電話業務に入ろう

 

また、使いやすいクラウドの営業支援ツールを導入したからといって、それだけで安心してしまうのは早計です。

 

 

営業支援ツールの使い方に慣れることは、あくまでもテレアポの業務を円滑に進めるための第一歩に過ぎません。

 

きちんと使いこなせるようになった上で、どうすれば新規の顧客を獲得できるかを考えていかなければならないのです。

 

 

営業支援ツールを導入したときは、最初に搭載されている機能を確実に理解することから始めます。

 

もちろん、いきなりすべての機能をマスターするのは困難なので、まずはよく用いる基本的な機能を把握するのです。

 

この段階で時間を使いすぎてしまうと、なかなか顧客獲得の対策に乗り出すことができません。

 

基本的な機能さえ理解できたら、すぐに電話業務に入るようにすることが大切です。

 

 

テレアポに役立つクラウドの営業支援ツールの機能

 

 

電話業務を少数で行っている企業は珍しく、たいていはフロア全体で電話業務に臨むようにしています。

 

クラウドの営業支援ツールを導入したときには、当然のことながら電話業務に携わるすべてのスタッフが機能について理解しなければなりません。

 

どうしても理解度には差が出てしまうので、理解度の高いスタッフとそうでないスタッフとを分け、それぞれに適した業務を割り振るのも成功するためのポイントになります。

 

既存の顧客であれば、電話の際に多少の不手際があっても待ってもらえる可能性がありますが、新規の顧客となると待ってもらえないことが多いです。

 

業務の中で営業支援ツールの機能を確認するのは困難なので、常に理解度を高める努力をしなければなりません。

 

 

関連記事