見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

Home ノウハウ集 システム活用テクニック 見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

 

 

見込み客を見つけよう

 

 

電話営業で契約を多く取るには見込み客を見つける事が重要です。

 

 

見込み客を見つける為には CTIシステム活用して、見つける見つけ方があります。

 

 

 

情報共有ができる

 

 

見込み客を自分でノートなどに控えておいて顧客情報を管理する方法はありますが、この方法では会社全体で把握する事が出来ないので、電話があっても逃がしてしまう場合があります。

 

 

そこでCTIシステム活用すると社内でお客様の情報を一括して管理する事が可能になります。

 

 

パソコンで管理を行うので、入電時に見込み客の情報をポップアップする事も可能なので、大事なお客様を逃がす事はありません。

 

 

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい
電話があった際に前回のやり取りした履歴を残しておく事で、話もスムーズに行う事が可能なので、電話を掛けてきたお客様にも良い印象を持たれます。

 

 

社内全体で共有しているので、どの方が電話に出てもお客様に対して同じ対応を行う事が可能なのも魅力です。

 

 

CTIシステム活用していない場合は電話に出る人によって対応が変わってしまったり、話の内容がわからずに初めから聞き直しを行ったりしてお客様に不信感を持たれてしまいます。

 

 

会社は個人ではありませんので、誰が電話に出ても同じ対応が出来る様にしておく事が大切です。

 

 

またCTIシステム活用で新規のお客様なのか、以前からの利用者なのか、それとも見込み客なのかすぐに判断できるので、話の進め方を迷う事もなくなります。

 

 

お客様にあった提案やアプローチを行う事も可能になりますので、会社全体の収集や利益も上がってくるはずです。

 

 

 

お客様との会話を録音できる

 

 

更にCTIシステム活用すると録音機能も搭載しているので、品質向上を行う事も可能です。

 

 

電話対応は顔が見えないので、言葉遣いが大切ですが、普通の電話機では録音する事が出来ないので、品質チェックを行う事が出来ません。

 

 

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

 

 

CTIシステム活用すると録音機能で品質チェックを行う事が出来る様になるので、言葉使いをよりしっかりとする社員教育を行う事が出来る様になります。

 

 

言葉遣いが良くなるとお客様からの印象も良くなるので、成約率の向上にも繋がります。

 

 

 

それ以外の見つけ方

 

 

 

商品知識を身につける

 

 

次にそれ以外での見込み客の見つけ方ですが、電話営業を行う中で全てのお客様が即断即決してくれる訳ではありませんので、商品に興味を持っているのか、または買いたいと言う気持ちはあるのか探る事が大切です。

 

 

その為には商品知識を身につけて下さい

 

 

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

 

 

商品知識が少ないと目の前に商品がある訳ではないので、説明不足で興味を持って頂けていない可能性があります。

 

 

目の前に商品があれば、手にとって見ることが出来ますが、電話の場合だと口頭での説明のみになってしまいますので、自分では説明できているつもりでもお客様には商品の魅力が伝わっていない可能性が考えられます。

 

 

また伝え方が不足していると途中で聞き飽きてしまわれる場合もあります。
その様な事を未然に防ぐ為にも商品知識を誰よりも身につける様にすると良いでしょう。

 

 

 

購入意思の確認をする

 

 

次に購入意思があるかどうかの確認方法ですが、率直にいるかいらないかを聞くのは絶対に避けましょう

 

 

契約を迫る様に聞こえてしまうので、良い返事が返ってくる可能性は低いです。
購入意思を確認するにはその商品が手元にある事を想像して貰って下さい。

 

 

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

 

 

手元に商品があるように考えて頂いて、生活の中でどの様に活用する事が出来るのか提案することで、購入意欲を刺激する事が出来ます。

 

 

この想像を上手くさせる事が出来ないと商品のイメージが出来ないので、購入する意欲が出る事はありません。

 

 

購入意欲が出てくれば、そのままクロージングに入る事もできますし、本気で検討してくれる様になります。

 

 

この様な方法をとることにより自分自身の力で成約率が高いお客様を獲得する事が可能です。

 

 

 

既存の利用者のアプローチをする

 

 

他の見つけ方としては、既存の利用者にアプローチする方法もあります。

 

 

商品を継続して購入していただいている利用者ではなく、過去に商品を購入してそこから注文が途絶えている利用者を探して営業する事で、新たにお客様とする事ができる可能性があります。

 

 

一度商品を購入して頂いているので、電話をしてもすぐに切られてしまう様な事はありません。

 

 

見込み客の見つけ方ならCTIシステム活用して探して下さい

 

 

継続して注文が来ない事も様々な理由があるので、ただ単に忘れていたという場合であれば、電話をしただけで直ぐに成約になる可能性もあります。

 

 

もし商品に不満があって、購入をしていなかった場合はどの様な点を改良すればよいのか参考に聞く事が出来るので、商品開発にも役立つ情報を手に入れる事が出来ます。

 

 

不満を感じているお客様の全員が不満を言ってくるわけではないので、何も言わずに購入をやめてしまう方が大半です。

 

 

その不満を取り除いた商品を作る事が出来れば、もう一度購入してもらう事が出来るので、新たな売り上げをあげる事が出来る様になります。

 

 

この様な過去のお客様に連絡を取るのも見つけ方の一つです。

 

 

過去のお客様はデータも会社で持っている為、過去の履歴を見て電話をする事が出来るので、話も進みやすいはずです。

 

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

 

Share: