CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

Home ノウハウ集 選び方・ポイント CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します
CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

 

 

生産性の向上の必須ツール

 

 

CTIシステムはコールセンターを中心に多くの企業で活用をされています。

 

 

CTIシステムの活用方法はテレマーケティングだけで活用されると考えがちですが、顧客との電話対応だけでは無く、CRM顧客管理との連携やエクセルへの反映も同様に可能です。

 

 

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

 

 

大きなコールセンターや通販サイトではCTIシステムと考えがちですが、活用方法はそれだけでは無く、普通の企業でもテレマーケティングを用いるために活用されているケースも多く見受けていくことが出来ます。

 

 

電話での営業を日常的に多く行う企業では、CTIシステムの導入は生産性の向上のためには必須になっていくことでしょう。

 

 

 

顧客対応の品質向上も

 

 

どのような商材やサービスを販売していく場合でも、顧客との対応の品質は重要な要素になっていきます。

 

 

CTIを導入することで、顧客との通話内容を記録していくことができ、対応が正しいものかの判断を行なっていくことを可能です。

 

 

Webマーケティングや広告を展開していき、見込み客からの反響を得ていったとしても、電話を掛けて来た顧客との対応に問題があった場合には成約に結びつくことも難しいケースも多いことでしょう。

 

 

CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

 

 

自社で売上が伸び悩んでいる商材がある場合にも、CTIを活用していくことで、どのような問題があるかが明確になっていきます。

 

 

通常の電話対応だけで営業を行なっている場合には、『商材に問題がある』のか『営業の対応に問題がある』かの切り分けを付けるのも難しいものがあるはずです。

 

 

CTIを導入することで、営業が的確に対応しているかの判断を行うことが出来るようになり、商材やサービスの問題との切り分けが明確になり対応策を講じていけるようになります。

 

 

電話対応をする人数が多い場合には、管理も煩雑になり、的確な判断が難しくなりがちです。

 

 

担当者単位での通話履歴や内容を把握していくことが出来れば、管理を行う方も問題を早期に発見していくことができ、対応を適切に行うことを可能にしていきます。

 

 

 

CRM顧客管理と連携

 

 

CTIの導入には高額の費用が掛かっていくとイメージする方も多くいますが、最近は低コストで導入が出来るようになり、予算的に乏しい中小企業であっても問題無く導入を行うことが出来るはずです。

 

 

クラウドの活用により導入に関する初期費用も少なく、ランニングコストも月額定額制等の低額な運用を可能としています。

 

 

操作を行う端末もタブレット等の携帯端末でも可能になっていますので、担当者への教育コストも少なく済んでいくことでしょう。

 

 

新商品やサービスを販売していく場合には、広域にテレマーケティングを行なってもいくはずです。

 

 

ランダムに架電していくだけでは正確な効果を把握していくのも難しく、成約に結びつく見込み客を判断することも難しくもなっていくでしょう。

 

 

CRM顧客管理との連携を行なっていくことで、新規の見込み客の登録も容易に出来るようになっていきます。

 

 

CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

 

 

 

また、システムへの登録だけでは無く、エクセルシートへの反映等も可能ですので、関係者が自由な参照を行なっていくことも可能です。

 

 

営業機会を逃してしまうのは企業にとっては大きな痛手になっていきます。

 

 

顧客が求めるものが何かを的確に判断していき、的確な対応を取っていくことが何よりも大切です。

 

 

エクセル等を利用した手作業により対応管理では、架電が多いタイミングでは正確な情報を記録することも難しくなります。

 

 

管理者の業務負荷を軽減していき、商談内容の問題点を可視化していくには、早期のCTIシステムの導入を検討していくことが大切です。

 

 

CRM顧客管理と連携していくことで、重要な対応を的確に記録していくことができ、問題点をスムーズに改善していくことも可能になります。

 

 

 

心構え

 

 

未だにエクセルで顧客対応を行う企業も多いですが、業務の拡大を検討しているのでしたら、人員が増加しても管理を柔軟に可能にするCTIの導入を検討していくのも良いはずです。

 

 

ネットの比較サイトを参照していくと多くの製品が販売をされています。

 

 

自社の予算や目的に応じた適切な製品を選んでいき、スムーズな導入を進めていきましょう。

 

 

CRM顧客管理を導入しても、システムに入力するデータが正確で無くては意味もありません。

 

 

CTIシステムの活用方法はテレマーケティングやCRM顧客管理だけでは無くエクセルとも連携します

 

 

テレマーケティングで得た反応や、顧客対応で得た反応を正確に記録していくことで、今後の営業方針の検討や問題点の改善をスムーズに行なっていくことを可能にします。

 

 

殆どの販社では無料でのカウンセリングを実施しています。

 

 

気に入った販社を探し、都合の良いタイミングで相談を実施していきましょう。

 

 

自社の売上向上や経営上の問題を解決していくためにも、顧客対応のデータを正確に記録出来るシステムを導入していくことを検討することが大切です。

 

 

多くの製品はスマートフォンタブレットのような携帯端末にも対応し、直感的な操作を実現しています。

 

 

電話対応の品質向上と生産性を上げていくことを考える場合にはCTIシステムの導入を検討していきましょう。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: