CTIシステム活用による優良な見込み客の作り方


CTIシステム活用による優良な見込み客の作り方

 

 

CTIシステムで営業活動を効率化できる

 

 

CTIシステムは電話応対を効率的に行うシステムとして非常に有名ですが、その利用によって営業活動を効率的に行うことができる事はあまり知られていません。

 

 

一般的に企業がCTIシステムを利用する場合あらかじめ別システムにより顧客リストを作成しそのリストに従って顧客に連絡をするとともに、その情報をシステムに格納するといった用途で利用されるものですが、これだけではCTIシステムを十分に活用しているとは言えない側面があります。

 

 

 

見込み客を抽出するために

 
企業が新たな顧客開拓を行う場合には通常様々なアプローチを行うことになります。

 

 

新商品を発表した際の発表会テレアポなどを利用し広く新規の顧客にアプローチを行い、その中から見込み客を抽出することでさらなる顧客開拓を行う方策をとっているところが多いのですが、そのために様々な展示会の準備や顧客リストの作成、及び実際のテレアポのために多くの労力を使っていることも少なくありません。

 

 

ITシステムを導入し業務効率化を行っている企業においても、新規顧客の開拓については人海戦術で行っていると言うところも多く、この点を効率化することで見込み客の獲得を迅速に行うことができるようになる可能性があるのです。

 

 

CTIシステム活用による優良な見込み客の作り方

 

 

しかし企業にとってCTIシステムはあくまでも電話に対する業務の効率化と言う考え方が根強くなっています。

 

 

そのためCTIシステムを有効に利用するためにはそのための顧客データベースをしっかりと作りこまなければいけないと言う先入観を持っている企業が少なくありません。

 

 

顧客データベースとCTIシステムは非常に親密な関係を持っており、CTIシステムの情報を顧客データベースにフィードバックすることで非常に有効なデータベースを構築することができるのです。

 

 

この仕組みを利用することで、CTIシステムを有効に活用しながら充実した顧客データベースを半ば自動的につくりあげることができ、見込み顧客の獲得を充実させることができるという効果があります。

 

 

 

CTI活用による見込み客の作り方

 

 

まずは顧客データベースに登録する

 
CTIシステム活用による見込み客の作り方は決して難しいものではありません。

 

 

展示会を行った際の顧客の入場リストをCTIシステムに登録することで電話によるフォローアップを行い、その反応をシステムレベルで顧客データベースに登録することで顧客の関心度を分別することができます。

 

 

CTIシステム活用による優良な見込み客の作り方

 

 

その結果関心度の分別により見込み顧客を絞り込むことができ、新たな顧客獲得対策を立案することがスムーズに行えるようになります。

 

 

従来では営業担当者が個々に電話をかけ反応を見ることが多かったのですが、これでは1人の顧客に対する対応に時間がかかり簡潔な対応が阻害される要因となります。

 

 

また多くの営業担当者は本業である日々の営業活動の合間にテレアポなどといった新規顧客の開拓作業を行うことが多くなるため、現実問題として営業担当者の負荷が増大してしまうことになり顧客獲得に対する様々な問題を引き起こす危険性もあります。

 

 

CTIシステム活用においては包括的に円滑に顧客対応を行うことができるため迅速かつ取りこぼしのない顧客の反応を顧客データベースに格納することができます。

 

 

成約に至る顧客の特徴

 
多くの企業では顧客を獲得するために非常に大きな労力をかけることが少なくありません。

 

 

企業内の様々な業務においてITシステムを導入し業務効率化を図る企業が非常に増えており、日常的な業務の効率化を非常に細かい点まで注意しながら進めている企業においても、顧客獲得のプロセスには十分な時間をかけなければいけないと考えているところが多くなっています。

 

 

その理由は実際に営業担当者がそのノウハウを持って顧客の反応を確認することで顧客の潜在的なニーズをしっかりと判断することができると言う理由によるものですが、実際には成約に至る顧客は展示会で商品を確認した段階でその興味を明確に示すことが少なくありません。

 

 

CTIシステム活用による優良な見込み客の作り方

 

 

逆に展示会で興味を示さない顧客に対しては営業担当者が様々な手段を講じ何度連絡をしても最終的な成約に結びつくことが少なく、提案や説明の機会などが与えられたとしても最終的には成約に至らないケースが少なくありません。

 

 

成約に結びつかない営業活動は最終的な大きな損失となってしまうため、システムを利用し顧客の反応から成約の可能性を推測することで効率的に新規顧客の開拓ができるようになるのです。

 

 

CTIシステム活用による見込み客の作り方は顧客データベースとの連動が十分に密接に行えることが前提となります。

 

 

展示会やテレアポでの顧客の反応をしっかりと顧客データベースにフィードバックすることで、CTIシステムを使ったアクションを迅速に行い、顧客の興味が薄れないうちに次の対策を実行することが必要です。

 

 

CTIシステムは顧客の反応を正確に顧客データベースに格納することができるツールとして有効に活用できるツールであるため、効果的に利用することで効率的に新規顧客の開拓が実現できるものとなっています。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

関連記事