CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える


CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える

 

 

訪問営業がうまくいかない

 

 

日本のマーケット構造の変化や社会的な変化などもあり、法人営業では飛び込みなどの訪問営業はかつてほど成功率が高くなくなっているといわれています。

 

 

その理由として挙げられているのが、セキュリティ機能などが高まり、見ず知らずの誰かがいきなり企業の担当者と対話するということがなくなってきたということや、担当者に会いたいという場合には、必ず企業の受け付けを経由することになり、その場で担当者がNoといえばそのキーパーソンとは会えないままということになってしまうからといった理由などもあります。

 

 

CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える

 

 

訪問営業しても受付でその企業の担当者と電話で話すことになるということもあり、そのような現状からテレアポという手段は有効視されているといえます。

 

 

また、このような電話による営業活動を行っている企業は不況に強いともいわれているのです。

 

 

この方法は他の手段では接点を見つけることができないような見込客が見つかるという可能性があるといわれているのです。

 

 

一般的にHPなどでその商品やサービスに興味をもったものの、実際にアクションを起こす人は全体の一割ともいわれています。

 

 

多くの人は興味があるけれどもアクションを起こさないという傾向があるのです。

 

 

この方法はそのような人々に対してアプローチをするという点でも注目の手法といえます。

 

 

 

アウトバウンドコールセンターシステムとは

 

 

また、法人の入居している建物はセキュリティなども充実しており、受付の内線から電話越しに担当者と会話をする必要があるため、テレアポを行ってから訪問営業を行う方がより効率的だといわれているのです。

 

 

このような特徴やメリットがテレアポにあります。

 

 

その中で注目されているテレアポシステムの一つにアウトバウンドコールセンターシステムがあります。

 

 

CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える

 

 

このシステムは商品やサービスの新規営業や追加の注文獲得など、幅広い業務をサポートするシステムです。

 

 

顧客などに対して能動的に電話を発信することができ、様々な業務効率化を支援しています。

 

 

法人の電話営業にこのシステムを導入するなら営業リストなどの活用も可能で、最適なアウトバウンドのシステムを導入することによって、電話をかける他にも営業リストから顧客データなども分析することが可能になるのです。

 

 

 

CTIシステムのメリット

 

 

このようなアウトバウンド式の電話営業はコールセンターなどで導入されているCTIシステムを活用して行われたりしているのです。

 

 

CTIComputer Telephony Integrationの略で、パソコンと電話が連携されているテクノロジーを総称しています。

 

 

一般的なテレアポやテレマーケティングツールなどに代表され、発信機能を持つもの受信機能を持つものにわけられます。

 

 

発信機能をもつものはテレアポやインサイドセールスなどに活用されます。

 

 

そして、インバウンド形式のCTIは受注センターやヘルプデスクなどに利用されているのです。

 

 

CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える

 

 

このようなCTIを活用し、電話営業を行うと、低コストで見込客を見つけることができるといったメリットもあります。

 

 

近年、顧客獲得単価が上がってきており、雑誌広告やDM、チラシといった形で顧客獲得を目指す場合、かかるコストは十万円単位といわれているのです。

 

 

しかし、実際に顧客として獲得できるのは1,000通ほどの広告に対し1、2件といわれています。

 

 

電話営業であれば、営業リストなどから見込み客として可能性が高い法人に対して重点的にマーケティング活動を展開することができ、より効率的に営業活動を行うことができるのです。

 

 

電話営業なら人件費だけみても雑誌広告やDMなどの半分以下のコストで済むといったメリットがあり、この手法が注目されているのです。

 

 

 

インサイドセールスとは

 

 

アウトバウンドで顧客獲得を目指した後は、インサイドセールスという手法によって顧客との関係を継続します。

 

 

アウトバウンドによる営業ではアポイントを取得してポテンシャルカスタマーなどに商談に行くなどの営業活動が行われていきますが、インサイドセールスという方法ではすぐ訪問などは行わず、電話をしている際にお客様のニーズクリエーションを行い、タイムリーにクロージング訪問するということが行われているのです。

 

 

そのため、一般的な電話営業よりもさらに費用を抑えた上で営業活動を行うことができるというメリットがあり、全国的な活動展開ができるという点もあります。

 

 

CTIシステムを活用したアウトバウンド式テレアポ営業は法人の営業リストを用いて行える

 

 

近年のマーケット構造や社会変化などもあり、法人に対する営業活動は飛び込みなどの訪問営業はかつてほど盛んでなくなってきました。

 

 

セキュリティ機能なども高くなり、担当者に会うために企業を訪れても、受付で内線ごしに担当者と話をするということが多くなっており、電話営業の重要性が高まっているのです。

 

 

この電話営業に成功した会社が売り上げを伸ばす傾向もあるともいわれ、CTIシステムを活用したアウトバウンド的な営業活動が注目されるようになっています。

 

 

そして、この手法による営業活動は今後もさらに注目されていくといえます。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事