CTIシステムの成功パターンは多角的な視点によるデータ分析にあります


CTIシステムの成功パターンは多角的な視点によるデータ分析にあります

 

 

CTIシステムで可能になること

 

 

CTIシステムは顧客獲得とその管理において高い効果をもたらすものとして多くの企業で導入されています。

 

 

その特徴は従来の営業マンが顧客に電話をしてアクセスをする場合に比べて集中的に効率よく顧客アクセスを行うことができると言う機能のほかに、その結果を統計的に格納することができるばかりでなく、顧客からの様々な問い合わせや問題提起に関してもこれらを全てデータ化し状況に応じて分類し整理する機能を有している点にあります。

 

 

企業の営業活動において顧客のニーズを把握することが非常に重要な要素となっています。

 

 

高度成長期においては良い製品を生産し積極的に広告宣伝を行うだけで商品の売り上げが高まる風潮がありましたが、現代では顧客のニーズが多様化しその要求を的確に捉えないと商品を開発しても効果的に販売することができず、売り上げにつながらないと言う実態があります。

 

 

CTIシステムの成功パターンは多角的な視点によるデータ分析にあります

 

 

そのため様々なマーケティング手法や販売テクニックが開発され実践されていますが、その効率を高めるためには営業マンがそれぞれ自分の経験と勘で顧客に対してアクセスするのでは限界があることがわかっているのです。

 

 

CTIシステムはこれらの問題を解決するために開発されたツールで、顧客データベースを入力することでこの顧客の情報を統計的に管理し、その情報に合わせて適切な商品の紹介をプッシュ的に行ったり、顧客からの問い合わせ情報提供に対する情報商品のデータと紐付けて管理することができるため顧客の反応を迅速に的確にデータ化することができると言うメリットを持っています。

 

 

そのためこれまでの営業スタイルに比べより早く正確な情報を管理することができるというメリットがあるのです。

 

 

 

データ処理に関して

 

 

しかし単にCTIシステムを導入しただけではそのデータ量が膨大となり、販売戦略や商品の開発ポリシーなどに効果的に利用することができないと言うデメリットもあります。

 

 

商品の販売戦略は統計的な情報を元にして立案されることが多いのですが、従来の情報は非常に限定された範疇の中で入手されることが多く、その処理においても短時間で可能なものが少なくありませんでした。

 

 

しかしCTIシステムを導入した場合には短時間で膨大な情報を得ることができる反面、その情報量が膨大であるためにこれまでの処理の方法では処理が追いつかず貴重な情報を効果的に利用することができない危険性があったのです。

 

 

CTIシステムの成功パターンは多角的な視点によるデータ分析にあります

 

 

最近では多くの企業がこのシステムを導入し情報を効率的に生かそうとしていますが、実態としてはデータ量の多さに処理がついて行けず、多くの貴重なデータを無駄にしてしまうと言う課題が生まれています。

 

 

これらの処理の方法を考える際に学ぶものとしてビックデータの処理方法があります。

 

 

ビックデータとはシステムを利用して多くの母集団の中から大量のデータを収集し、これに様々な情報を組み合わせて管理することで様々な用途に利用しようと言う考え方です。

 

 

ビックデータを効果的に利用することにより、収集した情報を様々な用途に利用することができるため商品開発のテンプレートに照らし合わせて顧客のニーズと比較し、最適な商品を開発する目的や、販売戦略に対して市場の状況を照らし合わせ戦略の訂正を行うなど現代の企業ではビックデータの利用方法を非常に効果的に行っている実態があります。

 

 

 

データ分析に関して

 

 

このビックデータの利用方法の根幹となるのが多角的な視点でのデータ分析です。

 

 

1つのデータを効果的に利用するためにその視点を変え、様々な視点からデータの価値を評価することで、同じ情報であっても商品開発の視点から分析を行った場合営業戦略の視点から分析を行った場合とではその価値が大きく変わることがわかっています。

 

 

 

しかもこれらの情報はその視点を変えることによって新たな価値を生み出すことが多いため、データ収集の労力に対してその利用の価値が大きく膨らむ可能性があり、効果的な利用を行うことが可能となっているのです。

 

 

 

このビックデータの多角的な分析手法はCTIシステムにおいてもその情報を効果的に利用できる考え方として生かされており、このシステムを効果的に利用するための成功パターンの1つとして近年非常に注目されています。

 

 

CTIシステムの成功パターンは多角的な視点によるデータ分析にあります

 

 

 

顧客情報は非常に重要な情報であり、より多くのものを集める事は企業にとって貴重な財産となります

 

 

しかしシステムを導入することで短時間で非常に多くの情報が集まり、これまでの方式ではこれらのデータを上手に利用することができない危険性が非常に高まってきました。

 

 

ビックデータの取り扱いの考え方は膨大な情報を効果的に利用する1つの方法として非常に注目されており、知り合いを利用した情報収集の分野においても非常に有効な方法として注目されています。

 

 

貴重な顧客データを効果的に利用するためには科学的なデータ分析を行い、情報を効果的に利用することが様々な営業戦略や販売戦略における成功パターンを実現するために非常に重要な方法となるのです。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

 

関連記事