マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

Home ノウハウ集 システム活用テクニック マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!
マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

マーケティングオートメーションとは

 

 

マーケティングオートメーションは、見込み顧客の獲得から営業担当者への引き渡しまでの一連のマーケティング業務について、専用のツールなどを用いて一貫して管理して、自動化したり、最適化するための活動のことを言います。

 

 

つまり、マーケティング業務を効率化するのがマーケティングオートメーションということになります。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

この方策はビジネスの場合においてメリットがあると考えられ、それぞれの人に対し、関心の対象や程度、立場やマーケティングに関する知識といったステータスに合わせてマーケティングの活動を行うことができるというメリットがあります。

 

 

このメリットは一貫した管理ができるということにもあり、単に獲得した興味段階の見込み客をそのまま営業パーソンに引き渡すのではなく、様々な情報を一元管理し、それぞれで最適化されたアクションを取ることによって受注が近い状態で営業担当者に引き渡すことができるのです。

 

 

 

マーケティングオートメーションの特徴

 

 

マーケティングオートメーションの特徴として挙げられているが統合管理ができるという点です。

 

 

これまでなら異なったツールで別々に行われていた活動が統合でき、一つのツールによって管理したり実施したりできるのです。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

独立していたデータなどを連携させ、より効果的にマーケティング活動を行うことができるのです。

 

 

一元的に管理できるので、それぞれのユーザーに応じて最適化されたアクションを提供できるようになります。

 

 

そして、その時の興味関心の度合いや役職や目的などを考慮してアクションを選択できるという効果的なアプローチができるのです。

 

 

 

作業の自動化が図れる

 

 

また、作業の自動化が図れるというメリットもあります。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

全体をどのようにとらえ、どのようなテーマでアクションを組み立てるのかといったことは必要といえますが、作業自体の点で、繰り返して行うといったことを自動的にツールが進めてくれるため、いちど全体的な点を決めると後はある程度のことをツールに任せられるというメリットがあります。

 

 

 

作業時間が短縮できる

 

 

例えば、メール配信など、マーケティング業務の中で繰り返して行われる作業を自動化することには作業時間の短縮といったメリットがあります。

 

 

入力ミスなども防ぐこともでき、高い購買意欲をもつリードを見逃さないという点でもメリットがあるといわれています。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

そのぶん他の業務に時間を使うことができ、マーケティング業務の質を高めるということにもつながるといえます。

 

 

これまでは、リードの詳細な行動分析はなかなか難しいことだと考えられていたのですが、マーケティングオートメーションツールを活用することで、そのような分析を通して一人一人のリードによりマッチしたアクションを自動的に選択できるようになるといえます。

 

 

 

リードの興味を可視化できる

 

 

さらに、リードの興味レベルを見える化することも可能になります。

 

 

各アクションのデータを用いることで購買意欲の見える化が可能になります。

 

 

そのことで成約に至る可能性のより高いリードを営業担当者へ知らせることができるというメリットも大きなものだといわれています。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

このようなツールを導入するという場合、MAツールは会社の状況によって適切化したものを選ぶという必要があるといわれます。

 

 

その視点として、どの製品をどのような顧客を対象として、どのようなマーケティングアクションを取るのかという点を明確にしたうえで、マーケティング戦略やマーケティング体制に合わせてその企業の状況に合う最適化ツールを選ぶということが大切なのです。

 

 

 

CTIシステムと組みあわせた場合

 

 

例えば、CTIとよばれる電話によって顧客との接点効率を測るシステムを活用するという方法もあります。

 

 

CTIシステムはコールセンターのようなインバウンド業務の他にも、テレアポによる新規顧客の開拓アクションなどの営業支援のツールとしても活用できるものがあります。

 

 

受信対応だけに人員・コストをあまりかけられないという場合などには、CTIシステムはテレアポの営業支援ツールとして利用できるといった方法もあります。

 

 

この営業支援機能の利点は通信費用や人件費といったコストをできるだけ掛けないというコスト削減上の効果が得られるという点です。

 

 

マーケティングオートメーションは一貫して管理できマーケティング業務効率化が図れる!CTIシステムと組み合わせる方法もある!

 

 

IP電話を活用すると拠点同士の通話は通話コストがかからず、大幅なコスト削減が期待できるというメリットもあります。

 

 

またCTIはパソコン上での操作が可能なため、顧客データの収集や蓄積などによる顧客リストの精度を高めるという点でも大きなメリットがあると考えられているのです。

 

 

このように、マーケティングオートメーションは見込み顧客獲得や営業担当者への引き渡しなどのマーケティング業務をさらに効率的に進める上でメリットが見込めるマーケティングツールといえます。

 

 

このシステムを活用するとマーケティングの業務がより効率化されるというメリットがあります。

 

 

このツールによって一元管理や自動化や最適化が可能となります。

 

 

このようにマーケティング業務を効率化することができるのがマーケティングオートメーションなのです。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: