アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

Home ノウハウ集 業務効率向上 アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える
アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

 

テレマーケティングの時代の変化

 

商売の仕方は時代によって異なりますが、インターネットが出てきた現代においてもテレマーケティングの方法は有効とされています。

 

テレマーケティング自体は、昔からある方法ですが最近はインターネットを活用したものが増えてきており、積極的に利用している会社も少なくありません。

 

 

アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

 

 

良く、営業電話などがかかってくることがありますが、彼は業者がテレマーケティングの会社に委託をしており、結果的にその経緯からマーケティングの会社概要を請け負っていることになります。

 

つまり、自分たちに営業能力がなかったとしても、活用方法をしっかりと検討し適切な業者に依頼をすれば、それなりに利益になることがわかります。

 

 

 

インターネットの普及で変わった営業方法

 

ただ最近は、単純に電話をしただけではお客さんをつかまえることは難しくなってきました。

 

なぜなら、お客さんの方も警戒をしている傾向があるからです。

 

例えば、電話番号の着信履歴が出るようになったのも対策の一つと言えるでしょう。

 

着信履歴が出ることにより、知らないところから着信があった場合にはそのまま電話に出るのではなく様子を見る人が増えました。

 

『本当に必要な電話ならば、もう一度かけてくるに違いない』と考えるからです。

 

あるいは、『急がないけども重要な電話ならば、必ず留守番電話にメッセージを残すためわざわざその場で出る必要はない』と考えるわけです。

 

このような電話の技術が発達した現代において、テレマーケティングだけでは難しくなったのが現状です。

 

 

アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

 

 

ちなみに、訪問販売自体もかなり衰退しているところになります。

 

よくある保険のセールスなどは、かつて訪問販売のような形で一軒ずつ営業訪問してきました。

 

以外でもそのようなことをやっているところもありますが、すでに古いあり方となっています

 

なぜなら、インターネットを調べればダイレクト型の保険がたくさんあるからです。

 

ダイレクト型の保険は、わざわざ営業マンが自宅に来ることはなく『顧客の方で申し込む』形になっています。

 

そのような発見があるだけでなくインターネットを見ればどの保険が評判がよいかなどが一目で分かる仕組みになっているためわざわざ訪問に来た保険会社に加入する必要がなくなっています。

 

もちろん中にはすご腕の営業マンもおり、確実に契約をとってくるような人も決していないわけではありません。

 

ですがそのような人は例外であり、やはりインターネットの力の前ではひれ伏すしかない状態になっています。

 

 

 

CTIシステム活用のメリット

 

そこで、重要になってくるのがアウトバウンドのCTIシステムを活用することにあります。

 

CTIシステムとは様々な意味がありますが、一言で言えばコールセンター全体を管理する機械のようなものです。

 

これはパソコンに組み込まれており、『だれが』『いつ電話をしたか』など様々な情報を手に入れることができるのが魅力です。

 

 

アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

 

 

今までのコールセンターならば、『顧客とどのような会話をしているか』を確認することはできませんでした。

 

ですが、CTIシステムを導入することにより、顧客とどのような会話をしているかをその都度チェックすることができます。

 

これにより営業マンの中でも優秀な営業マンはどのような会話をしているかを把握することができ、それをほかの営業マンに伝えることも可能になります。

 

一方で、なかなか契約をとることができない営業マンはどのような内容の話をしているかを確認することができ、結果的に魅力的な話し方の指導を行うことができるようになります。

 

 

 

導入費用について

 

このようにすることで、全体的な底上げをすることが可能になり、多くの場合には売り上げが伸びる可能性が高いでしょう。

 

このようにメリットはたくさんありますが、実際にこのシステムを利用することによりかかる費用がどれぐらいなのかが問題になります。

 

このシステム自体は、クラウド型パッケージ型2種類があり、クラウド型の場合には仕組みそのものを購入するのではなく仕組み自体を借りる方法です。

 

そのため、初期費用があまりかからないため非常に魅力的といえるでしょう。

 

これに対してパッケージ型の場合には、仕組みそのものを購入することになりますので初期費用が大きくなってしまいます。

 

ですが、毎月定期的にお金を払う必要はなく自分たちで様々な仕組みを付け加えたい場合にはちょうどよいタイプといえるでしょう。

 

 

アウトバウンドのテレマーケティングでCTIシステムの活用方法と費用を考える

 

 

このように、CTIシステムも大きく分けて2種類ありますのでそれぞれのメリットを知った上で利用し続けるのがよいです。

 

具体的な金額は、それぞれの業者によって大きく異なりますが、安いところでは毎月1万円以下で行ってくれるところがあります。

 

その一方で、ある程度規模が大きくなると全体的なシステムに莫大なお金がかかり、毎月100万円以上かかる契約自体も少なくありません。

 

このように、規模によってもまったくことなるため、まずは業者に連絡をして見積もりを出してもらうことが大事です。とにかく、比較することを徹底してみましょう。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: