必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム


必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

 

初期コストは大きな負担

 

コールセンターは、企業にとって重要な部門です。

 

顧客からの問い合わせに適切なサポートをすることにより、商品やサービスの売上もアップが期待できます。

 

近年はインターネット上で簡単にショップを開けるようになったことから、コールセンターの重要性はますます上がっています。

 

必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

インターネット上で商品を販売しても、その後の対応が悪いと評判は下がる一方です。

 

評判を上げ、売上に繋げるためにも、サポート体制を充実させるためコールセンター構築を考える企業は増えてきました。

 

しかし、コールセンター構築は、規模の小さな企業ほど負担は大きくなります

 

特に企業にとって負担となるのは、導入時に必要な初期コストです。

 

自社内にコールセンターを導入する場合、サーバーなど様々な機器を購入しシステムを構築しなければいけません。

 

機器を購入するためには多額の投資が必要となり、また今後も運営していくとコストは膨らみます。

 

売上アップに繋がる効果があっても、初期コストが高かったり今後の負担が増えるなら導入には消極的にならざるを得ません

 

それほどまでに中小企業にとっては大きな負担なので、初期コストは問題となっています。

 

 

 

クラウドサービス型とは

 

しかし、コールセンター構築のシステムにクラウドサービス型を選べば、必要費用は最小限に抑えることが可能です。

 

クラウドサービス型とは、インターネットを使ってシステムの構築ができるサービスです。

 

導入時に企業はサーバーを購入して自社内に設置する必要はなく、その他機器も最小限にしながらコールセンター構築ができます。

 

そのため必要費用を従来のタイプより抑えることが可能となり、クラウドサービス型なら中小企業でも最小限の負担でシステムを構築できるようになりました。

 

 

必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

 

 
なかには初期コストが無料のクラウドサービス型もあるので、負担なしで始めることも可能です。

 

コストの問題でコールセンター構築が難しいなら、クラウドサービス型を検討してみるのがおすすめです。

 

導入時の必要費用が最小限だと、使いにくかったり必要な機能が揃っていないと思うかもしれません。

 

使いにくいとオペレーターの教育に時間がかかりますし、便利な機能がなければ導入する効果も小さくなります。

 

クラウドサービス型であっても、基本的な部分は従来型と大きく変わりません

 

むしろコスト以外の部分で優れている点がいくつもあり、メリットは多いとされています。

 

 

 

クラウドサービス型のメリット

 

 

外部サービスとの連携が簡単

 

例えば、クラウドサービス型は、外部サービスとの連携が簡単なところです。

 

すでに様々なクラウドサービスを使っている場合、その外部サービスとコールセンターのシステムを簡単に連携させることができます。

 

外部サービスと連携できれば、オペレーターの業務効率は上昇し電話の共有も簡単です

 

 

必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

 

 

無駄な部分をそぎ落として業務を効率化できるので、外部サービスとの連携が容易なのは魅力的なポイントでしょう。

 

クラウドサービス型は、ネット環境が整っている場所なら場所を問わずコールセンターになるのも魅力です。

 

そのため多数のオペレーターや機器を集める部屋を用意する必要がなく、それぞれの自宅をコールセンターにすることもできます

 

 

 

災害にも強く通勤時間の有効活用が可能

 

自宅をコールセンターにする企業は近年増えており、企業にとっては負担を減らせる理由になっています。

 

また、働くオペレーターにとっても、通勤時間を減らせるので時間を有効に使うことが可能です。

 

家事や子育てとの両立をしやすい環境を作れるので、優秀な人材も集めやすくなるでしょう。

 

 

必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

 

 

コールセンターをオペレーターの自宅に分散させると、災害に強くなるメリットも生まれます。

 

地震や台風などの災害が起きると、電車がストップし帰宅難民が増えるのは社会問題となっています。

 

そのため台風などあらかじめ大規模な災害が予測される場合は、帰宅難民を減らすため休みにするケースも少なくありません。

 

自宅をコールセンターにできるシステムなら、出社不要なので災害の影響を受けません

 

ネット環境さえ確保できれば仕事ができるので、災害時にも滞りなくサポート体制を維持できます。

 

万が一のときに強くなるのも、クラウドサービス型を導入して良かった点となるでしょう。

 

 

 

短時間で導入ができる

 

また、必要費用だけではなく、コールセンターを導入するまでの期間が最小限になるのもメリットです。

 

従来型だと購入する機器の選定や設置などに時間がかかり、導入を決めてからコールセンター構築が完了するまで数ヶ月の期間が必要でした。

 

しかし、クラウドサービス型なら、必要な期間はわずかです。

 

 

必要費用が最小限になるコールセンター構築のシステム

 

 

ほとんどのサービスでは1ヶ月以内で完了し、なかには申し込みをした当日中に終わることもあります。

 

実際に導入されるまでの期間が長いと負担も増えますから、スピーディーにサポート体制を作り上げることができるのは、クラウドサービス型ならではの魅力です。

 

クラウドサービス型の魅力は、必要費用を最小限にしながら導入できることです。

 

しかし、その他にも様々な魅力があるので、多くの企業から選ばれています。

 

関連記事