効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

Home ノウハウ集 システム活用テクニック 効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること
効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

 

 

効率的に運営するために

 

 

インターネットのサイトにおいて重要なポイントは効率的なサイト運営にあります。

 

 

インターネットが普及し始めた当時はショッピングモールなどをインターネット上に開設することで、非常に効率の良い販売戦略を立案できるようになっていましたが、現代では多くの企業がインターネットサイトを利用したビジネスを展開しており、その差別化が非常に難しくなっています

 

 

そのためインターネットサイトに加えて様々なサービスを提供することが求められておりECサイトとの連携CTIシステムとの連携による顧客サポートは非常に重要なものとなっている傾向があります。

 

 

効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

 

 

しかしインターネットを利用した様々な商品の販売においてCTIシステムカスタマーセンターを連携させる事は本来の効率化と言う観点からは、かけ離れた側面であると考える場合が少なくありません。

 

 

本来インターネットの利用はこれまで営業マンが顧客に対して、直接対応をしていたその労力を減らすために営業行為を自動化する手段の一環として行われている経緯があり、これにCTIシステムカスタマーセンターによるサポートを加える事は人手を介して様々なサービスを実現することになるため、一見不要な労力をかけてしまうと考えられがちです。

 

 

しかし現代ではこれらのサポートは非常に重要な要素となっているほか、顧客満足度を高める要素としても非常に重要なものとなっているのです。

 

 

 

ほしいものの情報は自分で集める時代へ

 

 

従来は営業マンが直接顧客の元を訪れ様々な営業行為を行う中で商品が購入されると言うものが多かったのですが、現代の顧客は個人の利用者はもとより企業においてもインターネットなどを利用し様々な情報を集めた中で比較検討して商品を選ぶことが多くなっています。

 

 

効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

 

 

そのため営業マンに対して商品の紹介を依頼する場合にはすでに担当者としての意中の商品は決まっており、これに対して様々な情報を集めるために他社の営業マンに情報の提供を要求すると言うことも少なくありません。

 

 

いわゆる当て馬としての情報を得るために営業マンを呼ぶと言うことも頻繁に行われるのですが、したがって企業においても営業マンが様々なアプローチを行う前にすでに購入したい商品の広報を絞り込んでいると言う実態があるのです。

 

 

この状況を踏まえて効果的に商品を販売するためには、インターネットのサイトにおいて積極的に情報を発信する事はもとより、顧客が疑問に思った点についてすぐにその疑問を解決するためのCTIシステムカスタマーセンターの存在が非常に重要なものとなっています。

 

 

加えてインターネットのサイトなどで手軽に購入できる仕組みを持つ事は商品を販売できるチャンスを逃さないと言う観点から非常に重要な要素となっており、その疑問を払拭しスムーズに購入に持ち込むためにはカスタマーセンターのような人でのサポートが非常に重要な意味を持っているのです。

 

 

 

MakeShopとは

 

 

MakeShopはこれらの利用者の購入を促進するものとして非常に重要な要素を持っています。

 

 

一般的にECサイトは顧客が購入した商品に対してその代金を決済する機能を中心としたシステムですが、多くの顧客はインターネットを利用する場合にとりあえず購入する広報を集めて、その中から最終的に判断をするといったことも多くなっており、そのために一時的に自分の購入したい商品を数多く購入をすると言う行為が必要になります。

 

 

その機能がないサイトは非常に購入がしづらく、また検討を行った上で購入をしたいと考えた場合には、すでに商品が販売されていて手に入れることができないといったことも起きるため、重大な購入チャンスの損失にもつながるのです。

 

 

最近のECサイトではこれを防ぐために一時的に自分の手元に商品をキープする買物カゴ機能を持っているサイトが多く、これを利用することで顧客が一度手に取って商品を一時的に保管し、安心して買い物ができるといった機能を実現しているところが少なくありません。

 

 

効率的なサイト運営はCTIシステムとカスタマーセンターの連携にECサイトのMakeShopを利用すること

 

 

MakeShopは既存のホームページに買物カゴ機能を追加するためのアプリケーションで、スマートフォンにも対応しているのが大きな特徴となっています、最近ではスマートフォンを利用して商品を購入すると言う人も多く、場所を選ばないことから購入チャンスを逃さずに積極的に購入する人が増えており、ECサイトとしても非常に売り上げが期待できるものとして注目されています。

 

 

MakeShopはECサイトの1部と捉えられるメモあり、買物カゴ機能を利用して様々な商品を購入して一度に決済をもらうことができるという仕組みは、MakeShop自身も非常に効率が良く動作をすることができる環境として注目しているのです。

 

 

通信販売の化粧品を販売する際には徹底して在庫管理と売り上げ管理を行うことが求められますが、顧客の購入のしやすさも十分に検討しなければなりません、その意味ではMakeShopは企業に正確な情報を提供するとして注目されています。

 

 

 

 

 

Share: