コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方


コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方

 

コールシステムの導入で無駄をなくす

 

日本には、たくさんの商品が流通していますが、これらの商品のうちインターネットで扱うものが増加してきました。

 

インターネットは、だれでも気軽にアクセスすることができる商品を購入することも可能になります。

 

その一方で、昔からのやり方でコールセンターから商品を売り込む場合やサービスを売り込む場合もあります。

 

一方で、コールセンターの場合には購入したお客さんからの商品のクレームを受け付けたり、質問を受け付ける形のものも存在しているわけです。

 

それぞれインターネットが出た現在においてとても重要な役割をはたしていることは言うまでもありません。

 

従来の形と異なり、少しずつ進化しているのが大きなポイントといえるかもしれないです。

 

 

コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方

 

 

現在コールセンターでは、コールセンターシステムと呼ばれる新しい仕組みを導入しているところが増えました。

 

これはどのようなものかといえば、可能な限り自動化することで無駄をなくす方法です。

 

無駄をなくす例としては、一括管理をするときにお客さんとの会話を管理者がきくことができる仕組みです。

 

お客さんからの会話を聞くことにより、どのような会話をしてどこに問題点があるかなどを探ることができます。

 

問題があるスタッフの話しだけでなく、優秀な人の会話を聞くことでなぜその人は優秀な成績を収めているのかを知ることが可能になるでしょう。

 

ほんの一例にありますが、それ以外にも情報を一括管理できるメリットがあります。

 

情報一括管理することにより、今まで個別に所有していた情報を一度に見ることができるわけです。

 

一度に見ることができることにより、スタッフが休んでしまった場合など、別のスタッフに引き続きコールセンターの仕事を行わせることが可能になります。

 

 

 

コールセンターシステムでモチベーションアップ!

モチベーションアップさせる意味でも、コールセンターのシステム導入はとても重要と言えるかもしれません。

 

営業ツールとしてならば、インバウンドの時に大いに役に立ちます。

 

インバウンドとは、センターの方からお客さんに対して売り込みをする場合です。

 

売り込みをする場合とは、例えば新しい商品が出た場合にそれを宣伝しお客さんに購入してもらうパターンになります。

 

お客さんに電話することで、すぐに購入してくれなくても認知させることが可能になるわけです。

 

 

コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方

 

 

お客さんに認知をしてもらうことで、その商品が欲しくなった場合すぐ商品を購入してくれる可能性が高くなるでしょう。

 

人間の記憶力は、想像以上のものがありますがそれでも能力はセーブされた状態で自分の認識しているものしか頭に入りません。

 

 

何度か電話をすることで、潜在的に意識を刷り込みその商品が必要になったお客さんがすぐに折り返し電話をしてきたり、インターネットで購入することにつながるため最終的に売り上げがアップします。

 

 

営業するとしては、なかなか優れた商品といえるかもしれません。

 

 

 

データを一括して集められれば電話をした頻度が把握できます

優れた商品でも、あまりしつこくしてしまうことによりお客さんからクレームがくる可能性がありますので注意しなければなりません。

 

クレームが来るのを防ぐためには、お客さんに対してしつこく電話をしないことです。

 

 

全体的にデータを一括して集めることができれば、そのお客さんに対して初めて電話をするのかそれとも以前に電話をしたことがあり断られたかなどがわかります。

 

 

以前に電話した場合でも、いつ電話をしたかによっても逆算の反応の仕方が分かるかもしれません。

 

1週間前に電話をしたばかりならば、すぐに電話をきてしまうとしつこいと思われクレームになる恐れも否定できません。

 

 

コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方

 

 

その一方で、1か月程度時間が経過していれば特に問題はなれています。

 

断られた場合にはすぐに切ることをしなければなりません。

 

 

 

コールセンターシステムの価格は?

価格はどれぐらいやるかといえば、一括で購入することを考えると50万円から100万円ぐらいのお金がかかりますので、ある程度お金がある所へなければ一括購入するのは難しいかもしれません。

 

お試し期間がありますので、最初に1カ月だけお試し期間で利用することでおおよその性能が理解できるでしょう。

 

お試しをした結果問題がなければそのまま購入してもよいです。

 

一括で購入した場合には、ランニングコストがあまりかからない点が大きな魅力になります。

 

 

コールセンターのシステムを導入した時の価格と営業ツールとしての使い方

 

 

最初だけ金銭的な負担は大きいですが、時間が経過するごとに初のありがたみを感じるようになるにちがいありません。

 

一括購入するのが大きな負担になるとすれば、レンタルする方法が考えられます。

 

システムをレンタルする場合には、初期費用非常に安いため会社にとって負担が少なくなります。

 

必要なければ、レンタルをやめればよいだけですので長期的に利用するかどうか迷っている場合にはレンタルが一番になるといえます。

 

借りる場合の問題点としては、ランニングコストがかかってしまうことです。

 

ランニングコストがどれぐらいになるかは会社によって異なりますが、毎月1万円から5万円ぐらいまで様々になりますので業者とよく話し合って決めるのが良いです。

 

 

関連記事