CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

Home ノウハウ集 システム活用テクニック CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります
CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

 

 

CRM顧客管理と

 

 

CTIシステムを導入し効果的に営業活動を行う企業は少なくありません。

 

 

しかし単に営業活動を効果的にするだけではせっかくの顧客との接触チャンスを無駄にしてしまうばかりでなく、貴重な情報の管理を効果的に行うことができないと言うリスクも発生します。

 

 

そのため近年ではCRM顧客管理を連動し効果的に情報を連携させる機能を利用しようとする企業が増えています。

 

 

CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

 

 

CRM顧客管理は顧客の情報を一元的に管理できる仕組みで、それぞれの顧客の購買履歴や問い合わせ履歴を蓄積することで顧客の興味を特定することができ、ダイレクトメールの発送や様々な展示会の案内状を送付する際に顧客の興味に合わせたものを送付できる非常に便利なものと注目されているものです。

 

 

顧客の興味を予測しこれに合った商品情報を提供することで顧客の購買意欲を促進することができ、ビジネスチャンスを作り出すことが容易に可能となるのです。

 

 

しかしこの仕組みを効果的に利用するためには顧客情報を効果的に集める仕組みを生み出すことが必要となるため、多くの企業においてはその情報を取得する方法に苦慮しているところが少なくありません。

 

 

 

CTIシステムとテレマーケティング

 

 

この情報を取り込む仕組みとしてテレマーケティングを採用することが非常に有効な方法となっています。

 

 

テレマーケティングは顧客に対して商品の紹介を行いながらこの反応を情報として蓄積し、顧客の興味を割り出す貴重な方法として多くの企業で行われているものです。

 

 

近年ではテレマーケティングが商品開発や営業戦略を行う上で非常に重要な情報源として利用されていますが、この情報の利用も企業によってはあまり効率的に行われていないと言う実態があり、無駄な労力を費やしていると考えられる企業も少なくありません。

 

 

CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

 

 

すなわち様々な営業活動の支援ツール顧客情報の獲得ツール等は世の中に点在していますが、これを全て効率的に連携させながら使用している企業は非常に少ないと言うことになるのです。

 

 

CTIシステムはこれらを効果的に連携する機能を持つシステムと非常に注目されています。

 

 

CTIシステムCRM顧客管理を連動させ、この仕組みにテレマーケティングで得た情報を入力することで顧客情報を効果的に作成し管理することが可能となる上、必要に応じこれらの情報から特定の顧客の情報を取り出し効果的に利用することも可能となるメリットがあるため、このCTIシステムの活用方法は総合的な顧客管理方法として非常に注目されているのです。

 

 

 

CTIシステムとCRM顧客管理を連携するときの問題点

 

 

しかしCTIシステムCRM顧客管理を連動させる上で大きな問題となるのがシステムの導入費用です。

 

 

一般的にCRMは大規模な企業システムの中で運用されることが多く、その部分だけを取り出して利用する事は非常に難しいものとされてきました。

 

 

CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

 

 

大企業においては独自のCRMシステムを持っておりこれにCTIシステムを連動させる際に膨大な費用を投じて連携させることが多いのですが、その投資回収に至るまでには長い期間を要することも多く、大企業において多くの商品を販売し高い利益を上げている企業しか導入できないと言う実態があるため、中規模以下の企業にとっては効率的であることをわかっていても費用が障壁となりその導入に踏み切れないところが多かったです。

 

 

そのためこれらの企業においては非効率なシステムの運用であることがわかっていても、それぞれのシステムを連携させる事はなかなかできず、人手により行っているところも少なくありません。

 

 

しかし人手による連携は作業者にとって大きな負担を強いるばかりでなく、様々な誤りを生じるリスクもあるため効果的な方法とは決して言えないのが実態です。

 

 

 

問題を解決するために

 

 

これらの問題を解決する1つの方法にCRM顧客管理を行うための無料ツールを試験的に導入すると言う方法があります。

 

 

近年では様々なシステムが標準化されており、その連携を前提にそれぞれ開発が進められていますが、連携の効果を確認するためには高額な費用が必要となるためその効果を確認することができる企業が限られてしまうと言う実態がありました。

 

 

そのためCRM顧客管理システムを製造する会社ではその効果を確認してもらうために無料ツールを提供し、一定期間企業のシステムに無償で連携させることで高い効果を認識させることに力を入れているケースが非常に増えているのです。

 

 

CTIシステムの効果的な活用方法の1つにCRM顧客管理の無料ツールを利用したテレマーケティングがあります

 

 

この無料ツールを効果的に利用することで多大な投資を行わずに効果を確認することができるほか、実際にその効果をもとに営業活動や商品開発を効率的にすることから企業のコストを低減することができ、正規に連携をさせるための費用を捻出することができる余裕が生まれることになります。

 

 

その導入費用を捻出することができるようになった段階で効果の確認されたシステムの連携を行うことで企業の金銭的なリスクを減らすとともにその効果を十分に確認した上で導入をすることができるようになるのが企業にとっての大きなメリットとなっているのです。

 

 

 

 

 

Share: