名刺管理ツールによるMAツールとCTIシステムの連携の視点について


名刺管理ツールによるMAツールとCTIシステムの連携の視点について

 

 

名刺管理ツールとは

 

 

名刺は以前なら受け取った従業員が自身の獲得人脈として個人で管理されており、活用されていることが一般的だったといわれています。しかし昨今では、入手した名刺は会社に属するという考え方が広がっています。

 

 

部署に所属しているメンバーで名刺を共有することによってその情報を全社で活用してビジネスチャンスを広げるといった考え方になっています。

 

 

そのような考え方に基づいて利用されているのが名刺管理ツールです。

 

 

このような名刺管理ツールを用いると、名刺に記されている人や企業名、連絡先やメールアドレス情報などをデータ化することでデジタル画像などの形で共有することができ、企業の人脈を見える化させて共有できます。

 

 

単にデータベース的に保存しておくだけでなく、これらのデータの関連付けなどを通して、それぞれのメンバーの活動に役立てることができるのです。

 

 

名刺管理ツールによるMAツールとCTIシステムの連携の視点について
近年のインターネットの普及は営業の方法を変えていきました。

 

 

多くの人がインターネットを活用してほしい商品や気になるサービスに関する情報を集めるようになるにつれて、インターネット上のリードや既存客の動きをキャッチして、それを売り上げにつなげていくという考え方が注目されるようになりました。

 

 

つまり、マーケティングを営業支援に生かすという考え方です。

 

 

それに伴い、これまではマーケティング用ツール営業支援ツールが別々に提供されることが多かったのですが、営業支援を効率的に行うという観点から、分断されがちな業務プロセスを連携させ、結びつけるという考え方が注目されてきたのです。

 

 

 

名刺管理ソフトを導入するメリット

営業支援マーケティングの2つの業務を連動させて繋ぐ視点として、名刺管理が注目されるようになったのです。

 

 

このような名刺管理には、営業支援とマーケティング、そして名刺管理という、売上を上げるのに必要な機能がオールインワン的にまとめられているソフトなども登場しています。

 

 

このようなツールを用いれば、それぞれ異なるメーカーの2つのツールから出力されたデータを連携をしていく必要もなく、ワンストップでマーケティングと営業部門の協力がよりスムーズになります

 

 

複雑な連携を行う必要がなくなって、面倒な入力作業なども自動化され、MAツールからの優良見込み客の自動発掘をよりスムーズに包括的に行うことができるというメリットなどもあります。

 

 

名刺管理ツールによるMAツールとCTIシステムの連携の視点について
インターネットユーザーが増えた昨今、会社の売り上げを上げていくにはオンラインに強いマーケティング部門オフラインでのやり取りに強い営業部門が協力をしていくことが不可欠です。

 

 

そして、マーケティングが有効な営業支援となるためには、営業業務とマーケティング業務をつなぎ、十分な数のリードを営業に渡していくことが重要なのです。

 

 

そのため、名刺管理というツールを用いることで、企業は複雑なデータ連携なく、よりスムーズで効率的にこのような活動を行っていくことができるといえます。

 

 

 

MAツールとCTIシステムを導入するとできること

ではMAツールを導入するとどんなことができるようになるのでしょうか。

 

 

この点については、リードや既存顧客の行動の見える化が可能になるといえます

 

 

例えば、メールマガジン購読履歴やホームページの閲覧履歴などを見える化することができます。

 

 

このことで、リードや既存顧客の1社1社の行動データを分析することができるようになるのです。

 

 

そのことで、相手の興味や関心の範囲や度合いなどに応じてより効果的なマーケティング活動を計画したり実行したりでき、顧客を育てることもできるようになります。

 

 

既存客についてはCTIシステムの活用もマーケティング活動において重要な役割を果たします。

 

 

名刺管理ツールによるMAツールとCTIシステムの連携の視点について

 
CTIシステムこれまでの過去の顧客情報と連動させ、電話着信時に相手の具体的な情報をパソコン上に自動表示させることができます

 

 

また、通話を行いながら相手の今までの詳細な履歴を閲覧することができます。

 

 

このような情報を名刺と連携させるということで、より効果的な営業支援策を立てる時などに役立つのです。

 

 

また、CTIシステムは電話による顧客接点を充実させることができます。

 

 

そのことで、問い合わせをした既存客の興味を基に、さらに現在販売されたり、今後販売予定である新しい商品やサービスなどの案内も行うことができます。

 

 

そのような案内による顧客支援に関する情報を営業支援として活用することもできます。
名刺の管理ツールマーケティングや営業との業務プロセスを繋ぐ営業用ツールであるほか、CTIシステムなどの情報を連携させることで、営業支援ツールとしても活用させることができます

 

 

このような名刺という視点からの部署間協力は、購買意欲が高く、適切な検討プロセスにあるリードや既存客をよりスムーズに営業に引渡しをすることができます。

 

 

名刺は会社に属し、部署に所属しているメンバーで名刺を共有するということが一般的になってきた昨今、名刺を介して売り上げ増加につながるアクションが戦略的に行われるようになっているといえます。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事