• クラウド型CTIコールセンターシステム コールツリー
コールシステム導入効果とは!?

コールシステム導入効果とは!?

CTIコールセンターシステム CallTreeの導入効果とは!?

CTIコールセンターシステムは類似商品ももちろんあります。

ただ、どこが違うか?何が違うか?

まずは、どこの会社でも謳っているとこを紹介します!

 

架電件数、通話件数大幅UPで売上に繋がる!

「片方の手で受話器を持ち、もう片方の手で番号を押す」という俗に言う『手がけ』電話番号をいかに早く押すかが勝負になります。

また、目の前のパソコンに対応履歴を打ち込んだり、紙にメモを取ったりなど作業が多い中、両手が使えないというのは現場としてはかなりストレスです。

CTIコールセンターシステムを使えば、両手が自由になりますし、電話場号を打たずにシステムが次々と架電をしてくれるので、現場スタッフは『しゃべるだけ』飛躍的に通話数が上がるので、必然とアポ数も上がり、契約件数も上がります!

架電件数、通話件数大幅UPで売上に繋がる!

 

クラウド型システム採用で自社システム構築不要、運用費が抑えられる!

システムを導入すると聞くと「なにか機器を設置するのかな?」とか「工事が必要なのかな?」「インストールして設定するのかな?」など、想像してしまいがちです。

CTIコールセンターシステムCallTreeは機器設置不要!工事不要!インストール不要!

クラウド型システムのため、SNSのようにブラウザーを立ち上げIDとパスワードを入力してログインをすればすぐ使える最新技術を搭載!

運用費も安価で導入し易いのがメリットです。

クラウド型システム採用で自社システム構築不要、運用費が抑えられる!

 

お申込みから最短3営業日で即導入可。ビジネスチャンスを逃さない!

機器設置があったり、工事があったり、インストールし設定する事が多いと、どうしても本導入までに時間がかかってしまいます。

システム側でお客様専用のURLとログインIDとパスを作成して、お渡しします。

「1ヶ月だけ使いたい」、「1週間以内に仕事が回って来ちゃう」、「面倒なのは嫌だ」といった会社様にはすごく喜ばれております。

デモアカウントは即時発行ができますので、まずはデモからお使い下さい!

お申込みから最短3営業日で即導入可。ビジネスチャンスを逃さない!

 

集計・分析、情報共有も出来てチーム営業の為の機能も万全!

データは細かく集計・分析することによって、さまざまな戦略を練る事ができるようになります。

誰がいつどのくらいの頻度で営業をしてるか?

担当単位で毎回日報を書くのは面倒ですし、毎日続けるのは苦痛です。

そのような稼働データを全て自動的に集計してくれて、尚かつ自動計算してくれて閲覧ができるのですごく便利です。

また、チーム全員で共有すれば、誰が成績が良くて誰が成績が悪いかが比べることができ、なぜ成績に差が出るかをデータから見つける事もできます。

集計・分析、情報共有も出来てチーム営業の為の機能も万全!

 

メンテナンスも不要!常に最新システムにリアルタイムでアップデート!

追加の機能を開発し、実装は随時していきますが、まずは自社のコールセンターでバグ・不具合はないかを現場オペレータが実際の稼働の中でデバックをしていきます。

デバックをしていき、問題ないようであればお客様のアカウントに反映させていきます。

常にお客様は最新のシステムでどんどん便利な機能を使い続ける事が可能です。

メンテナンスも不要!常に最新システムにリアルタイムでアップデート!

 

安心の高いセキュリティー環境!

CTIコールセンターシステムの中には膨大な情報を入れている為に、セキュリティー体制には常に気を張っています。

4つのサーバーで安心・安全・安定運用
暗号化技術による安全なデータのやりとり
サイバー攻撃や不正アクセスを自動遮断
サーバーの監視、障害対応体制
定期的なバックアップ
セキュリティー対策の操作機能

これらの何重にも及ぶセキュリティー環境がお客様の大切な情報を守ります!

安心の高いセキュリティー環境!

CTIコールセンターシステムの導入によって会社は大きく進化します。

その進化を是非、体感して頂きたいです。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

発信電話番号表示機能を使ったCTIシステムとコールセンターへの応用

発信電話番号表示機能を使ったCTIシステムとコールセンターへの応用

CTIコールセンターシステムの導入はタクシー業界が一番!?

携帯電話では一般に普及している発信電話番号表示機能は、有線電話では20年ほど前にサービスが始まりました。

しかし、有線電話の電話機には発信番号を表示する機能がないものもあって、発信電話番号表示機能を有効利用しているとは言えません。

ところが、有線電話も含めた電話とコンピューターを統合したシステムが開発されて、いち早くタクシー業界で使われたと言われています。

この電話とコンピューターを統合したシステムは、CTI(computer Telephony Integration)と呼ばれています。

上記のタクシー業界で使われたCTIコールセンターシステムは、一種のコールセンターとも言えるものです。

CTIコールセンターシステムの導入はタクシー業界が一番!?

その内容は、タクシーの配車係に掛かって来た顧客からの配車要請の電話に対して、その発信電話番号から顧客情報をディスプレーに表示させるというものだったそうです。

しかし、これだけでも顧客に対するタクシーの配車がスムーズに行われるようになったと言われています。

その後は、このCTIコールセンターシステムも改良が進んで、顧客ごとの利用状況などのデータベースを使ったビックデータの解析なども行われているそうです。

これは、曜日や日にち毎の利用状況を解析して、どの地域にタクシーを配置しておくと、短い時間で配車できるかと言うような業務の効率化に貢献できるものだと言われています。

さて、現在のCTIコールセンターシステムは、タクシー業界ばかりでなく、コールセンターでの利用が一般的だそうです。

 

CTIコールセンターシステムなしでは大手企業は成り立たない!?

大規模なコールセンターでは、顧客からの電話の着信をオペレーターに均等に配分する機能や優良顧客からの着信を優先して受け付ける機能などがあります。

また、顧客の着信電番号から自動的に折り返し発信する機能も備えています。

その他には、顧客の苦情あるいは電話によるショッピング、そして製品などのサポートと言ったような業務別に着信を分配する機能もあるそうです。

また、電話回線が混み合っている時の自動アナウンス、あるいは一旦保留などの機能なども当然含まれています。

このようなCTIコールセンターシステムによるコールセンターの構築は、大規模になるほどハード的な設備とソフトウェアに多額の投資が必要になります。

しかし、このようなコンピューターで制御するシステムは、業務の効率化を大いに高めて、顧客への信頼も勝ち得るので投資に見合った効果が得られると言われています。

CTIコールセンターシステムなしでは大手企業は成り立たない!?

それ故、大規模なところをはじめとしてコールセンターでは、このシステムなしには業務遂行ができないそうです。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

アウトバウンドもスムーズにするCTIコールセンターシステム

アウトバウンドもスムーズにするCTIコールセンターシステム

お客様対応をスムーズにする

CTIコールセンターシステムはとても利用価値が高く、企業のオペレーターの作業をスムーズにしてくれるメリットが強みです。

通常、お客さんから電話がかかってきた時にオペレーターが対応しますが、場合によっては商品を発送する日にちや時間がズレてしまう場合があります。

翌日発送を行う企業も、一定の時間(12時までなど)に注文を受けないと翌日発送に対応できないケースがあり、電話が混雑していると全てのお客さんに対応できなくなります。

混雑の問題で規定の時間に電話を受けることが難しくなり、一部のお客さんに商品を翌日発送できない可能性もあるでしょう。

しかし、CTIコールセンターシステムを利用すれば時間の短縮を狙えますからおすすめします。

お客様対応をスムーズにする

普通に電話を受けて、コンピューターを使って登録したり、記録する作業はタイムロスに繋がりますが、一度、個人情報を入力してもオペレーターが電話をかけてきたお客さんの個人情報を聞かなければ、コンピューターから情報を抜き出せません。

けれども、CTIコールセンターシステムを使えばそんな手間やタイムロスをカットできます。

あくまで電話をかけてくる人が通知していればの話ですが、非通知していなければ番号と個人情報を登録しているコンピューター、パソコンとリンクして、画面上にお客さんのデータが出てくる可能性があります。

こんなに便利なシステムはないと思います。

もしも、かかってきた番号がコンピューターやパソコンに登録してあれば、直ぐにお客さんの名前を聞くことができるでしょう。

 

機能性もアップ!!!

アウトバウンドコールの機能性も上がります。

コールセンターで使う専門的な単語ですが、企業側、オペレーターが社内の誰かやお客さん、クライアント・取り引き先にダイヤルすることを言います。

CTIコールセンターシステムを導入しておけばさらにやりやすくなるでしょう。

電話をかけてきてくれた相手が、何らかの理由で会話中に電話が切れてしまっても、コンピューター、パソコンに情報が表示されている可能性があるのがポイントです。

機能性もアップ!!!

個人情報が表示されていなければ知らない相手や会員などでない可能性があるため、アウトバウンドコールはできません。

しかし、登録情報が番号と一致して画面に出てきたら、オペレーターは速やかにアウトバウンドコールできます。

社員の誰かに繋げるように要求された場合でも、情報を送信して、別の指定された担当者が使うコンピューター画面に公開されます。

これは、かなり大きなメリットですが、上手く活用してください。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

コールセンターやカスタマーセンターに電話をする時の電話代って安くしたい

コールセンターやカスタマーセンターに電話をする時の電話代って安くしたい

ナビダイヤルは電話代が意外と高い

フリーダイヤルならいいのですが、いわゆるナビダイヤル方式だとコールセンターに電話する時に、1分辺りかなり高い電話代が発生します。

普段はあまりコールセンターに問い合わせなどの電話をかける機会はありませんが、何か購入した製品にトラブルがあって相談したい時や、通販でしか売られていないものを買う時などはコールセンターに電話する必要があります。

ナビダイヤルは電話代が意外と高い

電話代がかかるなら出来るだけ手短に話を済ませればいいのですが、相談の為に電話をする時は基本的にオペレーターの指示に従って行動していかなくてはいけないので、どうしてもトータルの通話時間が長くなってしまいます。

時間がかかるということはそれだけ丁寧な対応をコールセンター側がしているということでもあるのですが、フリーダイヤルではない場合は電話代の面で辛いものがあります。

 

通話アプリで通話代削減!

特に固定電話ではなくスマートフォンから電話をする場合は、ナビダイヤルだと20秒で10円、つまり1分で30円もかかってしまう上に、原則として通話定額サービスにも適用されません。

これではもし困ったことがあっても、おいそれとコールセンターに電話することができません。

ナビダイヤルにかける場合にはなるべく固定電話からにする方法以外にも、なるべく電話代を押さえる方法が何通りかあります。

まずスマートフォン用の通話アプリをインストールするという方法です

通話アプリで通話代削減!

最も安い通話アプリなら、3分の通話でわずか8円にまで抑えることが可能です。

1分で30円もかかるナビダイヤルがあることも考えると、激安と言ってもいい値段だと言えます。

ただ、そのナビダイヤルと通話アプリが同じ提供会社ではないと電話が繋がらない可能性もあるので、その点は注意が必要です。

テレアポの費用削減に役立つ秒課金サービス

 

スマートフォンより固定電話からの方が安い場合があります

もう一つの方法は、併記されている固定電話にかけるという方法です。

ナビダイヤルの番号の中には050から始まる電話を設定で最初から接続不能にしてあるものも多いです。

スマートフォンより固定電話からの方が安い場合があります

その場合は固定電話の番号にかけることになります。

スマートフォンからその固定電話にかけた場合も、低価格での通話料を実現しているアプリなら非常に安い料金で済むはずです。

固定電話からナビダイヤルにかける時の注意点は、基本的にはスマートフォンからよりは安くなるという認識でいいものの、距離で料金が高くなり、そこまで安くならないという例もあるということです。

そのナビダイヤルの契約形態次第ですが、一応頭に入れておいた方がいいです。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

通話料を削減する方法は何がある?

通話料を削減する方法は何がある?

Skypeは通話料削減ができる通話ツール

昨今ではSNSサービスの普及を始め、様々な出会いがたくさんあるという事で、その分通話する機会も昔に比べて随分増えてきていますが、そういった際において気になるのが通話料です。

ですが、その通話料も最近では色々な方法で削減できるようになってきて、場合によっていくらでも長電話する事が可能になって来ています。

一番代表的ともいえるのがSkypeです。

Skypeは通話料削減ができる通話ツール

これはスマートフォンが普及する前のパソコン全盛期の時代から使われているサービスなのですが、お互いにSkypeのIDを持っておけば、何時間でも無料で通話する事が出来ます。

また、Skypeを持っていない人であっても、Skypeから固定電話や携帯電話にかける事が可能となっています。

その場合でしたら無料ではありませんが、携帯電話からかけるよりも通話料が安くなりますので、非常にお得です。

 

通話アプリ以外に通話料削減ができるのが050番号!

他にも、LINEから通話する事も可能で、これもSkypeと同様、LINEのサービスにお互いが入っていればそれだけで利用する事が可能です。

通話アプリ以外に通話料削減ができるのが050番号!

また、料金もSkypeと同じく無料となります。

基本的にLINEとSkypeにお互いが入っていればそれだけでお金の心配をする必要は無いのですが、どうしても電話番号が必要な時があるのも事実です。

そういった時に便利なのがIP電話で、050から始まる電話番号を取得して電話をする事で、通常の電話番号からかけるよりも安くなります。

中には基本料が無料で、通話の際にだけお金がかかるといったサービスもありますので、自分の用途にあった050番号を取得するのが大事です。

 

050番号を持つ時はメリットとデメリットをしっかりと理解しよう!

050番号の取得につきましては、インターネット上に様々なサービスがあり、インターネット上で申し込みが完了しますので申し込み自体も簡単となります。

050番号さえ持っておけば電話番号を持っている事になりますので、格安SIMで電話番号を付けずに050だけ申し込みをするという事も可能です。

050番号を持つ時はメリットとデメリットをしっかりと理解しよう!

また、その場合でしたら通話料に加えて、スマートフォンの月額料金の削減にもつながりますので、一般的なSIMの料金を払い続けるよりもかなりお得という事になります。

もちろん、通常の電話番号を持ち続けるメリットもあり、回線の安定さはどうしても通常の電話番号の方が上です。

050番号やLINEやSkypeでしたらフリーダイヤルにかけられないというデメリットがありますので、そういったメリットとデメリットを把握しながら、上手く通話料を削減していきましょう。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

テレアポでの秒課金の魅力とは

テレアポでの秒課金の魅力とは

テレアポは効率的な手段だが、経費が非常にかかってしまう可能性があります

テレアポは、まだインターネットが出る前から多くの企業が行っていました。

例えば、保険のセールスをする場合も、セールスマンが直接自宅に行くだけでなく、電話で勧誘をし、結果的に契約に結び付けるようにします。

テレアポの魅力は、会社に居ながらお客さんをつかまえて、契約を結ぶことができる点に大きな魅力がありました。

ところが、インターネットが出てきてからというもの、電話だけのセールスでは不十分な流れになってきています。

そのため、単に電話をしただけで契約に取り付けるのは難しくなっているでしょう。

問題はそれだけではありません。

契約を結ぶことができなければ、非常に経費がかかってしまいます。

テレアポは効率的な手段だが、経費が非常にかかってしまう可能性があります

そこで大事になるのが、秒課金になります。

 

通常の3分課金のデメリットとは?

