ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

Home ノウハウ集 オペレーター向け ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場
ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

 

 

カスタマーセンターの様々な役割

 

 

ECサイトを運営する場合にはカスタマーセンターを充実させることが非常に重要です

 

 

顧客に安心して機能を利用し、サービスを楽しんでもらうためにはそのサポート体制を確実に整えることが重要であり、安心感を与える要素となっているためです。

 

 

そのため多くのサイトではオペレーターを用意し様々な顧客の要望に対応していることが多いのですが、場合によってはこれがサイトの運用における大きな負荷となってしまうことも少なくない実態があります。
サイトを利用する顧客には様々なレベルがあり、『基本的なパソコンやスマートフォンの使用方法』から『サイトのオペレーション』、および『商品に関する様々な問い合わせ』等その内容が多岐にわたることが少なくありません。

 

 

ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

 

 

そのためオペレーターはそれぞれの知識を持つ担当者を配置することが必要となるほか、問い合わせの内容によっては確認のために顧客を待たせてしまうこともあるため、場合によっては印象を悪くしてしまうことも多いのが実態となっており、これがサイトの評判を下げる原因となってしまうケースも多いのです。
これらの問題を解消するために近年ではCTIシステムを導入するサイトも増えています。

 

 

CTIシステムを利用することで様々な問い合わせに関する書類を迅速に行うとともに、一部を自動応答によるオペレーションに切り替えることをから適切な対応が必要な問い合わせのみを着電させ、オペレーターに丁寧に対応させる運用を行っているところも増えているのです。

 

 

これにより迅速な対応と効率的な運用を行うことが可能となり、システムの運用日の面でもその効率化を図ることができる点がポイントとなっています。

 

 

 

CTIシステムECサイトの連携において重要なポイント

 

 

業務効率

 

 

 

CTIシステムECサイトの連携において重要なポイントは業務効率とその運営費用にあります。

 

 

まず、業務効率を高めるためにはオペレーターによる対応をできるだけ少なくし基本的にシステムの持つ自動応答機能を充分に利用することが必要となりますが、そのためには対応のためのマニュアルを精査し確実な対応を行うことが重要となっています。

 

 

ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

 

 

一般的によく行われているのは、『問い合わせの内容が商品に関することなのか』『端末の操作に関することなのか』の分類や、『問い合わせなのか』『その他の要件なのか』といった分類を設定し実際にオペレーターに接続する前に顧客によって選択をさせるステップを設ける事です。

 

 

これらの操作を顧客に行わせることによりオペレーターに実際に着電する本数を減らすとともに作業効率を高めることが可能となるのです。

 

 

商品の発注などを伴うECサイトにおいてはオペレーターは営業マンとしての側面も持っており、問い合わせの中から顧客がそのまま商品を発注する可能性もあることから単純に問い合わせに対して対応するだけでなく様々な業務をこなさなければならない側面を持っているため、これらの対応を優先させることが求められているのです。

 

 

そのためCTIシステムにおける対応プログラムの中に様々な要素を盛り込むことでオペレーターの負荷を軽減し効率を高めることが可能となっています。

 

 

 

運営費用

 

 

 

ECサイトの運営CTIシステムを用いる場合の費用相場は,システムの内容や対応プログラムにより大きく異なりますが、基本的には『システムの構築設計費用』『オペレーターの稼働に対する費用』に分かれるため、そのどちらに軸足を置くかによって費用のかけ方が異なるものです。

 

 

最近では基本的にオペレーターはその人数を削減し月額費用を極力抑えることで運用経費を削減しようとする傾向も見られますが、この場合には営業効率も高めることができない要素を含んでおり、特に積極的な営業を行う場合には非常に効率の悪いシステムとなってしまう危険性があるため注意が必要です。

 

 

しかしオペレーターの対応を増やすためにはその経費を十分にかけることが必要となり、初期導入費用削減することができても月額の費用が膨大となってしまう恐れがあるため注意が必要となります。

 

 

ECサイトのカスタマーセンターをCTIシステムを利用して運営する場合の費用相場

 

 

そのバランスを保ちながら総合的な経費を削減することがサイトの運用を行う上では非常に重要なものとなっており、様々な費用相場をチェックしながらそのバランスを確認することが効率の良い運用方法につながることになっています。
カスタマーセンターの重要な要素は顧客の問い合わせに対して迅速に対応するとともに、商品の紹介を問い合わせの内容に応じて適切に行い、顧客を購入に誘導する機能を持たせることが非常に重要な要素となります。

 

 

そのためにCTIを連動する事非常に重要なポイントとなっており、顧客の問い合わせ内容に応じて適切な回答をオペレーターの目の前に提示するとともに、これに合わせて商品の紹介を促すような画面を表示する機能をあわせ持つことでオペレーターの活動を促進する機能を実現することにつながります。

 

 

CTIシステムは顧客の問い合わせに対して様々な情報を瞬時にオペレーターに提示することができる非常に便利なシステムとなっていますが、これらの機能を総合的に利用するための費用相場を十分に確認した上で効果的な運用を行うことが重要です。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: