契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

Home ノウハウ集 システム活用テクニック 契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

 

 

CTIシステムを導入することによりできること

 

 

CTIシステム活用する事で営業電話のかけ方が変わります

 

 

今までであればお客様の情報を社内で共有する方法がありませんでしたが、CTIシステム活用によりお客様の情報を共有する事が可能です。

 

 

この為、お客様に行うアプローチ方法を一辺倒ではなく、お客様によって変化させる事が可能になりました。

 

 

お客様と前回お話した履歴を残ることも出来るので、営業担当が変わって、営業電話をかける時にも前回の対応を踏まえた対応を行う事が出来る様になります。

 

 

契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

 

 

更に通話内容を録音する事が出来るので、聞き漏らしもなくなります。

 

 

今まではメモをとりながら電話をするのが当たり前でしたが、録音が出来るので、メモをとる必要もありません。

 

 

電話機を使って電話をかける必要も無く、CTIシステム活用によりパソコン上から電話の発信を行う事が可能なので、手作業で行っていた部分を省力する事が出来る為、時間の短縮にも繋がります。

 

 

着信時には電話番号と連動して、お客様の情報を表示させる事も可能なので、どの様なお客様からの入電なのか事前に把握する事が可能になります。

 

 

これによってお客様に対してスムーズな対応が出来る様になりますので、以前ではよくあった初めから聞きなおす様な詳細の聞き取りが不要になります。

 

 

お客様も自分の事を把握してくれている事がわかると気分も良くなりますので、長期の継続利用を見込む事が出来ます。

 

 

 

アプローチ方法を考えよう

 

 

次に営業の電話のかけ方で成約を取る為には成約に結び付く内容を考えなければなりません。

 

 

その為にまず行うのは商品のアプローチ方法を考える事です。

 

 

どんなに良い商品でも魅力が伝わらなければ、購入していただく事はできません。

 

 

また商品のどの部分を魅力的に感じて頂けるかは、お客様によって異なります。

 

 

その為に色々なアプローチ方法を考えて、お客様に提案することで、お客様の心掴む事が出来る様になり、成約をする事が出来る様になるはずです。

 

 

商品の魅力が伝わると一度だけの購入ではなく、今後の更なる追加購入も期待する事が出来ます。

 

 

商品を気に入って長期継続で購入して頂く事が出来れば、お友達の紹介をしてもらう事もできる可能性が出てくるので、更に成約率の向上が期待できます。

 

 

契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

 

 

お客様の年齢層も幅広いので、年齢層に合わせたアプローチ方法を考えるのも一つの手段です。

 

 

若い年齢層の方は流行に敏感なので、流行を先取りしたアプローチ方法を行う事で興味を持ってくれる可能性もあります。

 

 

年齢層が高くなると流行ではなく、他の人も使用をしている等の実績の提案を行うと安心感を出す事も出来ます。

 

 

この様に年齢層によって商品のアプローチ方法を変えると同じ商品でも見え方が変わってくるので、購入意欲を刺激する事が可能です。

 

 

 

ビジネス用語を使用しよう

 

 

次に営業電話のかけ方で気をつける点がビジネス用語の使用です。

 

 

お客様とお話をする時に失礼があってはいけません。

 

 

いくら商品を魅力的に伝える事が出来ても話し言葉がしっかりしていないと不信感をもたれてしまい、購入に繋がらなくなります。

 

 

ビジネス用語をしっかり使用する事で、お客様にも安心感を持って商品を購入して頂く事が出来ます。

 

 

普段から使い慣れていないとすぐに言葉は崩れてしまうので、社内研修でビジネス用語の研修はしっかり行うと良いでしょう。

 

 

敬語を使える位のレベルでは、お客様によっては共感や安心感を得る事が出来ませんので、きちんとしたビジネスマナーを身に付けて、営業電話を行う事が大切です。

 

 

契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

 

 

また営業電話のかけ方で大切なのが、お客様にとって都合の良い時間の確認を行う事です。

 

 

いくら良い内容を伝えようとしても時間が無くては伝えきれませんし、時間が無いと自分自身も焦ってしまい、早口になるので、クロージングも上手く行う事が出来なくなります。

 

 

お客様に電話をした時は今お話をしても良いのか都合が悪くないのか確認する事が必要です。

 

 

都合が悪い場合はいつも何時頃なら落ち着いて話が出来るのか確認し、再度連絡をする事でお客様の都合に合わせた対応が可能になります。

 

 

営業なので、商品を売りたい契約を取りたいという気持ちはわかりますが、お客様の都合が悪い時に無理やり話を進めても成約に結び付く可能性は低いので、無理強いをしない様にして下さい

 

 

場合によっては悪い噂が流れてしまうので、会社の評価としてもマイナスになってしまいかねません。

 

 

 

成約後も注意すること

 

 

最後に営業電話のかけ方で成約後の電話の置き方も大切です。

 

 

商品が売れて嬉しい気持ちはわかりますが、こちらから一方的に電話を切ってしまうとお客様としても気分が良いものではありません。

 

 

商品を継続して購入したいと言う気持ちも薄れてしまいます。

 

 

契約が取れる営業電話のかけ方にはCTIシステム活用する

 

 

成約を頂いたからこそ丁寧にお礼を伝えて、こちらから電話を置くのではなく、お客様が電話を切った後に電話をおくようにして下さい。

 

 

これでお客様に対して良い印象を与える事が出来るので、今後の取引に関しても期待が持てるようになります。

 

 

お客様はマナーを気にされる方も多いので、マナーを守った営業を行うようにして下さい。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: