随所で使われるCTIシステムの機能


 

 

貴重性が高い案内も膨大に管理可能なCTIシステム

コンピューターと電話を統合させるシステムを英語表記にした際の頭文字を取ったものがCTIシステムであり、電話が来た際に呼び出し音と共にかけてきた相手の情報をパソコンに対して表示する機能です。

 

 

単純明快に言い表すのなら、ダイヤルされたコンピューターの画面上に顧客情報を表示させるといったものです。

 

 

随所で使われるCTIシステムの機能

 

 

現代では大勢の方が携帯電話をイメージしますが、氏名や電話番号に限定されているのに対してCTIシステムこれまでの応対の内容や販売した実績、商売を進めていく上で重要視せざるを得ない貴重性が高い案内も膨大に管理可能です。

 

 

 

 

CTIシステムの誕生秘話

初めて利用されたのは1997年の事であり、当時は発信者の電話番号を表示するといったもので横浜と名古屋そして福岡で試験的に実施され、その後、全国的に普及していきました。

 

 

今日では別の名前で親しまれている上に、スマートフォンなどでは当然のように使える機能であるので、若年層であるほど物珍しさが無いですが1997年の段階では電話機の本体に液晶が搭載されているだけでも先進的でしたし、尚且つ番号が出るというのは非常に画期的でした。

 

 

随所で使われるCTIシステムの機能

 

 

家庭向けに導入が開始された頃、まだパソコンが情報を映し出してくれる様子にはなっておらず、研究と開発が繰り返し行われていたのですが翌年にはタクシーの事務所で配車を受け付ける際にCTIシステムが使われていた記録があります。

 

 

その後、一気に普及するきっかけになったのは電話の回線自体がアナログからデジタルに取って代わられ、情報端末との兼ね合いが良好になりあらゆる分野にて連動するようになったためです。

 

 

 

 

効率性を高めるにはCTIシステムの機能性が重要

今ではすっかり心当たりがない者からかかってきた事が判明すると出ないといった行為が当たり前となり、それらによってトラブルを未然に防ぐことができるようになったのですが、全てはCTIシステムにおける恩恵が関与しています。

 

 

個人では問題に巻き込まれないといった自己防衛の要として役に立ってくれるのですが、ビジネス面では大変規模が大きなコールセンターにて機能が大活躍しています。

 

 

随所で使われるCTIシステムの機能

 

 

広大なフロアにデバイスを並べて人々がヘッドセットを装着してあらゆる案内やクレーム処理をしているのですが、一人の人物に対して負荷がかかりすぎないように均等に分配するようにしていたり、一斉に呼び出しが行われるようになっています。

 

 

言わずもながなCTIシステムによって実現されており、効率性を高めて円滑に業務するためには必要不可欠な機能です。

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事