CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること


CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

会社の明るい未来のためには

 

 

コールセンターの将来は明るいと言われていますが、これはすべての会社にあてはまるものではなく、最新の技術を用いて新しい仕組みを作った会社にのみ当てはまることです。

 

 

CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

つまり、今までどおり普通に営業しているだけでは将来的に明るい未来を描くことは難しいでしょう。

 

 

この裏を返せば、十分な仕組みを作り研究することで明るい将来につなげることができるわけです。

 

 

 

どんなコールセンターが人気があるか

 

 

そもそもなぜ、コールセンターの未来が明るいかといえば市場規模拡大しているからです。

 

 

商品の販売の仕方やサービスの提供の仕方も様々ですが、コールセンターシステムを利用する会社が多いため需要が高まっています。

 

 

コールセンターに依頼する場合でも、企業の方は可能な限り効率的に契約をとってくれる会社を選ぶはずです。

 

 

しかも、経費ができるだけかからないような所を選ぶことで、安く契約を結ぶことができるでしょう。

 

 

CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

テレマーケティングを行う側としては、可能な限り安く提供するため効率的に仕事をこなせるような仕組みづくりがテーマになります。

 

 

この点に関しては、ブランド化をすることで高い料金で契約をすることも不可能ではありませんが、いまひとつブランド化する方法が難しいため、実際には費用が安いところが人気のあるところであり、また将来的に伸びるところと言えるわけです。

 

 

費用を安くするためには人件費を削る必要がありますが、これは単にスタッフの給料を削ればよいわけではありません

 

 

スタッフの給料を削ってしまえば、スタッフはやめていくか新たにスタッフを採用したとしても質の悪いスタッフばかりになってしまい非常に効率が悪くなります。

 

 

それだけでなく問題を起こす可能性も多くなり、まともに経営ができなくなるでしょう。

 

 

それよりは、雇っている人の数を減らして無駄のない仕事を行うことが要求されます。

 

 

 

顧客の時代の変化

 

 

その時のコツの一つが、CTIシステムを利用することです。

 

 

CTIシステムにもさまざまな種類がありますが、活用事例の一つとしてはアウトバウンドで利用することが考えられます。

 

 

営業系のアウトバウンドでは、可能な限り効率よくお客さんを獲得することが重要ですが、そのためには無駄に電話をしないことが必要になります。

 

 

CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

電話をしただけで比較的容易に契約を取得することができた時代であれば、数多く電話をかけることが重要でしたが、最近はインターネットが普及していることから昔のように簡単に契約をとることができなくなってしまいました。

 

 

インターネットがあることにより、顧客は一方的に受け身の存在ではなく自分の方から情報を調べて契約をすることになります。

 

 

つまり、ダイレクトで契約が決まる可能性は限りなく低くなっており、まずは顧客の方で情報を集めて問題ないと判断した場合に初めてクロージングをすることになります。

 

 

 

契約をとるコツ

 

 

このような時代において、数を打てば当たるといった考え方はすでに化石のような考え方になっており妥当ではありません。

 

 

現代においてテレマーケティングで必要になるのは、無駄な電話をしないことに尽きます。

 

 

そのためには、一度断って来たお客さんに対して2度と電話をかけないことです。

 

 

基本的に一度断るお客さんは2度目に電話した時も同じ結果が出るでしょう。

 

 

わざわざそのようなお客さんを選んで電話をするのではなくCTIシステムを利用してお客さんの情報を管理し、可能性があるお客さんにだけ電話をするような仕組みにする必要があります。

 

 

このように効率化をすることができれば、それほど人件費をかけなくても少ない人数で結果を出すことが可能になります。

 

 

CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

契約を取れた場合には、どのような条件で契約が取れたかをリスト化することでより顧客のターゲットが狭まってくるでしょう。

 

 

テレマーケティングといえば、やみくもに多くの会社や個人の家に電話をして契約をとるイメージがありますが、実際には契約する確率の高いお客さんを見極めて電話をすることが大事になります。

 

 

契約が取れたお客さんの特徴をいくつか抽出してみると、性別時間帯そしてどのような切り口で話しをしたかなどが明確化してきます。

 

 

例えば、売り込みを一切せず顧客の悩みを解決する視点で話しをした場合に成約が高くなるとすれば、その方法をリピートすることで、無駄なく電話をすることができるでしょう。

 

 

 

どのくらいのお金がかかるのか

 

 

実際にCTIシステムを利用する場合どれぐらいお金がかかるか気になるところですが、費用に関してはパッケージ型を利用することで初期費用は高くなるもののそれ以降は安く仕上げることが可能です。

 

 

コールセンターの規模にもよりますが、初期費用だけで100万円か300万円ぐらいかければそれなりの質のものを導入することが可能になります。

 

 

一方でクラウド型の場合は初期費用は10万円程度と安いですが、毎月の管理費が5千円から5万円ほどかかります。

 

 

CTIシステムの活用事例で成功するコツはアウトバウンドのテレマーケティングに導入すること

 

 

管理費どのようなプランを導入したかによっても異なりますので、まずは試行錯誤して必要なプランとそうでないプランを明確化することが重要です。

 

 

当然後からプランを変更したり付け加えることもできますので、心配は要りません。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事