秒課金とは、電話をするときに1秒当たりで電話料金を計算することです。

通常電話料金は、3分単位で計算されています。

例えば、市内であれば3分間6円から8円になります。

ところがこの仕組みはあまりメリットがありません。

なぜなら、テレアポの場合は、3分単位で話しをすることは少ないからです。

もし、契約が取れそうな場合であれば3分以上話すこともありますので、従来の計算方式でも何ら問題はないはずです。

通常の3分課金のデメリットとは?

ところが、現実にはほとんどの電話は30秒以内に終わっています。

つまり、契約が取れなかった電話の多くは30秒以内に終わっていることがわかります。

30秒以内に終わる電話がほとんどなのに、3分単位の課金では非常にもったいないです。

ちなみに、保険の契約であれば400件から500件電話をしてようやく1件契約が取れればよいとされています。

つまり500件電話したうちの499件は、30秒以内に電話が終わっている可能性が高いのに、3分単位の課金になっていますので、明らかに無駄でしょう。

 

秒課金の削減メリットとは?

そこで最近出てきたのが、秒課金になります。

これは3分間で計算するのではなく、1秒当たりで計算します。

そのため、電話を開始した時から電話を切るまでの時間がたとえ10秒であっても、お金を無駄にすることはありません。

もちろん3分以上離してもメリットがあります。

ですが、大半が3分以内の通話で終わるテレアポの現場では、秒課金がいかに魅力的かわかるでしょう。

実際に、秒課金を導入して毎月の経費を大幅に節約できた例があります。

その月の電話代の20%から30%程度は削減できるのが魅力的です。

秒課金の削減メリットとは?

今まで赤字だった会社でも、黒字に転換することができるかもしれません。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

営業する中でこんな悩みをお持ちではないですか?

営業する中でこんな悩みをお持ちではないですか?

こんなお悩みありませんか?

成約率アップと業務効率化を図りたい

見込顧客発掘までの時間をもっと短縮したい

通話内容を分析して色々な情報の把握をしたい

小規模のコールセンターを作りたい

コールシステムの費用を抑えたい!

コールシステムの導入は大変そうだし、使いこなせるか心配・・・・・

顧客情報を把握してサービスの向上を図りたい

自社の業務に合わせたシステムにカスタマイズしたい

こんなお悩みありませんか?

などなど、会社を運営している中で悩ましい問題は星の数程ありますよね。

実際、さまざまな会社様にご訪問させて頂き、多くの要望を聞かせて頂きました。

弊社はCTIコールセンターシステムのメーカーでもあると同時に『コールセンター会社』でもあり、『システム開発会社』でもあり、『コンサルティング会社』でもあります。

そんな弊社はさまざまな角度からアドバイスをさせて頂きます!

 

その悩みすべて解決します!

通信費・経費30%DOWNアポイント獲得率200%UP架電効率200%UP

 

安心して使えます!

導入時・導入後のフォローも万全です!

CTIコールセンターシステム導入が初めてでも安心してお使い頂けるよう徹底的にサポートさせて頂きます!

他社だと土日が休みだったりしますが、弊社は土日も休まず営業しております!

安心して使えます!

 

コスト削減は絶大!

電話回線もクラウドPBXで通常の3分課金から秒課金に変わり、コストを大幅に削減する事が出来ます!

大手通信回線ですと

「地方にかける時は安いが、近場にかける時は普通」

「長く話す前提だから、3分課金」

という場合がほとんどです。

新規の電話営業に分課金は適切ではありません。

ガチャ切りや断りなど、30秒以内や1分以内に通話が終了してしまう事が大多数を占めます。

コスト削減は絶大!

 

成約率、生産性がアップ!

『架電件数』『通話件数』が格段に増える事で、成約率、生産性もアップします!

基本的な考えとして、『成約数/アタック数』で成約率を計算します。

アタック数を上げれば、必然と成約数も上がります。

これは大数の法則です!

CTIコールセンターシステムを活用する事でそれが可能となります。

成約率、生産性がアップ!

 

データ分析で業務効率がアップ!

上記で『成約数/アタック数=成約率』と書きましたが、アタック数の中にも色々な数字が隠れています。

コンタクト数/コール数=コンタクト率

見込数/コンタクト数=見込率

アポ数/見込数=アポ率

などなど・・・

通話分析・結果分析・目標分析など様々な分析機能でリアルタイムに管理、業務効率を上げる事が出来ます!

データ分析で業務効率がアップ!

 

顧客へのサービス向上!

適切な情報を元に適切な対応をすれば自ずとサービスの向上に繋がります。

その情報が間違っていたら、引継ぎやバックヤード事務でミスが起きる可能性は高まります。

お客様との対応履歴として通話ログは自動的にバックアップされます。

もしもの時や念の為の確認などでリアルタイムにその通話ログを確認する事ができます。

充実した顧客管理機能とレポート機能で顧客へのサービスの向上を図れます!

顧客へのサービス向上!

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

最強コールシステムの効果とは?

最強コールシステムの効果とは?

CTIコールセンターシステム『CallTree』が選ばれる理由とは!?

設備不要、最短翌日で導入可!

開設まで最短3日で導入可で、かつ低コストです!

多くの方々が使う『SNS』のように、そのサービスを使う(入る)ための『ログインID』『ログインpassword』があれば、すぐに使う事ができます。

また、急な増席にも即対応、ビジネス拡大のチャンスを逃しません!!

 

クラウド型システムを採用!

クラウド型を採用している為、自社システム構築不要です。

また、ネット環境があればどこでもコールセンター開設が可能な為、支社を遠隔で本部と連結して稼働させたり、今流行のノマドワーカーやリモートオフィスにも最適です!

クラウド型システムを採用!

 

使いやすいインターフェイス!

システムは『誰でも』『簡単に』『どこでも』使えなければいけないと我々は考えております!

シンプル・イズ・ベスト!

操作性のシステムで、初めてでも簡単にスタートできます。

ご訪問・電話・遠隔操作などのサポート体制も万全です。

 

アウトバウンドに特化/クラウドPBX機能も搭載!

クラウドPBX機能も搭載し、アウトバウンド特化しているからこそ使いやすさは抜群です。

弊社もアウトバウンドのコールセンターを運用しております。

1クリックでも、1秒でも如何に効率よく架電させるかをモットーにやっております。

現場が作ったからこその使い易さです!

アウトバウンドに特化/クラウドPBX機能も搭載!

 

セキュリティも万全!

SSL暗号化技術によって個人情報を保護しておりますので安心してご利用いただけます。

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)/TLS(Transport Layer Security)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。

セキュリティも万全!

  • ウェブサイト所有者の確認

ウェブサイトの運営者が証明書に表示されているドメイン(サーバ)の所有者であることを証明できます。

これにより、サイト訪問者は「情報の送信先」を確認し、重要な情報を安心して送ることができます。

  • 通信データの暗号化

SSL/TLS機能によってブラウザとサーバ間の通信データを暗号化します。

これにより、第三者によるデータの盗聴を防ぎ、データを安全に送受信できます。

  • 改ざんの検出

SSL/TLS機能によって、サイトから送信した内容が第三者によって通信途中で書き換え(改ざん)られていないか検出できます。

 

全ての情報を共有化!

世界中どこでもリアルタイムに情報共有出来るので、外出営業と情報共有もスムーズです。

沖縄に支社があろうと、北海道に支社があろうと、日本の裏側ブラジルであろうと・・・。

グローバルな営業ツールがCTIコールセンターシステムです!

 

チームで使える営業ツール!

業務の見える化が出来きるため、通話分析・結果分析・目標分析をリアルタイムに管理する事ができます。

また、業務効率を上げ成果をもっと出したいとい企業にとってはもってこいのシステムがCTIコールセンターシステムなのです!

コールシステム導入により、見える化した組織は結束が更に強化されます。

チームで使える営業ツール!

 

無限大の拡張性!

業務に合わせたカスタマイズにも対応しておりますので、業務にフィットしたシステム運用が可能です!

顧客管理システムCRMや、SFA、グループウェアなど、業務効率をシステム導入により上げている企業でしたら、CTIコールセンターシステムの素晴らしさは既に導入してる企業は多いはず。

良いシステムも連動すうれば、シナジーが生まれ更に相乗効果でより良いシステムに進化します!

このようにCTIコールセンターシステム『CallTree』にはメリット盛りだくさんの為、さまざまな業界で選ばれてます。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

ニュースでも話題のテレワークとコールセンター

ニュースでも話題のテレワークとコールセンター

テレワークは最近、メディアでも話題になってます!

テレワークは、ニュースでも話題になることが多くなっています。

テレワークとは、ICTと呼ばれる情報通信技術を利用した働き方です。

テレワークは、遠隔勤務であり、自宅やサテライトオフィスなどで働きます。

場所や時間の制約を受けずに仕事をすることができるため、女性にとっては仕事のチャンスが広がります。

テレワークは最近、メディアでも話題になってます!

企業にとっても、コスト削減に加えて優秀な人材を流出させずに済むなど、多くのメリットがあります。

コールセンターで知られる大手企業の中には、オペレーターが自宅で働けるコールセンターシステムを発売しているところもあります。

オペレーターは、安全性の高い端末を利用して仕事を進めます。

 

遠隔操作ができるシステムに注目が!!!

コールセンター業務は、人手が不足しているため、主婦の労働力を活用できるシステムは注目を集めています。

コールセンターというのは、一般的にオペレーターがフロアに集まり、管理者が管理を行っています。

ビルの中に、電話の割り振りや会話の記録などを行う処理システムを置いているケースが多いです。

新しいシステムでは、管理コンピューターの必要がなく、必要な機能はクラウドで利用することができます。

コールセンターから離れた場所で仕事をする在宅オペレーターでも、クラウドにつなげば仕事をすることができ、管理者も仕事の状態を把握することが可能です。

自宅のパソコンを利用する場合でも、安全性を高めて仕事ができるように、データが端末に残らない高度な技術を活用します。

日本では、ここ数年でテレワークの情報が浸透してきました。

遠隔操作ができるシステムに注目が!!!

コールセンター業界では、在宅オペレーターの導入がさらに広がる見込みです。

2020年に開催される東京オリンピックでは、大規模な交通混雑が予想されており、テレワークを普及させることで様々な問題を解決しようという動きが広まっています。

自治体の中には、テレワークを行う場所となるサテライトオフィスの開設を支援している自治体もあります。

今後は、さらに官民が一体となってテレワークを推し進めていくと予測されています。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

通話課金システムとは一体何?

通話課金システムとは一体何?

通話課金システムは汎用性があるインフラです!

通話課金システムと聞くと聞き慣れない言葉ですので、一体何の事がわからないという人も多いかもしれませんが、これは、通話した時間に合わせて相手に課金請求できる事を言います。

例えば、電話占いのサービスなどを見ると何分で何円といったものを見かける事があると思いますが、そういった感じでのビジネスをしていく時に欠かせないものとなっております。

一昔前の場合でしたら、先に振り込みをしてもらってから料金の確認をして、その後通話を始めるといったものが多かったのですが、最近はこういったシステムを提供するサービスも増えてきています。

電話占いを始めとして、人生相談やカウンセリングビジネスには今は欠かせないものとなっていまして、こういったビジネスを立ち上げる際には通話課金システムの元を運営しているところから提供してもらい、事業を広げていこうと考えていくのが基本です。

通話課金システムは汎用性があるインフラです!

 

確実に集金をする為に重要な事とは!?

通話課金のメリットというのは手間が省けるという部分で、銀行振り込みをしなくて良いという部分もそこに当てはまりますが、他にもクレジットカード決済の導入や、サービスによっては電子マネーでの入金も可能になっていますので、24時間リアルタイムで入金の確認をする事ができ、より長く営業する事が出来ます。

クレジットカードや電子マネーで決済が可能というメリットは他にもあり、確実に顧客からのお金を回収が出来るという部分もありますので、銀行振り込みなどで万が一お金を払ってもらえないといった事をあらかじめ防ぐ形にもなります。

また、転送により電話をするという形になりますので、実際の電話番号を相手に知られなくても電話出来ます。

ですので、万が一電話番号がインターネットに流出するといった事もありませんし、こういったサービスを展開する時に気になるいたずら電話がかかってくる心配もありません。

確実に集金をする為に重要な事とは!?

 

通話料の回収率を上げる為にはシステムは必要不可欠

また、一部のサービスでは顧客情報を管理する事も同時に行えますので、業務を効率化させたい場合においても使えます。

一方でこういったシステムを導入する際にはどうしても初期費用が掛かってきますので、電話占いやカウンセリングビジネスを展開する際にそういった費用を抑えたいと考えているのであれば、銀行振り込みなどの決済を使っていくというのもありでしょう。

ただ、確実に回収率を上げていくのであれば間違いなく通話課金の方が上ですので、そういった部分を重視するのであればこうしたシステムは必要不可欠です。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

テレアポでかかる通話料の負担を節約するには秒課金がおすすめ

テレアポでかかる通話料の負担を節約するには秒課金がおすすめ

テレアポでの通話料は高く払い過ぎているかも!?

仕事で電話を利用する機会が多ければ、通話料の負担が問題になってきます。

安いものではないため、通話が長くなればなるほど費用負担が大きくなるのがデメリットです。 

しかし、営業電話の場合、1件ごとに見るとさほど通話時間が長くありません。

あまり費用の負担が大きくならないイメージがありますが、実際には無駄に料金を負担しているケースが多々あります。

大手電話会社の通話料の設定が原因です。

しかし、これを秒課金に対応する業者との契約に切り替えることで、通話の料金負担を大幅に削減することが可能です。

大手電話会社の固定電話料金は、3分単位で固定されています。

1分通話しても2分通話しても、3分間の料金を請求される仕組みです。

3分近くまで通話していればお得になりますが、テレマーケティングやテレアポなどの営業目的で電話を利用する場合だと、1件ごとにかける通話時間の殆どが、1分以内に終了するような状況です。

50%以上が30秒で終了するというデータが営業電話をする業界ではあるくらいです。

テレアポでの通話料は高く払い過ぎているかも!?

相手が留守番電話を設定している、不在である場合などだと、30秒どころか10秒未満で通話が終わってしまう場合も新規開拓の営業電話テレアポだとよくあります。

そのたびに、3分単位の料金を支払っていれば、費用負担が大きく膨れ上がるのは誰が見ても明らかです。

秒課金にする事で通話料は変わります

 

1秒課金はテレアポ業者にはオススメで安いプラン!

そこで、秒課金によって通話料を決めている業者の利用に切り替える選択をします。

この手の業者は1秒単位で契約を結んでくれるところばかりです。

3分単位の大手電話会社の場合だと1分通話すれば残りの2分間が無駄になりますが、秒課金のサービスを利用すれば残りの2分間に課金されません。

ただ、この手のサービスを利用する際に気になってくるのが、秒単位だと単価が高くなってしまう危険性についてです。

確かに短時間ならば単価が高くても安く抑えられますが、通話時間が長くなるとかえって費用負担が大幅に増える心配があります。

しかし、秒課金サービスを提供する業者は大手電話会社の大口割引制度を使って、驚くほど安く回線の使用権利を得ています

個別に契約するよりも通話料が安いため、秒単位の課金であってもリーズナブルな料金で済むメリットがあります。

1秒課金はテレアポ業者にはオススメで安いプラン!

大口契約を結べるのは、秒課金サービスの業者と契約している顧客全体という大きな規模で、大手電話会社と契約するためです。

個人単位、会社単位とは比べ物にならないほど規模が圧倒的に大きくなることから、実現できる方法です。

月単位で見ても、大幅な通話料の削減を狙えるほどお得です。

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。