価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム


価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム

 

 

クラウド型とオンプレミス型

 

 

ビジネスで使用するツールは、年々クラウド化されています。

 

 

コールセンターの開設や営業のために使われるテレアポのシステムも、近年は他のツールと同じくクラウド型が増えてきました。

 

 

オンプレミス型より増加している理由は、価格です。

 

 

オンプレミス型は企業が自社で設備を保有し、管理・運営まで行わなければいけません。

 

 

そのためオンプレミス型導入時に高額な費用がかかり、また管理・運営のためのコストも膨大になります

 

 

価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム

 

 

初期費用やランニングコストが膨大だと、資金的に余裕がない中小企業では導入が難しいです。

 

 

営業などの業務を効率化できるメリットがあっても、コストの問題によりオンプレミス型の導入を諦めた中小企業は多いでしょう。

 

 

しかし、インターネットを介してサービスを提供するクラウド型なら、設備を購入し自社で保有する必要がありません。

 

 

全てのサービスはインターネットを介して行われるので、今ある設備を使ったり簡単なモノだけで導入できます

 

 

 

導入がスムーズでランニングコストが安い

 

 

自社内でシステムを整える必要がなくなれば、導入に関わる初期費用を抑えることことが可能です。

 

 

最近では初期費用を抑えるどこか、無料なのでゼロにできるサービスも登場しているほどです。

 

 

また管理・運営に必要なコストも削減できるので、全体的に費用を削減できるようになりました。

 

 

そのためオンプレミス型よりも価格面で優れたメリットがあり、特にこれまでコストの問題で導入できなかった中小企業にとっては、魅力的なポイントになっています。

 

 

今ではオンプレミス型より選ぶ大企業も増え、人気を二分する形になっています。

 

 

価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム

 

 

優れたメリットは価格だけではなく、導入までの時間が短いのも魅力です。

 

 

従来のオンプレミス型は、サーバーを用意したりなど自社内にテレアポのシステムを構築する必要があったために、導入で数ヶ月かかるのは当たり前でした。

 

 

導入までの期間が長くなってしまうと、その間にビジネスチャンスを逃してしまいかねません。

 

 

ビジネスのスピードが速くなっている現代だからこそ、時間的なロスは致命傷になります。

 

 

クラウド型はインターネットを介してサービスが提供されるので、自社での準備を省くことが可能です。

 

 

長くても1ヶ月、短いと申し込みから5分で使えるサービスもありますから、オンプレミス型より時間的なロスは多く減らすことができます

 

 

コストが抑えられることともに、導入時の時間的なロスも減らせるのはオンプレミス型にはないメリットです。

 

 

 

利用規模も柔軟に変更可能

 

 

利用規模を柔軟に変更できるのも、価格に関するメリットに繋がる部分です。

 

 

コールセンターなどのテレアポは、時期によって利用者が増減します。

 

 

大規模なシステムを構築しておけば、利用者が増えたときにも迅速に対応できるでしょう。

 

 

しかし規模を大きくしているとそれだけ管理のコストが増えて、無駄になってしまいます

 

 

価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム
かといって利用者が減るたびに規模を縮小するのも現実的ではなく、急に増やしたくなったときにもすぐに対応できません。

 

 

自社で構築していると利用規模を柔軟に変更できないのは、デメリットと言えるでしょう。

 

 

しかし、クラウド型利用人数に応じて、ライセンス数を増減させればすぐに対応できます

 

 

利用人数が減っているときにはライセンス数を減らし、逆に増員を考えているときには増やせば規模を瞬時に拡大できるので、その時々の状況に応じて柔軟に変更させることが可能です

 

 

規模を利用人数に合わせて変更できれば、無駄を削減しコストも抑えられるでしょう。

 

 

導入時やランニングコストだけではなく、規模の変更が容易なことも価格面で優れたメリットになっています。

 

 

 

インターネット環境さえあればどこでも使える

 

 

価格以外にクラウド型を導入する最大のメリットは、場所を問わず使用できることです。

 

 

現在では働き方改革により、在宅で仕事をする人が増えつつあります。

 

 

コールセンターも一カ所にスタッフを集めて解説するのではなく、在宅型が増加中です。

 

 

在宅型のコールセンターが増えた理由の一つは、クラウド型のテレアポシステムが発展したことも挙げられます

 

 

価格のメリットが大きいクラウド型のテレアポシステム

 

 

在宅型なら働くスタッフの負担を減らせるだけではなく、コールセンターを運営する企業にとってもコスト削減などの効果を見込むことが可能でしょう。

 

 

さらにインターネット環境さえあればどこでも使えるというメリットは、災害時にも威力を発揮します。

 

 

災害時こそコールセンターは重要ですが、交通手段がなくなるとスタッフを確保することができません。

 

 

また一カ所に集めることにより被害を受けたときの損害も大きくなり、コールセンターを閉めるしかありません。
しかしインターネットに繋がれば使えるテレアポシステムなら、環境さえ整っていれば災害時にも迅速に対応できます。

 

 

台風や地震など自然災害が多い日本国内だからこそ、どこでも使えるメリットは非常に大きくなります。

 

 

テレアポのクラウドサービスを利用することで、コスト削減など様々な恩恵を受けることが可能です

 

 

コストを抑えつつコールセンターを開設したいなら、最適なサービスと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事