営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

Home ノウハウ集 選び方・ポイント 営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

営業代行を探すポイント

 

 

自社の製品を営業代行に頼む場合は様々な営業代行があるので、料金比較を行う事が大切です。

 

 

成果報酬の所もあれば、時間単位でお金が発生する様な所など、様座な営業代行があります。

 

 

また営業代行でCTIシステム活用をしている所は人件費の削減も出来ているので、比較的安価で頼む事ができる可能性が高くなります。

 

 

他にもCTIシステム活用する事で、自社製品を購入して頂いているお客様の情報管理を簡単に行う事ができるので、安心して任せる事が可能です。

 

 

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

料金比較で安い所を探すのも大切ですが、それと同じ位にクオリティの高い所を探すのも大切です。

 

 

クオリティの低い所だと電話の対応ミスでお客様に迷惑が掛かってしまう可能性も出てきますし、実際にアポイントが取れても成約に繋がらないアポイントばかりという事も考えられます。

 

 

クオリティが高い営業代行を選ぶと受注率も高くなりますし、自社の評判も良くなります。

 

 

電話営業なので、商品の売り込みは大切ですが、強引に販売されてしまうと自社のイメージがマイナスになってしまいますので、評判が良くクオリティが高い所を探す様にして下さい

 

 

 

料金体系を確認しよう

 

 

次に料金比較をする際に料金体系を確認する必要があります。

 

 

 

成果報酬型

 

 

成果報酬型の場合は必要経費などは支払いは一切不要ですが、1件あたりのアポイントメントや契約が取れた場合の金額を多く支払いする必要があります。

 

 

その為、商品が売れて売り上げを上げる事が出来ても思っていたより利益が出ないと言う結果になってしまいます。

 

 

高額商品を取り扱っている場合には余計に感じてしまいます。

 

 

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

この為、成果報酬型を選ぶ場合は出来るだけ料金の交渉を行う事が大切です。

 

 

例えば1件あたりの金額を下げる代わりに大量に商品が売れた場合は上乗せして支払いを行うなど交渉を行う事により、支払いする費用を抑える事が可能です。

 

 

多くの商品を売り上げる事が出来れば、多少は薄利多売になっても多くの利益を上げる事ができるので、会社としても潤うことが出来るはずです。

 

 

 

固定報酬型

 

 

次の料金体系は固定報酬型です。

 

 

固定報酬型はその名の通り、売り上げに関係なく毎月一定の金額を支払いする必要があります。

 

 

金額が固定の為、予想以上に支払いをすることはありませんが、商品があまり売れなくても支払いする金額は変わりませんので、売り上げが悪いとマイナスになってしまう可能性もあります。

 

 

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

その為、固定報酬型を選ぶ場合は固定費用が出来るだけ少ない所を選ぶようにして下さい。

 

 

もしくは契約時に短い期間で契約を行い、業績を見ながら契約期間を決めるとマイナスになってしまった場合に違う会社にすぐ変更できるので、大きなダメージを受ける事もありません。

 

 

 

成果報酬型と固定報酬型のかけ合わせたもの

 

 

最後の料金体系は固定報酬型と成果報酬型の掛け合わせた物です。

 

 

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

毎月費用が発生して、更に商品の売り上げによって費用を支払う必要があるので、料金比較をする中では高額になる印象を受けますが、固定費用を安く設定している所も多く、売り上げが上がってもそこまで利益を要求される事もありませんのでバランスが良い契約であるともいえます。

 

 

 

料金比較を行う際の注意点

 

 

料金比較を行う際は自社の商品に合った支払い方法を選ぶ事が大切です。

 

 

また支払日の相談に乗ってくれる所を選ぶことで、自社のキャッシュフローも良くなるので、利用しやすくもなります。

 

 

一概に料金のみを見るのではなく、中身のサービスや交渉がどこまでできるのかも確認するようにして下さい。

 

 

営業代行も自分の会社の利益が出るように運営されていますので、できるだけ契約はしたいと考えているはずです。

 

 

譲歩できる部分とできない部分はあるはずですが、上手く交渉する事で自社に有利な契約をする事が出来ます。

 

 

また他社の料金比較を出す事で、値引き交渉の材料にする事も可能です。

 

 

契約時に1社だけを検討するのではなく、複数から見積もりを取るようにして下さい

 

 

複数の見積もりを見るとわかりますが、サービスが良くて高額な所サービスはあまりよくないが低額な所があるはずです。

 

 

営業代行を選ぶ場合はCTIシステム活用している所を選んで料金比較をする事です

 

 

低額すぎる所を交渉材料にすると交渉が難しくなりますが、自分が契約したい会社より少し安い代行会社の料金を駆け引きに使う事で、値引き契約してくれる可能性があります。

 

 

元々料金が安すぎる所はインフラ設備が整っていない所も多く、CTIシステム活用も出来ていないので、契約する際は注意が必要です。

 

 

もしCTIシステム活用している所で、新しく出来たばかりの代行会社の為、料金を安くしているのであれば、契約しても期待を持つ事が出来ます。

 

 

それほどCTIシステム活用しているかしていないかは大切です

 

 

インフラが整っている所を選ぶほど、人材も豊富に雇い入れているので、売り上げがあがる可能性が高くなります。

 

 

インフラが整っていない場合はインフラを調える資金もない代行会社であると考えるべきです。

 

 

資金が無い代行会社は普通に考えると売り上げを上げる事が出来ない会社だとわかるので、契約時には避ける様にするのが無難です。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

 

 

 

Share: