働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべき


働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべき

 

ビジネスを考えるときの基礎

 

働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべきです。

 

というのは、これからコールセンターのようなものは大きく変わっていく事が考えられますから、コストパフォーマンスや将来性というものを明確に吟味して、それでもメリットがあるという事が判断できるという時には導入を考えても良いかも知れません。

 

基本的にこれから電話もインターネットが主流になるでしょうから、まずこれまででいうところの電話そのものが無くなっていくという事が考えられます。

 

無くなる物に対して対応するシステムを検討するというのはいかにも効率がわるいとしか言いようがありません。

 

 

働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべき

 

 

基本的に将来的に需要が増加することに対してシステムを検討するというのがビジネスを考える時の基礎とも言うべきものですから、これは慎重にならざるを得ないというわけです。

 

コールセンターはリアルタイムで応答が出来るという事で、利用者からは極めて嬉しいサービスという事になる事は間違いありませんが、電話では伝えることが出来る事には限りがあり、これからの情報伝達手段として極めて利便性に欠くところがあります。

 

最近は動画を利用して情報交換をするという事も珍しい事ではありませんから、これを活用するという事を考えた方がいいかもしれません。

 

 

 

これからは動画で質問に回答していく時代になるかも

 

動画の良い所は圧倒的に分かり易い所で、電話で説明されるよりも動画一つあれば、それで事足りるという事がほとんどだといって良いでしょう。

 

リアルタイムで説明をされなくても良いという事はほとんどの事で言える事でしょうから、意味のない事に人手と費用をかけていく必要はありません。

 

もっとも効果的で且つ効率的な方法が別にあるというのであれば、それを活用するというのがベストという事になるでしょう。

 

電話をする人も動画が既にあってそれを見れば問題解決できるという事になれば、その方がいいわけです。

 

 

働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべき

 

 

電話代もかからなくなりますし、何と言っても分かり易いという事は大きな魅力という事になります。

 

ですから、コールセンターを作るのではなく、動画制作の部署をこれに充てるというような事をしても良いかも知れません。

 

これからは間違いなく動画がビジネスのカギとなりますから、質問に対する答えを全て動画で用意しておけばいいのです。

 

最近はネット検索を誰もが自由に使いこなすという事をしていますから、自分で困ったことがあれば自由に検索をして解決することが出来るようになっています。

 

という事は問題解決が出来る動画を自社のサイトに掲載して置いて、検索で自分の必要な動画を見つけることが出来るようにしておけば、それでコールセンターの役割を果たしてくれるということになるわけです。

 

質問は似たようなモノがほとんどになるという事がありますから、同じ説明を二度しなくていいという事にもなり業務の効率化も出来る事になります。

 

 

 

国際競争に負けないために

 

今いうところの働き方改革というのは、こうした新しい便利なシステムを効率的に使用していくという事を言っているのであって、何でも利便性のようモノを導入しようという事では無い事を考える必要があります。

 

そして、働き方改革というのは、自分の仕事を考え直すという事でもあります。

 

これまでは今の方法で良かったのかもしれませんが、これからは新しい最も効率的なモノを考えなければならないという事でもあるはず。

 

 

働き方改革の為にコールセンターのシステムを導入するのは慎重にすべき

 

 

単に残業を無くして早く帰るというような事を考えているような人もいるようですが、そのような事と働き方改革は全く次元の違うモノで、いち早く効率的な仕事の仕方というモノを考えて、それを導入して効果を出していく事で、これまで以上に成果を出せるようにして、残業などは無くしていくという考え方です。

 

単に早く帰るというだけでは全く意味は無く、そんな事をしていたら一気に国際的な競争に負けてしまうという事を考えなければなりません。

 

今は世界中の国の人々が自分こそ豊かになりたいという事で一生懸命に仕事をしています。

 

これまでのように先進国だけが競争相手になっているわけではなく、既に発展途上国を含む全ての国の人々が競争相手になっているという事を理解すれば、そのような事は言えなくなるはずです。

 

日本が経済的に豊かになっているのは、間違いなく国際的な競争に勝ってきたという事があるからで、これからも勝てるという事ではありません。

 

少しでも油断をすればあっという間に負ける事になるのがビジネスの世界ですから、少しでも停滞をするというような事がないようにしなければなりません。

 

日本は既に技術の国では無くなっているという事も考えておく必要があります。

 

だからこそ政府は観光立国という事を考えているわけで、既に世界を圧倒した日本の技術は今では世界を驚かせることが出来ないぐらいになっていて、そんなに大したものでは無くなっているという現実を見つめる必要があります。

 

だからこそ全ての業務は効率とコストパフォーマンスとを考えておかなければなりません。

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事