テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる

Home ノウハウ集 現場育成 テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる
テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる

テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる

 

 

なぜ新入社員がやめていくのか

 

 

テレマーケティングを行っている会社は多いですが、最近は様々なシステムを導入することでより効率的な通話をするようにしています。

 

 

例えばアウトバウンドのテレマーケティングを見てみると、単に通話をたくさん行うだけではなくその質を重視しているのが特徴です。

 

 

よく、テレマーケティングをしているスタッフは、わずか1、2カ月で仕事を辞めてしまう傾向がありますが、これは仕事に対して結果が十分に出ていないからといえます。

 

 

基本的には断られる仕事ですので、その点は納得をするしかありませんが1日300件の電話をした場合に1件契約が取れる場合まったく契約が取れない場合ではモチベーションが異なります。

 

 

もし、1つでも契約をとることができれば、残りの299件は救われることになるでしょう。

 

 

ですが、300件すべてが断られたとしたらモチベーションは低下しやる気を失ってしまう可能性があります。

 

 

テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる
通話をして契約をとってくるのは本人の能力の問題でもありますが、すべての人が素晴らしい能力を持っているわけではなく、それほど能力がない人でも1日1件ぐらいは契約をとってくるようにする仕組みにすることが必要です。
もう一つ違う観点からみると、スタッフのモチベーションをあげて結果を出すためには電話の量を絞る必要があります。

 

 

通常一回当たりの通話時間は20秒ほどになっていることがほとんどです。

 

 

これは、契約ができなかっただけにお客さんが20秒以内に電話を切ってしまうと言う意味です。

 

 

ですがこれを1日中繰り返していると思考がネガティブになってしまい、本来結果が出せるはずの電話すら棒に振ってしまう可能性があるでしょう。

 

 

人間は、一度ネガティブに触れてしまうとなかなかそこから抜け出すことができなくなってしまうきものです。

 

 

例えば最初の電話で契約が取れた場合にはその後もうまく取れると感じるかもしれません。

 

 

ですが、3件続けて契約が取れなかったとすれば、その後もまた契約が取れないのではないかとマイナスに考えてしまうのです。

 

 

 

CTIシステムの導入で改善されること

 

 

これを改善するための一つの方法が、CTIシステムの導入になります。

 

 

CTIシステムといっても様々な活用方法がありますが、CRM顧客管理と連動させることでより魅力的な結果を出すことができるようになります。

 

 

これらのシステム活用すれば、より合理的に契約をとることができるはずです。

 

 

その一つが録音機能になります。

 

 

録音機能を導入すると、顧客との通話内容が一発で分かるようになるでしょう。

 

 

従来であれば、管理者が会話した内容をスタッフに尋ね、改善点などを求めていましたがこの方法だとあまり具体的に対応することができませんでした。

 

 

テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる

 

 

ですが、CTIシステムとCRM顧客管理システムを導入することで、通話内容をすべて確認することができるようになり、具体的なアドバイスをすることができます。

 

 

これを繰り返すことで、契約をとる能力がそれほどない人でも契約を取りやすくなるのは間違いのないところです。
実際に契約をとってきた人に対して、それなりの報酬を与えることも重要ですが頑張って電話をしている人に対しても十分な報酬をことが重要になります。

 

 

だれにどれだけ電話したかは、管理システムを利用すれば、客観的に把握することが可能になります。

 

 

逆に電話をしているふりをしてさぼっている人も浮き彫りになるため、給料を上げるときの評価の一つになる可能性が高いです。

 

 

 

インバウンドの場合

テレマーケティングでもインバウンドの内容を見ていくと、やはりCTIシステムCRM顧客システムが重要になることが分かっています。

 

 

インバウンドの場合はお客さんの方から電話がかかってくるのが普通ですが、このときお客さんに対して的確にこたえられるようなスタッフの配置が重要です。

 

 

例えば、自動車のメーカーの方でテレマーケティングを導入している場合には、自動車に関する様々な問い合わせが来ます。

 

 

問い合わせの種類も様々ですので、臨機応変にスタッフが対応していく必要があるでしょう。

 

 

この場合、それぞれ質問のカテゴリーをわけることで一人のスタッフが適切にこたえられるようになります。

 

 

例えば、自動車の修理に関する問い合わせの電話をお客さんがしてきた場合には、修理の専門的な知識を持っているスタッフのところに電話を回す必要があります。

 

 

テレマーケティングではCTIシステムの活用方法とCRM顧客管理のシステム活用が大事になる

 

 

昔は、とにかく電話をかけて行き当たりばったりでスタッフが対応し、調べるのにお客さんを待たせなければなりませんでした。

 

 

そのためそのお客さん自身も通話をするのに長くなってしまい不満を感じることになったわけです。
ですが、最初に録音機能を用いて自動で振り分けるシステムを導入すれば、スタッフが顧客の要望に即座に対応したとしてもそれほど的外れな回答をしなくて済むようになります。

 

 

これによりスタッフの数はそれほど多く配置しなくてもよくなるだけでなく、お客さんを待たせずに済むようになりました。

 

 

このように、CTIシステムを導入することで、様々な可能性が広がり会社としても合理的に通話をすることが可能になっています。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: