テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは


テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは

 

 

テレワークの種類

 

 

今までテレワークといった在宅勤務での仕事のやり方は、一部のフリーランスや自営業の方のみが行うといったイメージを持っている方は少なくありませんでした。

 

 

しかし現在では総務省と厚生労働省の働き方改革が推奨されたことにより、多くの企業で自宅でのテレワークを導入することがかなり増えてきており、仕事の方法もかなり多岐に広がってきている傾向にあります。

 

 

テレワークを行う上でやはり気になってくるのが、自宅での勤務で生じるデメリットはどのようなものがあるのかという点です。

 

 

自分の生活圏で仕事を行えたり、会社に出勤することなく生活スタイルに合わせて仕事を進めることが出来るため、メリットばかりあるのではと感じる方は少なくありません。

 

 

テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは

 

 

特に最近ではモバイルワークと呼ばれるモバイル機器を利用し、自宅以外の場所でもネットワーク環境が整えれば就業場所にすることが可能で、いつでもどこでも会社業務に従事する事ができるシステムや、施設利用型勤務など、他のオフィスや遠隔勤務用の施設を就業場所とし、会社業務に従事するサテライトオフィスなどの方法も人気があります。

 

 

これらの仕事は基本的にインターネット回線や電話があり、連絡を取り合えることができ、パソコンやスマートフォン、タブレットさえ持っていれば誰でも気軽に仕事を始めることが出来る特徴があります。

 

 

また最近では在宅コールセンターなど、コールセンターオペレーターの仕事も自宅で行える求人を出している企業も増えてきており、インカムとパソコン、インターネット回線さえあれば、オペレーターの仕事経験がある方であれば、研修を受けた後にすぐに働き始めることが出来るため、育児をされている方や、家族の介護で自宅で行える仕事を探しているという方は特に在宅コールセンターの仕事をはじめたいと考えている方が多いようです。

 

 

 

デメリットに関して

 

 

しかし、実際にテレワークでコールセンターオペレーターを始めるとなると、相手の顔が見えないのでコミュニケーション不足になる可能性や、パソコンを所持していない場合の購入費や、通信費などが多くかかってしまうといったデメリットを感じてしまう方は多いようです。

 

 

 

実際に在宅コールセンターの求人を出しているのは、大手のコールセンターを統括している企業なので、仕事を始めるにあたっての研修体制もきちんと整っているので、仕事が未経験という方でも安心して働き始めることが出来ます。

 

 

テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは

 

 

また仕事に必要とされるインカムやパソコンなどのモバイル機器は、全て貸出を行っているので初期投資を自分で行う必要が全くありません

 

 

そのため仕事場を選ばず、ネット環境があり机がある場所であればすぐに仕事を始めることが可能になります。

 

 

通信費用も基本は企業側で負担をしてくれるメリットがありますが、インターネット回線の費用に関しては自分で負担をするデメリットがあるため、自宅にネット環境がない場合は安定したネット回線の元で仕事を始める必要があるので、毎月のネット通信費は自分で負担をする必要がでてくるため注意が必要です。

 

 

 

教育システムがしっかりしている会社を選ぼう

 

 

実際に仕事を行ってみると、研修時に受けた実習だけでは対応しきれない場面も多く出てきます。

 

 

多くの人が一つのフロアに集まり仕事をする通常のコールセンターの形態とは異なり、在宅ワークのオペレーター業は、自分自身が会社と離れているためサポートが十分に受けられない可能性があります

 

 

オペレーターの仕事をしていると、定期的に受ける機会が多くなるのがお客様のクレーム処理です。

 

 

経験が豊富な人であれば、マニュアル通りにそって対処をすることが出来ますが、経験が浅い人では研修を受けた上でも適切に対処が出来ない恐れがあります。

 

 

通常一つのフロアで大人数のオペレーターが在籍している職場の場合、対処が難しいトラブルが起こった際には近くにいるスーパーバイザーに任せることによって変わりに対処を行ってくれるメリットがありました。

 

 

しかしテレワークの場合は在宅で1人で対処する必要があるため、仕事に支障が出てしまう危険があります。

 

 

テレワークシステムで行う在宅コールセンターのデメリットとは

 

 

そこで実際に仕事を始めようと思っている方は、在宅でも安心して働けるように、教育システムを確立しサポートを徹底しているコールセンターの求人を利用することが必要です。

 

 

大手のコールセンター企業は教育システムがきちんとしているので、未経験者のオペレーター技術や知識の習得を支援したり、情報共有システムを利用することで社内のメンバーと同じ情報を共有してコミュニケーションすることが出来る状態が作られています。

 

 

テレワークで自分の生活スタイルに合わせて仕事を行っていくとはいっても、やはり一つの会社から委託されている仕事を請け負っている立場なので、常に会社と連絡をとり情報を共有冴えることが出来るシステムが整っていることが必要不可欠とされています。

 

 

安心して働いていくためにも、サポート環境が整っているか事前にチェックしておくことも大切です。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事