CTIシステムの活用事例としてテレアポでの営業リストの集め方を紹介します


業務の作業効率化と正確性を維持し

 

CTIシステムを使い間違いの無い営業リストの収集をしましょう

 

CTIシステムを導入していくにも、実際にどのような活用をしていくかイメージが掴めない企業も多いはずです。

 

実際の活用事例を把握していけば、現実的にどのように導入していくかイメージを掴んでいくことができ、導入を前向きに検討していくことが出来るようになります。

 

営業の現場におけるテレアポでの見込み客の掘り起こしは、売上計画を左右していくものでもあります。

 

自社の商材やサービスの見込み客を掘り起こし、成約に結びつけていける顧客のリストを取得していくことが重要でしょう。

 

営業リストを作成していくにも、手入力での集め方では効率も悪くなっていきます。

 

CTIシステムを活用していけば、スムーズなテレアポを進めていくことが可能となり、間違いの無い営業リストの収集が出来るようになっていきます。

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持し

 

 

顧客リストの収集は勿論のこと、実際に顧客との会話を録音していくこともでき、通話後に落ち着いて対応を確認していくことも出来るでしょう。

 

システムの導入にあたっては、クラウドを活用していくことで、手軽なコストでの導入を行なっていくことができ、予算的に乏しい企業であっても問題ない導入を実現出来るようになっています。

 

コールセンターの業務においてテレアポを進めるには、人が変わっても同様な対応が出来るようになっていることが大切です。

 

CTIシステムを導入しておけば、繁忙期等で人が入れ替わっていっても変わらぬ品質で作業が行えるようにもなっていきます。

 

 

 

 

スーパーバイザー等の管理職の役割は重要

 

テレアポで収集していった顧客リストと対応内容を元に、見込み客の営業リストを作成していけば、成約の確度が高い売上リストを作成してくことが可能です。

 

営業効率の高い売上リストを作成していくことで、売上計画を実現していくことが可能となり、企業の事業計画を実現出来るようになっていきます。

 

CTIシステムの導入には操作の研修に時間が掛かるとイメージする方もいますが、多くのシステムではブラウザでの操作形式になっているものが殆どになっていますので、特別な研修を施すことも無く、直感的な操作によりテレアポを実施していけますので、導入にあたって不安に思うところも無いでしょう。

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持し

 

 

テレマーケティングにおいてはスーパーバイザー等の管理職の役割も重要になっていきます。

 

多くの担当者を抱えるコールセンターでは、システム化されていないアナログ的な管理では、柔軟な管理を進めていくことが出来るものでも無くなっていきます。

 

早期にCTIシステムを導入していくことで、管理職が把握していなくても、お客様との通話記録を保存していくことが可能となり、通話後に顧客対応の確認改善ポイントの把握を行なっていけるようになります。

 

人の出入りの激しいコールセンターの場合には、担当者の通話対応が均一ではありません。

 

新しく入った方も通話内容を把握するにも、システム化されていなくては、業務終了後の改善ポイントを把握していくのも難しいものがあります。

 

常に正確な対応を実施していき、間違いの無い営業リストを構築していくには、CTIシステムを導入することは必要不可欠になっていきます。

 

 

 

 

自動音声により管理者の負担を軽減

 

最近は自動音声認識システムも導入され、通話記録を後ほど確認出来るようにもなっています。

 

業務が激しいコールセンター等では、業務後に通話記録を聞きながら内容を入力していくのも大変です。

 

自動音声入力システムを採用していくことで、管理職の負担も少なくなり、業務効率が飛躍的に向上をしていくようになります。

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持し

 

 

案件によっては顧客対応ではなく、クレーム処理も多かったりもするでしょう。

 

また、お客様からのクレームをスタッフで随時対応していくのも辛いものがあるのも実情でしょう。

 

システムの自動応答を活用していけば、顧客からのクレームを自動的に対応をしていけるようになり、柔軟な苦情処理を実現出来るようになります。

 

電話のオペレータが変わっても変わらぬ品質での対応が出来るようになり、顧客満足度を向上させていくことが可能です。

 

 

 

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持しましょう

 

手頃な予算で確実に高品質な対応が出来るようになり、状況に応じた柔軟な管理を実践出来るようになるのがシステムを導入していくことの魅力です。

 

テレアポを実践していくのは長時間の作業になりがちで、集中力が落ちてもいきます。

 

長時間の通話で不明瞭になっている会話も通話記録を用いていくことで、通話後に正確な記録を行なっていくことが出来るようになります。

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持し

 

 

業務の作業効率化と正確性を維持していくために、早期にシステム導入を進めていくことが大切です。

 

導入の予算も時間も少なく、作業の進め方も変えずに導入を進めていくことが可能です。

 

オペレータの管理に悩む場合には、柔軟な対応の出来る管理システムを導入していき、管理業務の負荷軽減正確な通話を実現出来るように進めていきましょう。

 

営業リストの正確な管理に悩んでいる場合には、通話管理システムを用いた的確な業務を実践していくのが良いでしょう。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

 

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

 

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事