Home ノウハウ集 選び方・ポイント オートコールシステムとテレアポ営業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト
オートコールシステムとテレアポ營業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

オートコールシステムとテレアポ営業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

それぞれのメリットデメリット

オートコールシステムは、テレアポ営業を効率化することができる仕組みです。

コンピューターが自動的に電話をかけて、電話を受けた人が自動音声に従って回答を選択していきます。

テレアポ営業では人件費もかかりますし、興味がないことに対して電話を受けた人は抵抗を感じてしまいます。

その点、オートコールシステムは自動的にそれを行うのでテレアポ営業の人件費を削減できますし受けた人は興味がなければ気兼ねなく断ることが可能です。

オートコールシステムとテレアポ營業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

営業代行でテレアポをしてもらうことも一つの手段としては考えられます。

オートコールシステムとは違って、実際に人が対応することで得られるメリットもあります。

相手が直接発言したことを聞くことができるので、それに対してすぐに臨機応変に返答できることなどが挙げられます。

営業代行なら人件費も節約することができますし専門に教育された人材が対応するのでその効果もはっきりとするでしょう。

この両者を比較すると、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりますので、導入を検討するならそれを踏まえて考えていくべきでしょう。

まず、『オートコールシステム』の場合は効率的で、一日に大量の発信ができるというメリットがあります。

その代わり、あまり知られていない手段なのですぐに切られてしまう恐れがあるなどのデメリットがあります。

対象エリアに手当たり次第にあって見込み客に宣伝広告するというのには向いていますが、直接のやり取りによって客に最適な提案をする、ということはできません。

営業代行の場合は、人が対応することになるため発信できる回数に限りがあります。

もし、たくさんの営業をしなければならないなら、ある程度大規模なコールセンターを利用することになりますからコストもかかってしまいます

その点、人が対応するので相手の反応を見て適切な提案をすることができるため、興味を持ってくれた人に対してその場でアピールをしっかりとすることが可能です。

 

比較する際のポイント

オートコールシステムテレアポ営業代行も、提供している業者は沢山ありますので、どれを選ぶのかも比べて決める必要があります。まずは予算を考える必要があるでしょう。

定期的に支出されるものになるため、それを負担するだけの余裕がなければなりません。

オートコールシステムとテレアポ營業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

そして、サービスの質ももちろん重要となります。

例えば、オートコールシステムなら、発信する地域の分析などもしっかり行わないと、単に数だけこなすだけでそれが成果に結びつかなくなってしまうため、費用が無駄になってしまいます。

テレアポ営業なら、マニュアル対応は基本としていても、相手の反応に対して柔軟な応答をすることができなければ同様に成果に結びつかないでしょう。

したがって、それぞれの業者のサービス内容を具体的に見た上で選ぶ必要があります。

業者のサービスについて知りたい場合にまず見ると良いのが公式ホームページです。

比較サイトなどでも情報が書かれていることがありますが、直接業者が発信しているものではないので間違っている可能性があります

また、それらは特定の業者をおすすめする目的で作られていることもあって、公平に分析していないこともあるのであまり利用がおすすめできません。

その点、公式の情報なら一次情報なので間違いがないですし、宣伝のために細かいことまで書かれていることが多く、サービスを決める時に役立ちます。

疑問点があってもほとんどが問い合わせをすることができるので、連絡をすれば問題は解決可能です。

 

ネットの情報は鵜呑みにすると危険

気になるサービスがあった時は、直接連絡をして見積もりの相談をしてみましょう。

これらの料金は定額でやっていることもありますが、どのような契約にするかで具体的な料金が変わることも少なくありません。

そこで、コストを考えることも重要なので、まずは見積もりを他をしてもらうことがおすすめです。

見積もりは無料ですし、悪質でないところは強引な契約締結を求めてくることはありません。

仮にこちらの反応を無視して強引な営業をしてきた場合は良くない業者として利用をやめれば良いだけです。

オートコールシステムとテレアポ營業の営業代行の比較をして選ぶのがベスト

クチコミ情報は参考程度にしておくのがベストです。

確かに利用した人の声は利用したことがない人がサービス選択をするにあたって情報として活用できますが、ネットの情報は匿名性が高いのでどこまでが本当かわかりません

また、良いと感じるポイントは目的によっても変わってくるので、ある人にとって良い業者が他の人には良くないことも十分にあります。

そうしたことを考えると、参考にするのは悪くはないですが、それを鵜呑みにして決めるのだけはやめた方が無難です。
契約をするにあたっては条件はしっかり見ておくことも忘れてはいけません。

例えば、解約に高額な費用がかかる条件になっていたとして、それを知らずに解約して後でトラブルになってしまうことも否定できません。

事前に確認しておけばトラブルは避けられますし、契約を結ぶかどうかをしっかり検討できます。

Share: