楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する


楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する

 

 

時間短縮と業務の効率化のために

 

 

楽天市場などでECサイトを出店している方の場合には、顧客から問い合わせがかかってくることも珍しくはありません。

 

 

そのときに自社の社員で対応に当たれれば問題はないのですが、通販というのは結構難しいことを問い合わせられることも多いので、電話がかかってくる度に調べ物をしていたり、顧客の情報をパソコンのデータの中から取り出しているのでは問い合わせ業務に時間がかかってしまい、運営がなかなかうまく進まないことがあります。

 

 

カスタマーセンターを設けているECサイトの担当者の方は、ただ電話で問い合わせに応じるのではなくCTIシステムの導入を考えることが一番です。

 

 

楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する

 

 

聞き慣れないシステムだと思う方は多いですが、コールセンターなどではよく使われているものであり、電話とパソコンとファックスを一体化させたシステムのことをさします。

 

 

これがあれば相手方から電話がかかってきても、パソコンの画面上に住所年齢性別これまで購入した商品の情報履歴問い合わせ履歴などが表示されます。

 

 

パソコンのポップアップ画面に出てくるだけなので、他の作業をしながらやっている時にはウインドウを隠すことも可能です。

 

 

カスタマーセンターではこのような顧客情報が表示されることは好都合であり、お客さんを電話の前で待たせてしまうことも一切なくなるので、時間短縮をして業務効率化を進める予定の企業にはぴったりでしょう。

 

 

 

電話の窓口の重要性

 

 

ECサイトや楽天市場のショップは利用者数も多く、データベースを自前で作ったとしても起動に時間がかかったり、電話とシステム連動ができないので、問い合わせが来る度に検索しながらカスタマーのサポートに当たらなくてはなりません。

 

 

しかしこれはCTIシステムを導入していない会社の話であり運営の際にシステム導入に踏み切っていれば、楽天市場であろうとどんなにアクセス数の多いECサイトであろうとも、問い合わせに時間をかけることがなくなるのです

 

 

無駄な労力を書ける必要がなくなれば、サイト運営に必要な労力に人材を注ぎこむことができますから、販売戦略を考えたり新しい商品の買い付けを行ったりなどに余裕を持つことが可能です。

 

 

楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する

 

 

CTIシステムでは顧客の購買傾向からどんな商品を求めているのかを調べられますから楽天市場のカスタマーセンター運営を行うときには、CTIシステムの導入がキーワードになってくるのです。

 

 

システムに入っている内容からダイレクトメールを送って商品の購買意欲を高めてみたり、チェックした商品をもとに案内メールを送信したりなど、販売戦略のためにも活用が可能なシステムです。

 

 

電話対応の良さはショップやサイトの評価の高さにも繋がるケースが多く、カスタマーセンターがしっかりとしている通販サイトというのはそれだけで消費者から好まれる傾向にあります。

 

 

通販サイトではなかなか電話対応を得意としていないところのほうが多く、電話をかけても思うような結果を得られなかったり、問い合わせても問題が解決しないようでは、顧客が離れてしまい他のショップで買い物をする原因を作ってしまいます。

 

 

問い合わせをすべてメールでやっているショップでも、電話で聞きたいことがある顧客は多く、それらからの問い合わせに応じるためには電話の窓口を作っておくことが重要なのです。

 

 

 

良い商品と良いカスタマーサポートで勝負しよう

 

 

購入した商品でわからないことや、支払い方法に返品方法や、その他の商品の問題などで気づいたことがあった時に、すぐに応えられる窓口を作っておけばシステムを導入した価値があると判断できますから、通販サイトや物販系の様々なサイトを運営していて、客さんからかかってくる電話をスムーズに受けてすぐに疑問に応えられるようにしておきたいという方は、まずはこの画期的なシステムを使って使い勝手の良さを知ることにしましょう。

 

 

ECサイトのカスタマーセンター導入事例では外注してしまう方も多いですが、従業員の人数がそれなりにいるサイトの場合には、自社で対応にあたってもさほど問題になることはありません

 

 

楽天市場などに出店している方は、アクセス数も多く年間の売上も高くなっている場合がありますが、そうしたケースでもCTIシステムの導入によるカスタマーのサポートが大事になってきます。

 

 

楽天市場のECサイトのカスタマーセンターはCTIシステムで運営する

 

 

お客さんを大切にしているサイトは口コミ評価も高くなっていき、商品を検索した時にも検索の上位に反映されてますます売上が上がっていきます。

 

 

格安価格で顧客を集めて利益率を上げていく営業スタイルも悪くはありませんが、良い商品を良いカスタマーサービスのもとで買ってもらうことも時には大切になります。

 

 

コールセンターでも使われている本格的なシステムで、電話とコンピュータが連動できることの便利さを実感できますから、楽天市場やECサイトを運営していてカスタマーセンターの導入に踏み切ろうかどうかで悩んでいる方はぜひ、この便利なCTIシステムを導入して営業成績を上げていきましょう。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事