CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

Home ノウハウ集 システム活用テクニック CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う
CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

 

 

マーケティングオートメーションとは

 

 

近年は、マーケティングオートメーションと呼ばれる仕組みを導入している会社が増えていますが、これはCTIシステムを利用しておこなうことも多くなっています。

 

 

そもそも、マーケティングオートメーションを利用して自動化と最適化を行う場合どのようなことが必要かといえば、まずそもそもマーケティングオートメーションとはどのようなものかです。

 

 

これは、一言でいうとすべてを自動化するシステムのことをいます。

 

 

CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

 

 

例えば、顧客がいた場合に『その顧客が一体何を望んでいるか』をよく理解したうえで商品やサービスを提供することができれば、顧客にとってはかゆいところに手が届く存在としてその企業のことを調合してくれるでしょう。

 

 

つまり、一番保守的なことですが、相手が望んでいることあるいはお客さんが望んでいることにたいして商品やサービスを適切に対処したうえで、お客さんの問題解決を図ることが重要になってくるわけです。

 

 

これを行うためには、丁寧な顧客の分析が重要になりますが顧客の人数が少ないうちは特に自動化しなくても問題がありません。

 

 

例えばまだ会社ができてそれほど立っていないころで顧客が10社ぐらいしかいない場合、それほど混乱を極めることはないでしょう。

 

 

一つ一つを適切にこなして勢いだけだからです。

 

 

 

人間の力の限界

 

 

ところが、ある程度規模が大きくなり顧客の数が100社以上になるともはや情報が錯そうしてしまう可能性があります

 

 

押し間違えた情報をもとにして顧客分析を行ったり、サービスや商品を提供しようとすれば顧客の要望とは違ったものを提供することになってしまい、クレームが発生する場合や最悪の場合には契約が打ち切られることも考えられます。

 

 

契約が打ち切られてしまえば収益がなくなってしまうことになり、その会社の売り上げが減少するのは言うまでもありません。

 

 

CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

 

 

つまり、ある程度顧客が増えた時に正確な情報をもとにして対応するためには、人間の力だけではどうする事も出来ません

 

 

もちろん数が増えたとしても、人間の力でどうにかすることはできるかもしれませんが、かなりの時間がかかってしまい人件費の無駄遣いになります。

 

 

今がバブル最盛期のころならば金銭的に余裕があるため様々なことを試してみてもよいかもしれませんが、今の世の中は金銭的な余裕のある会社は少なく顧客の方も問題が起きると切り捨てるようなことをしますので緊張感が以前に比べて大きくなっています。

 

 

人間も、慎重に作業する人が多ければよいですが完ぺきな人はいませんので、やはりどこかの段階でコンピューターなどの自動化をする必要があるでしょう。

 

 

そこで役に立つのがマーケティングオートメーションになります。

 

 

 

導入するメリット

 

 

コンピューターを使うことによって、その会社の数が10社でも1万社でもそれほど大きな違いがあるわけではありません。

 

 

もちろんそれを見ていくには従業員の数も増やしていかなければいけませんが、一番ベースである情報の整理最適化そして自動化はすべてコンピュータが行うため打ち込む人がミスをしなければ特に問題ありません

 

 

CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

 

 

データ化するメリットの一つは、なんといっても紙媒体でないため情報自体を保管しておくのが非常に容易なことです。

 

 

これを紙媒体にすると、かなりの量を保管しておかなければならず、大きな棚を一つ購入しなければならないことになるでしょう。

 

 

問題はそれだけでなく、情報を整理するのにかなりの時間がかかってしまいます。

 

 

会社の数も多ければ多いフォード情報を棚の中にしまっておくことでそれを引っ張り出すのにかなりの無駄な時間を費やすことになるでしょう。

 

 

時間こそ会社にとっては命でありそれを無駄に使うことは決して合理的とは言えません。

 

 

これに対して、コンピューターに情報をためておけば、検索するだけで今まで1時間近くかかっていた情報を引っ張り出すのに10秒もかからない可能性が出てくるでしょう。

 

 

こうすることで、社内の人件費の無駄を大きく揺らすごとができ少人数で作業を行うことも可能です。

 

 

 

問題点

 

 

ただ問題点があるとすれば、データが紛失してしまった場合です。

 

 

例えば東京の企業の場合には、東日本大震災などの大きな地震が起き、パソコンが倒れた時にデータが消えてしまった例もありました。

 

 

デスクトップ型なのでノートパソコンのように下に落とす可能性は少ないですがやはり自然災害は予期できないことがありますので、しっかりとしたデータの保管をしておくことが必要です。

 

 

CTIシステムを利用しマーケティングオートメーションで自動化と最適化を行う

 

 

また、紙媒体にしないことで、一気に盗まれてしまうことも考えられるでしょう。

 

 

セキュリティーを使うとそれなりにお金がかかりますが、『その部分を消してしまったためにお客さんに対して大きな迷惑をかけてしまう』と導入したことが逆効果になってしまう可能性があります。

 

 

その点をよく考えた上でコンピューターを導入する必要があるでしょう。

 

 

上手に使えば、大きく会社を広げることができるだけでなく管理がとても容易になるため非常に便利です。

 

 

 

 

 

Share: