アウトバウンドのテレアポでCTIシステムを利用した営業リストの作成方法


アウトバウンドのテレアポでCTIシステムを利用した営業リストの作成方法

 

 

今までの問題

 

 

最近は世の中にインターネットが広まっており、商品の売買サービスの提供もインターネットを通じたものが多くなっています。

 

 

つまり、電話はインターネットよりも価値が落ちると考える人も少なくありません。

 

 

確かに、電話は会話することができますが、情報を得ることは難しくなります。

 

 

ですが、それぞれの役割が違うことから優劣は付けにくく、逆に両方同時に使うことでお互いのデメリットを補完し合うことができるでしょう。

 

 

それだけでなく、電話とインターネットのメリット同士を掛け合わせることでシナジー効果を生むことができるかもしれません。

 

 

アウトバウンドのテレアポでCTIシステムを利用した営業リストの作成方法

 

 

電話で商売をする方法の一つはテレアポになりますが、基本的な形を昔から同じとはいえ、最近は少しずつ趣きが変わってきているのが特徴になります。

 

 

昔のように、名簿集めて片っ端から電話をするやり方をするのではなく、営業リストなどの情報をとても頼りにしています。

 

 

情報化社会といわれて久しいですが、テレアポの現場も単に電話番号と名前が書かれたリストを渡されるのではなく、各顧客の情報が入ったリストをデータで閲覧することができます。

 

 

このような情報は、インバウンドでも十分に役に立ちますが、アウトバウンドにおいてもなくてはならないものと言えるでしょう。

 

 

顧客情報は従来からありましたが、それぞれ共有できるものも存在していませんでした。

 

 

あったとしても紙媒体ですので、すべての人が必要な時に見ることができません。

 

 

それと同時に、紙媒体の場合だと必要な情報を見つけるのに時間がかかってしまいます。

 

 

この問題点を解消したのがCTIシステムになります。

 

 

 

CTIシステムの活用で改善できること

 

 

情報共有で顧客のニーズに応えられやすくなる

 

 

CTIシステムには様々な特徴がありますが、一つは情報をまとめてすべてのコンピューターで配信することができる点にあるといえるでしょう。

 

 

テレアポの現場には、それぞれ顧客情報が入ったコンピューターが存在しています。

 

 

これから電話をするときに単に電話番号を知るだけでなくほかの人が電話した時に得たその人の情報を知ることができれば、顧客の要望に応じた電話ができる可能性もあるでしょう。

 

 

また、契約に至らなかった顧客の場合にはそもそも電話をかけないといった選択肢もあります。

 

 

このような顧客情報の作成方法は、一人の人がコンピューターに情報を打ち込むことで、全体のコンピューターに配信されるようになります

 

 

これはシステムがクラウド型であってもパッケージ型であっても共通した使い方になります。

 

 

アウトバウンドのテレアポでCTIシステムを利用した営業リストの作成方法

 

 

また、電話した結果を把握することも重要になりますが、管理者がスタッフの管理をするときにその結果を閲覧することで適切なアドバイスを提供することも可能です。

 

 

例えば、スタッフの中にはなかなか電話をかけても契約が取れない人が必ず何人かいます。

 

 

そのまま契約の取れない状態では人件費の無駄になってしまいます。

 

 

それだけでなく、スタッフのモチベーションが下がってしまい、やめてしまう可能性も出てくるでしょう。

 

 

これを防ぐためには、そのスタッフが電話をした会話内容を記録しておくことで適切なアドバイスをすることができます。

 

 

 

録音機能を使って適切なアドバイスができるようになる

 

 

今までならば、直接会話を耳にすることは難しいことでした。

 

 

例えば、なかなか契約が取れないスタッフに対してその管理者はどのような反応だった聞いた時に「興味ないみたいです」と答えるのみでは具体的な内容がさっぱりわかりません。

 

 

それだけでなく、今後の対策を立てることもできなくなります。仮に、そのようなスタッフはどのような内容だったか教えてほしいと聞いても具体的に説明するのが下手なことが多いです

 

 

この場合には、いくら時間を使ったとしても、効率的に良い結果を得ることができないでしょう。

 

 

そこで、CTIシステムを利用しコンピューターと連動させ電話の会話を録音することで、後で管理者がその内容を聞き直して何がよくて何が悪かったかを客観的な立場から伝えることが可能です。

 

 

これにより、今まで悪かった部分を指摘されることから嫌な思いをするかもしれませんが、欠点を直すことでより良い結果を出すための第一歩になるでしょう。

 

 

アウトバウンドのテレアポでCTIシステムを利用した営業リストの作成方法

 

 

よくある会話がうまくいかないパターンの一つは、強引に売り込みをかけていることが考えられます。

 

 

また電話の向こうにお客さんがいることを忘れてしまい、自分が結果を出そうとすることに専念するため、そのようなことが起こり得ます。

 

 

もちろん情熱的に仕事をすることや熱心に仕事をすることは悪いことではありませんが、顧客があって初めての商売になりますので一方的な売り込みではなく顧客のことをよく考えた上での売り込みが重要です

 

 

このような内容は、言葉で説明したとしても具体的に説明をしなければ理解できない人はなかなか理解できないものです。

 

 

そのため、今までは理解していないのか理解しているのかよくわからないまま会話をつづけさせて、撃沈する例が少なくありませんでした。

 

 

CTIシステムで、会話の内容を聞いた時に売り込みばかりをかけているとわかれば、売り込みをかけるのではなく顧客の情報をもとに何をほしがっているかを推測するようにさせれば、契約まであと一歩に近づくでしょう。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

 

 

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事