通話課金とCTIシステムの関係性とは?


通話課金とCTIシステムの関係性とは?

 

 

顧客データベースと連動するCTIシステム

日本では、CTIシステムが注目を集めています。

 

特にコールセンターに特化したCTIシステムが話題となっています。

 

CTIシステムとは、電話をコンピューターシステムの一部として統合しているシステムです。

 

 

通話課金とCTIシステムの関係性とは?

 

 

 

大手企業では、自社でコールセンターを持っている企業も多く、CTIシステムを導入しているケースも少なくありません。

 

CTIシステムは、電話の発着信と通話を、コンピューターで行うことができます。

 

顧客のデータベースなどと連動して、オペレーターが使う画面上に通話相手の情報を表示することができ、顧客と会話をしながら新しい情報を入力することもできます。

 

多くの電話回線とコンピューターをまとめて、オペレーターに均等に割り振ることができるため、効率化が進み人件費の節約にもなります。

 

 

 

 

CTIシステムの“クラウド型”と“パッケージ型”

最近では、クラウド型が脚光を浴びています。

 

CTIシステム導入費用は、クラウド型パッケージ型とでは、大きく違います。

 

パッケージ型の場合、初期費用に加えて年間の保守費用がかかります。

 

一方、クラウド型の場合は、初期費用に加えて月額費用がかかります。

 

 

通話課金とCTIシステムの関係性とは?

 

 

ただ、業者によっては、保守費用や初期費用がかからないケースもあります。

 

初期費用は、クラウド型の方が安いです。

 

ただ、条件によってはパッケージ型よりも割高になることがあります。

 

ですから、初期費用だけでなく、トータルにコストを比べて、最も会社に合うタイプを導入することが大切です。

 

 

 

 

パッケージ型

パッケージ型だと、社内にすでにある設備との連携が簡単です。

 

また、独自のCTIシステムを作りこむことも可能です。

 

ただ、初期費用は高めで、運用や保守のコストもかかります。

 

 

 

クラウド型

クラウド型の場合、専用サーバーが必要ないので、初期の費用が安くなります。

 

短時間で導入できる便利さはあるものの、利用している期間は月額費用がかかります。
クラウド型は、ネット環境さえあれば、中小企業や個人事業主でもコールセンターの開設が可能です。

 

 

 

 

通話課金の削減方法とは?

営業系のコールセンターの場合、通話が長くなることが少ないです。

 

だいたい、短時間で終わる通話が多いのです。

 

通常の通信キャリアの通話課金体系は、30秒でも3分でも電話料金が同じです。

 

しかし、新しいケースだと、1秒単位で電話料金を計算することが可能なのです。

 

そのため、短い時間で会話が終わった場合、その料金を大幅に削減することができるのです。

 

 

通話課金とCTIシステムの関係性とは?

 

 

 

業種にもよりますが、短時間通話が多い会社の場合、かなりのコストダウンが図れます。

 

コールセンターでは、効率が重要です。

 

CTIシステムの導入によって、業務の効率化が進み、さらにコスト削減の面でもメリットがあります。

 

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事