コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき


コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき

 

 

コストパフォーマンスを考えよう

 

 

コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべきです。

 

 

特に今はネットという情報交換ツールとしては最強ともいえるものがありますから、コールセンターシステムが最も効果的に機能するのかという事を考えなければなりません。

 

 

これは単に利便性という事だけではなく、常にコストパフォーマンスは考えなければならないという事になるでしょう。

 

 

コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき

 

 

コールセンターシステムは人を配置するというシステムになるでしょうから、これはかなりの維持コストがかかるという事も計算しておく必要があります。

 

 

維持管理に費用がかかるわけで、運用も考えなければなりません。

 

 

ですが、インターネットを利用してのシステムであれば、質問などは全てメール受付にして、これに対する返事もメールで返事をするというようにすれば、コストはほとんどかからなくなります。

 

 

しかも、動画を添付するという事をしたり、動画の場合はサイトに掲載して、そのURLを記載するというような事をすれば、それでほとんどの対応は出来てしまうという事を考えておく必要があります。

 

 

これはコールセンターよりも動画を見ることが出来るという分、理解度という点でも優れたシステムという事になるでしょう。

 

 

 

リアルタイムに本当に必要か

 

 
コールセンターにするメリットとしては、リアルタイムでの応答が出来るという事があって、これが安心につながるという事があるのですが、このリアルタイムが本当に必要なのかという事は考えておく必要があります。

 

 

世の中でそれほど今すぐに返事が必要という事がどれぐらいあるのかという事は言えるでしょう。

 

 

コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき

 

 

それがリアルタイムでなければならないという事はほとんどないのが現実だと考えてもいいはずです。

 

 

とすれば、コストパフォーマンスで圧倒的に変わってしまうシステムを作るという事は膨大なロスになり、これが経営を圧迫するような事になる事も十分に考えられるという事ニラなります。

 

 
今後電話というのは、減っていくという事も考えておいた方がいいかもしれない。

 

 

インターネットを利用してね情報交換の一つとして音声による情報交換は行われる事になるでしょうが、これからの通信はインターネットが主体となり、それはもうすぐそこに来ているという事を考えておく必要があります。

 

 

 

インターネットはすべての人が使っているわけではない

 

 

ただ、そうなるとインターネットを利用しない人はどうなるのかという事がありますから、これについては、検討して置く必要もあるはず。

 

 

こうしたインターネットを利用しない人達のためにコールセンターシステムを検討するという事はあってもいいはずです。

 

 

これについてもコストパフォーマンスは必ず検討する必要はあるでしょうから、常に必要対効果という物は考えておく事は大切です

 

 

コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき

 

 
インターネットを全ての人が利用するというような世界になれば、そのような事は考えなくても良いかも知れませんが、インターネットはそれなりに費用もかかり維持費もかかる物ですから、これが全ての人が利用するツールとなるという事は難しいかもしれないです。

 

 

多くの人が利用するという事にはなるでしょうが、全ての人という事まではいかないでしょうから、福祉的な事を考えてコールセンターシステムを検討するという事もあっても良いかも知れません。

 

 

福祉という意味であれば、これはコストパフォーマンスを考える必要は無いわけですから、ただひたすら福祉的な考え方によって作る事が出来ます。

 

 

 

ネットでの対応はネットで

 

 

ただ、これからインターネット社会は更に進んでいき、今でいうところの電話を利用するようにインターネットを利用するのが当然という社会になるとも考えられますから、こうした将来的な動向も含めて考えておく事も必要になるはずです。

 

 

とすれば、この強力な情報交換ツールは電話機能も有しているわけで、これを利用することで様々な事が出来るという事になるはず。

 

 

コールセンターシステムの導入は理由をまとめてコストパフォーマンスを考えて設置すべき

 

 

基本的にインターネットで出来ない事はほとんどないという世の中になっていく事が予想されますから、これを如何に上手く活用するのかという事が次の時代では問われていく事になっていきます。

 

 
これはビジネスにおいても言える事ですが、趣味などについても言える事で、様々なサービスが趣味であろうと仕事であろうと関係なくネットを利用して情報交換されていくという事になるはずです。

 

 

そうなると、コールセンターのような電話での対応というのでは、足りないというような事にもなるのかもしれない。

 

 

電話というのは極めて情報量が制限されているので、テレビ電話のような形でインターネットを利用している人からすると不便極まりないというように感じるようになるかもしれません。

 

 

今でこそまだテレビ電話はそれほど普及はしていませんが、これから更にネットの利用者が増えていく事になれば、テレビ電話も当たり前で使うようになるのかもしれない。

 

 

そうなった時には、コールセンターはインターネットを利用したサービスと合体して行われるというような事にもなっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事