コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

Home ノウハウ集 選び方・ポイント コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較
コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

 

 

在宅コールセンターとは

 

 

事務所などの仕事場で行うコールセンターの業務が自分の家でできる方法在宅コールセンターと呼びます。

 

 

在宅の最大のメリットは会社に通勤しなくても良くなるために、時間を多く有効的に使える点です。

 

 

近年の働き方の一種として注目度が高まっている方法と言えます。

 

 

在宅ワークには色々な種類のものがありますが、その中でも『電話を受け取る仕事は研修やマニュアルが存在していることが多い点が特徴で、今まで業務を経験したことが無い人でも始められることも利点です。

 

 

コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

 

 

そのために自宅で働きたいと考えている小さな子どもがいる主婦に特に人気です。

 

 

在宅業務を行うにあたって、テレワークの方法を国として推進している背景もあります。

 

 

テレワークは情報通信技術を使用して、どんな場所や時間帯でも柔軟に仕事を行う方法のことを指します。

 

 

テレ』の意味は離れた場所で、企業が用意している決まった現場以外でも仕事をするスタイルのことです。

 

 

テレワークを導入することで、一般的な日常生活と仕事とのバランスを取るワークライフバランスを向上するために役立ちます。

 

 

ワークライフバランスの向上は、日本政府が積極的に導入することを推進している働き方です。

 

 

 

テレワークの種類

 

 

テレワークを大きく分けると2つに分類することが可能で、1つは雇用型、もう1つは自営型です。

 

 

雇用型企業に勤める形のことですが、営業など外部で勤務する仕事では顧客先を訪問することが増えるために、在宅と比較するとわざわざ会社まで行くことが多くなります。

 

 

会社への通勤時間を削減することで時間の節約につながるために、通勤型と比較すると業務においても作業効率を高めることが期待できます。

 

 

移動のときや出先でパソコンやスマートフォンを使用して会社との連絡を取ることで、オフィスに顔を出さなくても仕事を行えます。

 

 

コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

 

 

会議などの重要なときのみオフィスに行く方法になるので、自由度が高い働き方と言えます。

 

 

企業によっては本社以外の場所にサテライトオフィスを用意することで、従業員の勤務先までの移動時間を短縮することにつながります。

 

 

通信システムを充実させることで自宅で働くことも可能なので、テレワークの方法で在宅コールセンターの従業員として仕事をすることもできます。

 

 

在宅で勤務できれば育児で忙しくて会社まで行けない人や、親の介護をしながら働きたい人など、通勤することが難しい立場の人でも会社を辞めずに済みます。

 

 

企業にとっても手放したくない優秀な人材を退職させなくて済むために、メリットの大きい働き方です。

 

 

在宅勤務の形ならば家族との時間が増えるので子育てをしやすい社会を実現できることや、仕事以外の自分の趣味や他の目標を達成するために時間を使えるようになります。

 

 

オフィスまで通勤する人が少なくなれば交通機関の利用者も減るために、温暖化の原因と考えられている二酸化炭素の削減にも繋がります。

 

 

 

在宅コールセンターの特徴

 

 

テレワークのシステムを利用できる職種として、在宅コールセンターを挙げることができます。

 

 

今まで企業で勤めてきた人にとっては在宅勤務は環境が変わることになるので、未経験の仕事をする機会が増えます。

 

 

未経験者が選択する仕事の中では報酬が高い特徴があり、電話1本単位で報酬が発生する契約もあります。

 

 

そのために自分にとって都合の良い時間帯のみに働くことも可能で、受注ごとに報酬を受け取る形態も存在しています。

 

 

成果報酬のある在宅ワークの中で稼ぎやすいために、電話対応の仕事を選ぶ人も多いです。

 

 

コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

 

 

在宅ならば実際のコールセンターとの違いとして、周囲の従業員の声が妨げにならない点が挙げられます。

 

 

コールセンターの従業員として働くことを希望していても、オフィスでの勤務ならば周囲のオペレーターが電話を受け取っているために、電話先のお客の声が聞こえないなどのストレスが溜まる人もいます

 

 

在宅勤務であれば周辺に別のオペレーターがいることはありませんので、自分が電話を受け取ることのみに集中できます。

 

 

自宅なので自分にとって落ち着いた空間で勤務できるために、業務に集中してミスを減らすことも期待できます。

 

 

好きな時間でオペレーターができることに加えて、場所も自分の落ち着けるところを選べることが特徴です。

 

 

 

マニュアルが充実している会社を選ぼう

 

 

現実のオフィスならば多くのオペレーターが狭い空間内で仕事をすることになりますが、別のオペレーターを見ることでスキルを学ぶことができます

 

 

在宅では自分しか居ないために他のオペレーターを真似ることができない問題があるために、マニュアルが充実している会社を選ぶことが大切なポイントです。

 

 

コールセンターの仕事にテレワークシステムを導入した時の通勤型とのメリットの比較

 

 

仲間と一緒に仕事をしたい人には向いている働き方とは言えませんが、ひとりで集中したい人には大勢の人が勤務しているオフィスよりも働きやすいと言えるでしょう。

 

 

お客と実際に電話で対応する業務となるために、企業のサポート体制がしっかりしているかも注意しておかなければなりません。マニュアルに載っていない事態が起きたときに企業がサポートしてくれる会社を選んでおけば、安心して仕事を続けることが可能です。

 

 

 

 

 

Share: