CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です


CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です

 

 

新規開拓営業をする場合

 

 

CTIシステムの活用事例として、新規開拓営業に利用しているという企業が多くあります。

 

 

CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です
通常新規開拓営業をする場合には、多くの見込み客を作る必要があり、一人一人のオペレーターが記録を取っていくのには限界があります。

 

 

ベテランのオペレーターでもノートやメモ帳を使って見込み客の管理を行うのは大変な作業になるので、時間の効率も悪くなり、契約やアポイントにも結びつきません

 

 

 

活用事例

 

 

コールセンターの質がUP

 

 

そこでCTIシステムを活用すると新規開拓を行うのに必要なデータを打ち込みしてパソコンの履歴としてシステム上に入力する事が可能になり、効率も飛躍的に上がります。

 

 

CTIシステムは誰でもデータを見ることが出来るので、顧客データを管理する管理側にとっても扱いやすく、情報収集にも役立ちます

 

 

この様に活用されている活用事例が増えており、CTIシステムを導入する事で、コールセンター全体の質を向上する事が可能です。

 

 

CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です

 

 

更に新規開拓で苦痛に感じる部分が電話をかける時の電話かけ方になりますが、自動発信してくれるので、煩わしさを感じることが無くなり、ストレスを軽減することが出来ます

 

 

この為、電話営業をするのを苦痛に感じることが少なくなるので、オペレーターの退職率を下げる事が可能です。

 

 

電話営業などのコールセンターの業界は慣れるまで時間がかかってしまう事が多く、折角研修をしても直ぐに辞めてしまわれては、求人広告費用も多くかかってしまいます。

 

 

少しでも長く続ける事が出来るようにするにはCTIシステムを導入する事で、オペレーターの負担を減らすことが重要といえます。

 

 

 

顧客管理もわかりやすく

 

 

他にも活用事例として、新規開拓営業を行う際に地域別に管理をしたり再連絡予定のお客様をピックアップする為に使用されている企業もあります。

 

 

特に電話だけで全てが完結する商品を販売している企業は日本全国がエリアとなるので、地域別に管理をするのが大変です。

 

 

電話かけ方にしても市外局番を全ておぼえておかないと電話を掛けることもできません。

 

 

またお客様の人数が多くなるとオペレーターの記憶力だけでは、お客様に再度連絡をするのを忘れてしまう可能性も出てきます。

 

 

CTIシステムを導入する事で、地域別にお客様の管理を行う事が出来るので、同姓同名のお客様が居てもきちんと区別をする事が可能になります。

 

 

特にお客様の多い地域はデータ管理が大変になりますが、全てシステム上に収める事が出来るので、迷うような事も無くなり便利です。

 

 

CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です

 

 

電話かけ方に関しても手動で電話機の操作をする必要がなくなるため、市外局番を覚える必要もなく、電話の掛け間違いも防いでくれます。

 

 

また連絡に関しても時間がくればパソコン上に連絡をする必要がある事をシステムを通して伝える事が出来るので、連絡を忘れない無いように防ぐことも可能です。

 

 

再度の連絡を忘れてしまうとクレームが起きたり、折角の見込み客を逃してしまう事にもなるので、企業としては大きな損失にも繋がります。

 

 

それらの損失を起こさない為にもシステムの導入をする企業が増えてきており、色々な活用事例があります。

 

 

 

オペレーターのストレスの軽減

 

 

特にアウトバウンドによる新規開拓は100人に電話をしても1人聞いてくれるかどうかになり、大変シビアな業務内容になってしまいます。

 

 

お客様との会話も話を聞いてもらうために様々な趣向を凝らしたトークを考える必要があり、アポイントが取れない日が続いてしまうとモチベーションも下がってしまいます。

 

 

CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です

 

 

アルバイトや正社員にもよって異なりますが、責任感が大きい仕事にはかわりはないので、プレッシャーを強く感じてしまう事も多いのが事実です。

 

 

電話以外の部分でオペレーターのストレスや負担を減らすことが、営業を上手く行うことのできる方法になりますので、システムの導入を行い、社内で管理ができる事により、成績の把握からオペレーター1人1人のデータ管理まで全て行う事ができます。

 

 

 

部下の評価がつけやすくなる

 

 

オペレーターの管理が出来るようになると正当な評価をつける事が出来るので、給料の査定にも役立ちますし、オペレーターの資質を見抜くことも可能です。

 

 

なかなかアポイントが取れないオペレーターに対しても適切な指導が行えるので、オペレーターの質を簡単に向上させる事ができます。

 

 

特に新人のオペレーターに関してはリアルタイムに会話を聞けるシステムを利用して、都度アドバイスを行ったり、録音機能を利用して、契約やアポイントが取れなかった原因の追及を行う事が可能です。

 

 

CTIシステムの活用事例は新規開拓による営業電話かけ方です

 

 

この指導方法ならオペレーターも理不尽に感じる事がないので、素直に言う事を聞いてくれますし、反感を買う事も無くなります

 

 

事実を元に検証する事で、自然に成績を上げることもできるようになるので、安心です。

 

 

更にクレームが発生した場合でも録音機能があるので、水掛け論になる事も少なく、オペレーターによる不手際があったのか、お客様側による勘違いなのかも直ぐに確認を行うことが出来ます

 

 

録音機能は品質管理にも役立つので、大変便利です。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

関連記事