WEB広告や交流会などの販促活動も可能なCTIシステムとマーケティングオートメーション


WEB広告や交流会などの販促活動も可能なCTIシステムとマーケティングオートメーション

 

 

マーケティングオートメーションとは

 

 

マーケティングオートメーションは見込み客獲得のための活動をデジタルベースでシステム化して行うマーケティングの手法の一つです。

 

 

見込み客の情報を一元管理したり、メールやSNS、ウェブサイトなどのデジタルチャネルなどでマーケティング活動を自動化して行われます。

 

 

また、このような活動を見える化することができるソフトウェアを用いたマーケティングの手法のことも含みます。

 

 

例えば、コールセンターに導入されているCTIシステムツールなどを用いて発信型のマーケティングを行ったり、受信型のマーケティングを行ったりする過程で得られた顧客情報を活用して、よりその顧客の潜在的な購入意識に働きかける活動を自動化によって行ったりすることができます。

 

 

WEB広告や交流会などの販促活動も可能なCTIシステムとマーケティングオートメーション

 

 

このマーケティング手法を活用すると、ポテンシャルカスタマーなどを属性によって分析することができたり、既存客の属性などの傾向を分析することで、より購入ポテンシャルが高い顧客を新規に開拓することができるようになります。

 

 

また、デジタルチャネルなどによって潜在的なニーズをもつ顧客を育成し、高い興味関心ステージにある顧客にセミナーなどの交流会の案内を送ったり、一定の興味関心レベルにある顧客に対してWEB広告を出したりするということも可能です。

 

 

様々な方法によって自社の商品やサービスに対する顧客の興味関心を高め、購買の可能性が高い顧客を営業担当者に引き渡すということを目的として行われているマーケティングの手法がオートメーション化されたマーケティングということなのです。

 

 

 

このツールでできること

 

 

この方法のツールといってもいくつかの種類があります。

 

 

そして、いろいろな種類がある自動化されたマーケティング手法には、値段も数万円から導入できるものなどもがあります。

 

 

基本的にオートメーション化されたマーケティング手法は、導入コストは通常の営業パーソンを雇って営業活動を行うよりも、より安価に実施できるといわれています

 

 

この方法はコスト面で大きなメリットが企業側にあるのです。

 

 

また、デジタルツールなどを用いて、同じくらいの興味関心ステージにいるポテンシャルカスタマーに同時にアプローチをすることもできます。

 

 

例えば、ポテンシャルカスタマーに対してメールを送るという方法が選択された場合、どの人にメールでアプローチをするのかということを決める必要があります。

 

 

その際、営業リストなどを元にして選択が行われたりします。

 

 

リストを作成するに当たっては、その人の属性などが共通している人をグループ化し、販促用のメールが配信されるということなどがおこなわれています。

 

 

この手法は法人だけでなく個人のポテンシャルカスタマーに対して行われ、人々の興味や関心のレベルを高めたり、高い関心や興味のレベルにある人々を獲得するために行われています。

 

 

WEB広告や交流会などの販促活動も可能なCTIシステムとマーケティングオートメーション

 

 

このマーケティング方法では、オートマ化されたマスマーケティング方法といえます。

 

 

しかし、マスマーケテイングといっても、顧客側か見れば前提となるのはワン トゥ ワンのアプローチです。マスマーケティングは同じ製品を不特定多数の消費者をターゲットとしています。

 

 

しかし、一対一に絞り込むというプロセスが顧客育成につながるのです。

 

 

デジタルメディアを用いたマーケティング活動においては情報は一方的に発信されがちですが、その中から消費者側から情報を引き出すということができることで、相互方向の関わり方が可能になるといえます。

 

 

そのようなコミュニケーションなどで関係構築につながっていくことで、より高次の興味関心レベルにポテンシャルカスタマーを育成することが可能になります。

 

 

そのようなカスタマーに対してセミナーなどの交流会に対する招待を行うことで、購買意欲が高い顧客に対する営業アプローチもより効果的、効率的になるのです。

 

 

 

メリット

 

 

自動化されたマーケティング方法はややもすればマスマーケティングの傾向が強くなりがちです。

 

 

しかし、事前に既存の顧客に共通する属性などに注目して、リストを作成することでより効果的な販促手法を立てることが可能になるといえます。

 

 

特に購入までの時間がかかるような高額な商品やサービスなどは、このような手法を用いてポテンシャルカスタマーの購買意欲を高める工夫がより必要になり、そのような点で、購買意欲などの度合いに応じて段階的に応じて効果的に彼らにアプローチすることができるこの方法はより効果的に顧客に対して販促活動を行うことができます。

 

 

また、コスト面でもメリットもあります。

 

 

WEB広告や交流会などの販促活動も可能なCTIシステムとマーケティングオートメーション
このマーケティング手法は見込み客獲得のための活動がシステム化されたデジタルベースで行われるマーケティングの手法の一つです。

 

 

この方法は段階的なポテンシャルカスタマーの購買意欲の度合いに応じてアプローチすることができるなどのメリットがあります。

 

 

育成をした顧客を営業担当者に引き渡すことでより効果的な営業活動が可能になります。

 

 

このようにマーケティングオートメーションは営業効果を高めるマーケティング手法の一つです。

 

 

 

 

 

関連記事