テレアポ営業よりオートコールシステムの方が価格も安く顧客開拓にも優れた側面あり


テレアポ營業よりオートコールシステムの方が価格も安く顧客開拓にも優れた側面あり

 

 

電話になかなか出てもらえない

 

 

最近、自宅などに電話がかかってきて、電話に出てみると録音されたメッセージ音声が流れてきてアンケート調査のために電話した旨を言われることがあります。

 

 

実はこれはオートコールシステムを利用しており、企業の電話による営業代行の一つとしても活用されている取り組みです。

 
企業によっては売り上げを伸ばすためには、見込み客を発掘しなくてはなりません。

 

 

テレアポ營業よりオートコールシステムの方が価格も安く顧客開拓にも優れた側面あり

 

 

見込み客は積極的に探さなければ得ることができないのも事実で、攻めの経営戦略の一貫としても行われます。

 

 

以前は電話を使ったテレアポ営業が盛んに行われており、スタッフが一軒一軒を隈なく電話を行い、お客さんと直に話をして手ごたえなどから、見込み客を獲得する方法が主流でした。

 

 

しかし人から電話がいきなりかかってくると、電話の相手も警戒することも多く、例えばオレオレ詐欺が流行したように、電話から犯罪に巻き込まれてしまうのではないかと思うことも多いです。

 

 

しかも電話一本より始まった事件などもあるぐらいですので、電話を出ること自体にためらいを生じるケースもあります。

 

 

 

オートコールシステムのメリット

 

 

そのため電話を出た方にとっても用のない電話がかかってくると即座に断られたり、一方的に切られたりするため、人間によるテレアポ営業による方法が難しくなっています。

 

 

そこでオートコールシステムを採用すれば、機械からの自動音声による方法なので、電話に出た方で警戒心が薄れ、それによってアンケート調査に付き合ってくれる可能性も高くなります

 

 

つまり本来は興味や関心のあることでも、無理に人からの営業を受けると怪しさを感じますが、それが機械相手であれば怪しさを感じないメリットがあります。

 

 

もちろん電話を出た方が嫌であれば、そのまま即座に切ることもできるため、電話に出た方があくまでも主導権を握っていることで安心です。

 

 

またアンケート調査を最後まで付き合ってくれた方は、アンケートの集計結果を元にして顧客のニーズを発掘することにも繋がることになります。

 

 

他にも興味や関心を持たれている場合は、見込み客となるため、後日担当者より改めて電話をかけることができ、そこで営業を展開することも可能です。

 

 

こうした方法は電話に出た方の警戒心を取り除き、顧客開拓が難しかった層までに積極的にアタックできる方法の一つになります。

 

 

テレアポ營業よりオートコールシステムの方が価格も安く顧客開拓にも優れた側面あり

 

 

新しい顧客開拓をする上でもオートコレクトシステムは有利なシステムであることは間違いありません。

 

 

もちろんテレアポ営業でもオートコレクトシステムを併用するケースがあり、簡単に見込み客を見つけ出して、顧客を絞り込んでピンポイントで電話営業に利用されることも多くあります。

 

 

オートコレクトシステムの価格は、人間が行うテレアポ営業よりもコストがあまりかからないとしても注目されます。

 

 

例えばテレアポ営業を行う場合には人材の育成費用人件費などのコストがかかり、人の場合だと朝から晩までかけ続けたとしても無駄も多く、限界が存在します。

 

 

つまり効率も悪い上に、コストもかかってしまう点もあり、それが課題になります。

 

 

ところがオートコールシステムを導入するだけで、まず人件費を削減することに繋がり、しかも一斉に回線を使って電話をかける形になるため効率性にも優れています。

 

 

さらにバラエティに富んだ音声を導入したり、結果分析にも専用のPCを用いることになるため、詳細な分析を正確に行うことができるようになります。

 

 

このようにオートコールシステムは、業種や扱う商品・サービスにも対応できる画期的なシステムになっていることが優れています。

 

 

 

導入する際の価格

 

 

導入のための価格は、そのサービス会社により多彩ですが、始める前には基本業務料金を必要とし、他にメッセージを録音するための作成費用がかかります。

 

 

その上で実際にコールを行う、コール料金がかかる流れとなり、5,000件を目安にして、その上限がないのが特徴となります。

 

 

価格基本業務料金10万円を設定されることも多く、コール料金1通話あたり50~100円の範囲内で設定されることも多いです。

 

 

コール数が多くなれば多くなるほどコール料金の単価が下がる仕組みになっており、上限自体も存在しないのが特徴的です。

 

 

テレアポ營業よりオートコールシステムの方が価格も安く顧客開拓にも優れた側面あり

 

 

また結果報告のための分析のための費用も必要としますが、その結果を使えば効果的なビジネス戦略を練ることもできます。これ以外にも電話をかけるための回線を用意することも必要となり、通信料金もかかります。

 

 

現在ではすぐにオートコールシステムを活用しやすいように、パック制の価格でサービスを提供していることもあります。

 

 

パック制であると即座に利用できるプランになるので、すぐにでも始めたい方にはおすすめのプランです。

 

 

実際にオートコールシステムを利用すると、高齢者のシニア層をターゲットにできます

 

 

その理由は固定電話の普及は一般家庭が多く、若い世代は携帯端末を持っているためだと考えられます。

 

 

現役を引退されたシニア向けのビジネスを展開したい場合には、間違いなく有効な方法と言うことも可能です。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

 

関連記事